ARIA (アリア) 2013年 03月号 いなだ詩穂著, 小野不由美原作『悪夢の棲む家 ゴーストハント』連載第4回

0 Comments
serpent sea
 

 いなだ詩穂著, 小野不由美原作『悪夢の棲む家 ゴーストハント』連載第4回

 今月号は近所の本屋では売れ行きがよいらしくて、発売日翌日にはもう残り2冊になってた。今日『娘TYPE』を買いにいったついでに、ちらっとチェックしてみたら、すでに売り切れ。危うく買い逃すところだった。

『悪夢の棲む家』の連載はこれで4回目。まだ4回かよって思う反面、たった4回にしては相当詰め込んでるようにも感じられる。連載ってことで説明が一話に集中したり、レギュラーが全然揃わなくてヤキモキってのはあるけど、常に一定の水準を維持してると思う。気付けば調査に入って以来、ずっと狭い室内で問答を繰り返すって感じの息苦しい展開。窓が閉ざされているから、外の景色さえ見えない。狙いはよく伝わってくるけど、画面作りがほんと大変そうだ。

 今回はようやくぼーさんが登場。安原さんも出てくる。物語もここにきてぐぐっと動き始めている。前回に引き続き広田とのやりとりが多く、残念ながらリンさんの出番はない。麻衣の出番も少ないけれど、微妙に能力を発揮しはじめている。まだまだ行き当たりばったりだし、自信ありげな口ぶりとはうらはらに、どうも自覚に欠けてる感じだけど、レーダー要因としての実力は着実に備わってきているようだ。
 それからレギュラーと依頼者家族のほかに、今回は強烈な隣の家のおばさん、笹倉さんも登場する。本件についてあれこれ詮索してくるんだけど、近所の噂好きの主婦ってレベルじゃないヤバいキャラ。どうみても普通じゃない。目が死んでるし。今後の活躍に期待したい。家の作りだけじゃなくて、周辺環境も相当悪いな。

 怪奇現象とまではいかないが、怪しい描写はどんどん増えている。インチキぽい除霊を企むナルとぼーさんに、広田が怒鳴り込んだところで、今回は終わり。次回は3月末か。長いなぁ。


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply