Model Graphix (モデルグラフィックス) 2013年 04月号

0 Comments
serpent sea
 

 待望の「ガールズ&パンツァー 日本戦車道連盟認定オフィシャルガイドブック2」。前回もよかったけど、今月号の表紙もまた素晴らしい。ライバル校の隊長+ノンナで、もちろんアンチョビもしっかりいる。このイラストは折り込みのポスターにもなっていて、これだけでも買ってよかったって気分になる。

 その特集の内容を目次で追ってみると、



  • 「イントロダクション」
  • 『イギリス歩兵戦車 マチルダMk.Ⅲ/Ⅳ』タミヤ 1/35 ※聖グロリアーナ女学院に所属する車輌。
  • 「オリーブドラブ大作戦」※各社の塗料の比較。
  • 『シャーマンVCファイアフライ』タスカ 1/35 ※サンダース大学付属高校の車輌。
  • 『イタリア重戦車 P40』タミヤ・イタレリ 1/35 ※コミックでは大活躍してるアンツィオ高校の「P40」。かっこいい。
  • 『Ⅳ号戦車D型改/H型仕様』タミヤ 1/35 ※あんこうチームのⅣ号。タミヤ「ドイツⅣ号戦車H型 (初期型)」をストレートで組んだもの。
  • 『秋山優花里』フルスクラッチビルド ノンスケール
  • 「戦車のことをもっと知りたい貴方のためのブックガイド 2013」※「ガルパン」に登場する車輌の関連本の紹介。
  • 「ガルパンインフォメーション」※イベント、円盤などの情報。
  • 「模型で戦車道を楽しむなら「ガルパン仕様」の再現は必須ですか?」※「ガルパン」の考証/スーパーバイザーの鈴木貴昭へのインタビュー記事。読み応えあり。
  • 「Achtung GIRLS und PANZER!!! Ⅱ 模型じゃ内部が見えないからって、知らないままでは損をする」※アニメの設定画を交えつつ、各車輌のインテリアを解説。これもまた読み応えのある記事。
  • 「ガルパン世界の脇役 装輪車両アーカイブ+α 20XX」※「ガルパン」に登場する軍用車輌とそのキットの紹介。「フォッケ・アハゲリスFa223」は1/72の簡易インジェクションキットがフーマモデルからも出てた。
  • 『ソビエト重戦車 JS-2』タミヤ 1/35 ※プラウダ高校の車輌。
  • 『T-34/85』ドラゴン 1/35 ※プラウダ高校の車輌。
  • 『三式中戦車 [チヌ]』ファインモード 1/35 ※前回の特集に続き、アリクイさんチームの「三式中戦車」を、あひるさんチームの声優さん作ってもらうという企画。インタビューも載ってる。
  • 『ドイツ駆逐戦車 ヘッツァー』タミヤ 1/35 ※カメさんチームの「ヘッツァー」をRC化。
  • 『ティーガーⅠ 初期生産型』サイバーホビー 1/35 ※黒森峰学園の西住まほが駆る車輌。


 今回はライバル校の戦車が中心で、作例の数も増えている。インタビュー、インテリアの解説も読み応えがあって、前回にも増して充実している。全体の印象としてはアニメ雑誌寄りの雰囲気。アニメ雑誌では戦車の扱いに困りそうだから、模型雑誌が得意分野を生かしてその役割を担ってるって感じ。この分だと第三弾は確実、別冊化もあるかもしれない。
 作例は全体にあっさりとした仕上げ。模型雑誌ならではの、あっさりじゃない作例も見てみたかったけれど、通常のスケールモデルのようにどんどんリアルにする方向で仕上げると、アニメのイメージからは離れてしまいそうな気もする。フィギュアを絡ませるとなると、なおさら匙加減が難しそうだ。そういう意味では、厳密なスケールとかはさておいて、しっくりくるかどうかを主眼に造形された、フルスクラッチの秋山殿は面白かった。『Model Graphix 』らしい作例だと思う。なによりかわいいのがいい。

 今回の特集の主役。↓ モデルカステンの『MGデカール ガールズ&パンツァーVol.1』



 今のところ使う予定はないけど、一応買ってみた。見ての通り洗大女子学園をはじめライバル校の校章やマークなどがぎっしり。シャープな印刷で余白も少ない。各校の車輌を並べたいという人は重宝すると思う。スケールは1/35。

『MGデカール ガールズ&パンツァーVol.1』↓「モデルカステン」の通販サイトです。
 http://store.modelkasten.com/shopbrand/gp

 本誌とデカールをセットで購入すると、今なら送料無料。↓ もう少し早く知りたかった……。
 http://store.modelkasten.com/shopdetail/030000000002

 特集以外のページでは1/20『タイレルP34 (1977年型)』がくらっとするほどすごかった。どこもかしこもペラペラで、安全性?なにそれ?おいしいの?って雰囲気が強烈。かっこいい。溶接の波紋をデカールで再現とか、思いついたことを全部やってみたって感じ。凄い。あと記事もしっかり特集に配慮されてて、不覚にも笑ってしまった。

 1月号は本屋で表紙に釣られて購入したんだけど、今回はしっかり事前に予約して買ってきた。アマゾンでは早々に売り切れて、いきなり定価以上の値段がついてたけど、店頭ではまだ何冊も積まれていた。前回のように欲しいけど買えないってことにはならなそうだ。


 
ティレルP34 1977 日本GP #4 パトリック・デュパイエ ロングホイールバージョン』フジミ 1/20 グランプリシリーズ No.35


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply