『ほんとにあった怖い話〈19〉読者の恐怖体験談集』

ほんとにあった怖い話〈19〉読者の恐怖体験談集』朝日ソノラマ 1992 ハロウィン少女コミック館

 さすがにこのあたりまで読んでくると、目次の段階で当たりハズレの見当がつくようになってくる。カバーのソデには「ほんとに、ほんとに、ほんと〜に体験しちゃった恐怖の体験、不思議な体験をマンガ化するシリーズ。ゾクゾクパワー、ますますアップ。」なんて書いてあったけど、見たところまずまずかなーって感じで、実際にそうだった。
 この巻の特徴は建物や土地にまつわる怪異譚が目立つこと(「第一話、第三話、第五話」など)。また下のリストの通り長めの作品も多い。前巻に続いて学校の怪談系のネタは皆無である。この時期、姉妹シリーズの『ほんとにあった怖い話 作家編』がスタートしていることからも、マンネリ回避のための試行がなされていたのかもしれない。

 ソデにあったゾクゾクパワーを存分に感じられるのは、収録作の中では「第五話 悪霊住宅」が唯一だった。もうタイトルからして並々ならぬ気合が感じられるが、トビラ含めて24ページの中に比較的地味な「手の怪」、ラップ音から、布団の上に乗ってくる系の複数の幽霊、逆柱(?)っぽい怪異まで「うちで起きたら嫌なこと」が詰め込まれている。作画も上々で、ページのめくりの効果もしっかり計算されている。ささやななえこ(ささやななえ)の名作『空ほ石の…』を彷彿とさせる怖いシーンもある。もともと絵の上手い人らしいが、マジで読者をビビらせてやる!! って気合がひしひしと感じられた。

 その他に印象的だったのは「第一話 ゆうれい居酒屋」と「第八話 最後の買物」。「第一話」はタイトルの通り霊的な現象が頻発する居酒屋の話。怪異自体はごくスタンダードなものだが、投稿者が一人だけ徹底して何も感じないのが面白かった。「第八話」は信楽焼のでっかいタヌキを買いに幽霊が骨董市に来る話で、なんとなく幸田露伴っぽいネタ。絵柄は淡白でホラー漫画としてはどーかと思うが、ほっこり系の話によくはまっていた。ここに出てくる骨董市に多分行ったことがある。



『第一話 ゆうれい居酒屋』投稿者・大阪府 高松明美さん 画・七色虹子 ’92『ほんとにあった怖い話』5月号 掲載 ※職場の怪談

『第二話 会いたくて淋しくて』投稿者・東京都 山崎悦子さん 画・黒田祐乎 ’92『ほんとにあった怖い話』7月号 掲載 ※家族の心霊体験

『第三話 異界の客達』投稿者・栃木県 松本裕子さん 画・山口夏実 ’92『ほんとにあった怖い話』5月号 掲載 ※霊感少女・職場の怪談

『第四話 のびる腕』投稿者・宮崎県 匿名希望さん 画・渡辺杜都 ’92『ほんとにあった怖い話』7月号 掲載 ※霊感少女(主婦)

『第五話 悪霊住宅』投稿者・大阪府 匿名希望さん 画・浅野まいこ ’92『ほんとにあった怖い話』3月号 掲載 ※幽霊屋敷

『真夜中の泣き声 他』画・三浦尚子 ’92『ハロウィン』3月号 掲載
 「第六話 真夜中の泣き声」投稿者・北海道 須佐邦子さん ※水子
 「第七話 下校時の遭遇」投稿者・千葉県 匿名希望さん ※路上の怪

『最後の買物 他』画・天ヶ江ルチカ ’92『ほんとにあった怖い話』5月号、7月号、’92『ハロウィン』1月号 掲載
 「第八話 最後の買物」投稿者・東京都 柴田貴代さん ※骨董の怪談
 「第九話 午後の訪問者」投稿者・奈良県 中尾有香子さん ※ドッペルゲンガー
 「第十話 最後の別れ」投稿者・山形県 五十嵐理恵さん(P.N) ※家族の心霊体験



『ほんとにあった怖い話〈19〉読者の恐怖体験談集』
 朝日ソノラマ 1992 ハロウィン少女コミック館
 著者:七色虹子 他

 ISBN-13:978-4-2579-8233-3
 ISBN-10:4-2579-8233-0


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

『新 ゲノム』『宇宙警察☆ミーティアわんわん』の全プレについて

2017030201.jpg

 先日「古賀亮一『新 ゲノム〈7〉』について」(←前の記事へのリンクです)の記事で紹介した全プレが届いた。
 実はこの全プレに応募したことを華麗に忘れていたので、封筒の中身を見るまでコアマガジン?? なんだこりゃ?? って感じだったのだが、開けてびっくり。本のオビにはさらっと「リーフレットをプレゼント」って書いてあっただけなんだけど、『新 ゲノム』と『宇宙警察☆ミーティアわんわん』のクロスオーバーがB5サイズ全8ページという充実ぶり。覚えがないってことで、雑に扱わなくてよかった。

 内容は1コマ目から「パクマン」と「プロキオン」というアレな状況、しかも8ページで両作品のレギュラーが総出演するから、いつもに輪をかけてハチャメチャだった。なんとなく分かってはいたけれど、この著者の作品って混ぜても全く違和感がない。「ゲノム」「ミーティアわんわん」のクロスオーバーながら、「シノブ伝」「テンジカーズ」「ディディー」などの作品からのカメオ出演もある。あと「エルエル」のパンチラもある。忘れてただけに喜びもひとしお。


  古賀亮一『新 ゲノム〈7〉』コアマガジン 2016 メガストアコミック No.488

  古賀亮一『宇宙警察☆ミーティアわんわん〈2〉』KADOKAWA 2016 電撃コミックスEX


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

MODEL Art (モデルアート) 2017年 04月号 No.962

 MODEL Art (モデルアート) 2017年 04月号 No.962

 めでたい!!

 今月号の内容からは外れてしまうが、超久々に第一次大戦機の別冊の発売が決定したのだ。
 一応手元には前に出た2冊のWWⅠ機の臨時増刊号があって、古い方は1991年刊のNo.369『第1次大戦機の塗装とマーキング “大空の騎士(エース)たち”』、もう一冊は2002年刊のNo.613『第一次世界大戦 ドイツ航空隊エースの塗装とマーキング』。ほぼ300号に一冊の割合だ。もしかすると他にも出てたのかもしれないけど。前者は各国の1/28~1/72の作例を数多く収めた好著で、1/48の素晴らしいフルスクラッチ作品が掲載されている。後者はエデュアルドのキットを中心に、タイトル通りドイツ航空隊のエース機を紹介。特別記事として連合国軍の機体も複数収録している。どちらも眺めてるだけでも楽しいので今でも見返すことが多い。
 今月号で告知された別冊のタイトルは『複葉機モデリングガイド』。広告に「選抜“13機”製作テーマ別テクニックガイド」「アルバトロスD.Ⅴを1/32、1/48、1/72スケール相応のテクニックで作る」とあるので、これまでのキット紹介的な内容とは異なってテクニック中心の別冊になるようだ。発売予定日は1017年3月16日。ちょっと前の記事で第一次大戦機特集希望! って書いたとこだったので嬉しかった。あと久々のイタリア機特集なんてどうでしょう。

 さらにめでたいことは続く。今月号の「でものはつもの」で紹介されていたのだが、うちの家計を圧迫してやまないメビウスモデルからついに「プロテウス号」が発売された。映画『ミクロの決死圏』(1966)に登場する特殊潜航艇である。架空の潜水艦の中でもトップクラスのかっこよさなんだけど、このキットまたしてもでかい。1/32スケールで完成サイズは40cm超え。きっとまた同社のシービュー号みたいに、電子レンジの箱みたいなのに入っているに違いない。このアイテムが新キットで出ること自体喜ばしいことなのだが、せめて1/48なら大きめの1/24カーモデルくらいのサイズになったのになー。

 というわけで今月号の特集は「飛燕」。店頭では雑誌のタイトルより「飛燕」の文字が目立っててかっこよかった。そのせいか売れ行きも好調のようだ(近所の本屋調べ)。
 特集記事の作例は下のリストの通り、タミヤの1/48とアオシマの1/72キットのみ。あと「P-51D」×1。旧キットや外国製のキットも交えての大特集! じゃないのが寂しいけど、今回は各務原の復元機に最新のキットを絡めての特集だから仕方ないところ。そのあたりは別冊の『飛行機模型スペシャル』でやったところだし、「製作&ディティールアップのツボ」という記事で一応フォローもされている。作例以外の記事は復元作業に携わった方々へのインタビューで構成されているが、復元機自体の画像が少ないのは、今度増補改訂版「モデルアート プロフィール」の前振りって感じだからか。

 表紙のインパクトに比べると少々寂しい特集だったけど、最近MAの紙面は「このサイズの雑誌としていかに模型を見やすく美しく構成するか」という方針で編集されているようで、実に見やすい。



 - 作例リスト (掲載順) - 航空機 戦車 艦船 車/バイク ■その他

連載記事『MA版 これだけは作ろう 第1回(新連載) Ⅳ号駆逐戦車/70(V) ラング 1945年3月以降生産型を作る1(工作編)』
『Ⅳ号駆逐戦車/70(V) ラング』タミヤ 1/35改造

連載記事『地名を名に持つ船とその場所のエピソード 艦船諸国漫遊記 Vol.16』
『日本海軍 砲艦 須磨』アオシマ 1/700改造
『日本海軍 練習巡洋艦 香取』アオシマ 1/700
『イギリス海軍 砲艦 HMS モス』アオシマ 1/700改造

特集「飛燕 -新キットと復元機、設計者の横顔に迫る-」
『川崎 三式戦闘機 飛燕Ⅰ型丁』タミヤ 1/48 ※胴体左側を透明パーツで内部再現
『三式戦 飛燕Ⅱ型改 角形風防』アオシマ 1/72
『川崎 三式戦闘機 飛燕Ⅰ型丁』タミヤ 1/48
『川崎 三式戦闘機 飛燕Ⅰ型丁』タミヤ 1/48 ※小林大尉機(マダラ迷彩)
「製作&ディティールアップのツボ」※各社キットの作例を再掲
「Foreign Fighters with Liquid Cooled Engine」※第二次世界大戦時の液冷エンジン搭載機の作例を再掲
『ノースアメリカン P-51D マスタング戦闘機』モンモデル 1/48

連載記事『モデリングJASDF 254回 赤い星を付けた仮想敵機を作る1 トランペッター 1/72 スホーイ Su-24MR フェンサー E を作る (前編)』
『スホーイ Su-24MR フェンサー E』トランペッター 1/72

特別記事
「PANDEM ロードスター (ND)」アイドロン 1/43 ※完成品の紹介記事

連載記事『LED大作戦 VOL.17』
『陸上自衛隊 10式戦車』タミヤ 1/48改造

NEW KIT REVIEW
■『ザ・盆栽』プラッツ 1/12
『天空の城ラピュタ タイガーモス』ファインモールド ノンスケール
『BMW M3 E30 ’91ドイツ仕様』アオシマ(BEEMAX) 1/24
『ソビエト軍 SU-101 自走砲 ウラルマッシュ-1』トランペッター 1/35 ※ジオラマ作品
『イギリス海軍戦艦 HMS ロドネイ (29)』モンモデル 1/700
『スズキ ジムニー (JA11-5型)』ハセガワ 1/24
『スホーイ Su-33 フランカー D ロシア海軍戦闘機』ズベズダ 1/72

連載記事『日本機大図鑑 連載第143回』
「九六式一号艦上戦闘機」

連載記事『北澤志朗のネオヒストリックガレージ 連載第81回』
『スズキ・ジムニー・カスタム』フジミ 1/24

連載記事『FOLLOW YOUR HEART 第35回』
『霧の艦隊 総旗艦 超戦艦ヤマト 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』アオシマ 1/700

でもの はつもの うごくもの
■「i-TANK -GENERATIONS-」Happy Cow ノンスケール ※カメラ付きRCタンクの紹介記事

連載記事『ジオラマ大作戦 NO.10 海底で活動するしんかい6500を作る(1)』
『有人潜水調査船 しんかい 6500』バンダイ 1/48 ※ジオラマ作品



 次号の特集は「そうだったのか!! ブラック塗装 (仮題)」。以前ロータスの時に「黒」の塗料についてはやってたけど、どんな内容の特集になるのか。


 

日本陸軍 三式戦 飛燕 II型改 角型風防』青島文化教材社 1/72 真・大戦機シリーズ


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

いけ『ねこむすめ道草日記〈15〉』

 

 いけ『ねこむすめ道草日記〈15〉』徳間書店 2017 リュウコミックス

 今年も無事に『ねこむすめ道草日記』の新刊が出た。しかもまだわりと早い時期なので、めっちゃ上手く行けば年末にもう一冊読むことができるかもしれない。今回は第87話~第92話+おまけを収録。前巻には4話連続、計100ページの長編が収録されていて、続き物として過去最長だったのだが、この15巻ではそれを楽々と上回ってしまった。1巻丸々続き物である。人間側に新キャラが投入され、帯に「【ねこむすめ】史上最大のアクションが展開される!!!」とある通りの長いバトルもある。

 いつものコンビニに出現する化けガエル(ガマ子)。とにかく変化が下手くそなので、現地ではすっかり「蛙人間」として噂になってしまっている。それをどうにかしようとする妖怪と人間たち。「黒菜」たち妖怪が「化け学教室」にガマ子を入門させて猛特訓に励んでいた丁度その頃、コンビニの近くの川べりでは噂を聞きつけてやってきたJK式神使い「九条小夜子」と、蛙人間に間違われた「カッパ」との壮絶なバトルが始まろうとしていた。……というのが大まかなストーリー。

 正直1話目(第87話)を読んだ時点ではそれほどでもなかったのだが、後の方に行くほど尻上がりに面白くなった。通常のまったりドタバタしたノリも維持されているし、妖怪側と人間側がそれぞれしっかり描かれているのも良かった。後半は今回微妙なフラグを立てたカッパと新キャラによる高架下のバトルが中心となるが、カッパといえば、九州にはカッパのルーツを川に流された「人形」(式神みたいな感じ)とする説がある。それを踏まえた上での式神バトルだろうか。カッパが適度にふざけているので、バトルが殺伐としてなくてほどよかった。ナイスカッパ。
 この「ねこむすめ~」に関しては、長らく続き物には乗れないなーと感じていたんだけど、それも過去の話。そのイメージは前巻で大いに払拭され、この15巻はさらに楽しく読むことができた。あと「ちーちゃん」と一緒に出てきた見習い神使の「朱音」が可愛かった。



『ねこむすめ道草日記〈15〉』
 徳間書店 2017 リュウコミックス
 著者:いけ

 ISBN-13:978-4-1995-0553-9
 ISBN-10:4-1995-0553-9


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2017年 03月号 Vol.114

 

 SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2017年 03月号 Vol.114

 祖父は戦時中、ジャワ島で飛行機の整備をしていた。海軍だったことが関係あるのかどうかわからないが、陸軍の戦闘機のプラモを作って見せても全然気に入らないらしく、ふーんって感じだった(なぜかハセガワの1/72「隼」を見せたときのリアクションだけは微妙に良かった)。祖父にとって戦闘機といえば「零戦」一択、「あれは綺麗な飛行機だった」と言ってたのを何度か聞いた覚えがある。当然ごくたまーに買ってくれるプラモも零戦。見るからに作れそうにない1/32メタルパーツ入りとか、そんなのを買ってもらっていた。メタルパーツとかいらないから、せっかくの1/32なら「スピットファイア」が欲しかった。そんな祖父がジャワ島で整備してた飛行機は「九七式二号艦攻」(←固定脚)という結構レアな機体で、当時はプラモにもなってなかったのだが。

 小学生から見ても陸軍機が華やかに見えるのは、ひとえに今回の特集の機体「飛燕」によるところが大きいと思う。マーキングもハデハデありハゲハゲありとバラエティに富んでるし、何よりスマートな機首の形状が異彩を放っている。今見ると錚々たる空冷の旧軍機の中にあって、なんとなーく居心地悪そうに見えなくもないのだが、実にわかりやすくかっこいい。
 というわけで、タミヤ1/48、アオシマ1/72と、最近国産の新キットが続々と発売されている「飛燕」の特集号である。前号の感想でタミヤの1/48メインって書いたけど、1/32〜1/72の新旧キットをチョイスした感じのいい特集になっている。下のリストの通り作例数はごく少ないが、物足りなさは全く感じなかった。完成度の高い各作例をじっくり見せる構成になっている。なかでも『改造しちゃアカン リターンズ!』のレベル1/32の飛燕は、繊細な工作と凄みのあるハゲハゲ塗装ですごいインパクトだった。このレベルの飛燕、実物は中古ショップの棚でしか見たことなかったんだけど、すごい出来のキットだ。あといつもこの雑誌は途中写真が少なくて寂しい的なことをグズグズ書いているが、今回はタミヤのキットをネタに途中写真たっぷり。1/48スケールでⅠ型丁の4面図も収録されている。

 特集以外の記事では唐突に載ってたハセガワ1/32の疾風がすごかった。リベットラインの凹が徹底的に表現されていて、外板がめっちゃ薄く感じられる。まさに実機はこんな感じ! って感じの説得力だった。



 - 作例リスト (掲載順) -

特集「飛燕」
『川崎 キ61 三式戦闘機 飛燕 Ⅰ型丁』タミヤ 1/48

連載記事『Alternative modeling garage Vol.12 フィギュア編 その1』
『バイカー フィギュア』セミスクラッチビルド 1/32 ※モノクロ記事

連載記事『改造しちゃアカン リターンズ!』
『川崎 キ61 三式戦闘機 飛燕 Ⅰ型丁』レベル 1/32

連載記事『飛ぶ理由 連載第32回』
『大日本帝国前衛武装艦 アンドロメダ AAA-1』フルスクラッチビルド 1/1000 ※小林誠によるオリジナルメカ

連載記事『ちっちゃいことは、いいことだ!』
『He162A サラマンダー』ブレンガン 1/144 ※モノクロ記事

特集「飛燕」
『川崎 キ61 三式戦闘機 飛燕 Ⅰ型丙』ハセガワ 1/32
『川崎 キ61 三式戦闘機 飛燕 Ⅱ型改 涙滴風防』アオシマ 1/72
『川崎 キ61 三式戦闘機 飛燕 Ⅰ型丁』アオシマ 1/72

『中島 キ84 四式戦闘機 疾風』ハセガワ 1/32

連載記事『夢見る翼 NO.52』
『バニラエア エアバス A320』ハセガワ 1/200

『NOSE ART QUEEN Vol.54 Flight Attendant Special』坂本くるみ 佐野真彩 近藤みやび



 今回の中身とは関係無いけど、裏表紙のハセガワ1/72「二式大型飛行艇」が素晴らしくいい感じ。あとモデルカステンからギャル子ちゃんが出るらしい。次号の特集は「イラン空軍」。


日本陸軍 川崎 三式戦闘機 飛燕 Ⅰ型丁」タミヤ 1/48


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

菊地秀行『妖山鬼』

 菊地秀行『妖山鬼』徳間書店 1991 徳間文庫 き-3-4

 ホラームービーの偉い人、菊地秀行によるヒロイック伝奇ホラー。『山童子』と『剣鬼山』の二編が収録されている。ともに雑誌に発表された作品で、『山童子』は掲載時から大幅に加筆されているとのこと。
 新潟県の山奥の廃村に踏み入った強盗殺人犯の三人(男2女1)が、次々に山中の邪悪な霊の餌食になっていく。そんな山の邪気を払うために遣わされたのは、ぱっと見普通の「少年」だった。少年と魑魅魍魎との壮絶なバトルが始まる……というのが『山童子』。同様の「少年」が登場する『剣鬼山』では、自らの先祖にあたる孤高の刀鍛冶の足跡を求めて山中に分け入った青年が、山の魔に憑かれて暴走する。彼に取り憑いた邪霊は、刀鍛冶の打った妖刀に魔力につられて山に集まったらしい。彼を追って山に入った恋人の「安代」もまた強烈な霊の影響を受けるが、危うく難を逃れることができた。彼女を救ったのは超常の能力を持った一人の少年だった。

 どちらもグロと戦闘に全振りした思い切りのいい作品である。伝奇色は妖刀「餓竜剣」の出てくる『剣鬼山』の方が濃い。エロ描写にもかなりのページが割かれているが、やってることのエグさに反してエロさはほとんど感じられなかった。単に好みの問題って気もすごくするが、本作のようなキメキメの文体は、エロ描写との相性があまりよくないように思う。というか本作の場合は、濡れ場もバトルの一環って感じ。
 で、その戦闘シーンだけど、ノリノリのキレキレ。著者の作品の特徴を一つ挙げるなら、なんといってもそのスピード感だが、本作でも映像的で無性にかっこいい神速のバトルが何ページも続く。「少年」「坊ちゃん刈り」といったバトル中の呼称が煩雑で、読んでてごちゃごちゃしてくるところもあったけど、勢いに任せて一気に読んだ。「あとがき」によると人間以外のものを都会で活躍させるのはかなり大変で、『山童子』では舞台を山中に設定したことで、驚くほど楽に筆が進んだという。
 あとキャラクターについては、『剣鬼山』の「安代」がよかった。どっちの作品にも無理にキャラを立たせたような人物は出てこないが、安代はビビりながらもギリギリでど根性を発揮する蘭姉ちゃん(←コナンの)みたいなキャラクターで、少年との距離感が絶妙。ヒロインの見本のようなヒロインになっている。酷い描写が盛り沢山の作品だけど、なぜか読後感は良かった。

 本書の巻末には「あとがき」の後ろに「はじめにホラーがあった」で始まる「あとがきの逆襲 (我がSF・ホラー映画)」が収録されており、怪猫映画と吸血鬼映画について著者が熱く語っている。



『妖山鬼』
 徳間書店 1991 徳間文庫 き-3-4
 著者:菊地秀行
 解説:三橋暁

 収録作品
 『山童子』
 『剣鬼山』
 
 「あとがきの逆襲 (我がSF・ホラー映画)」

 ISBN-13:978-4-1958-9329-6
 ISBN-10:4-1958-9329-1


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)