MODEL Art (モデルアート) 2021年 02月号 No.1054

0 Comments
serpent sea
 

 MODEL Art (モデルアート) 2021年 02月号 No.1054

 今月の特集は「これから始めるエアブラシ」。先月のファントム特集とは打って変わって、いつものハウツー系の特集に戻った。
 内容はエアブラシ(ハンドピース)の構造と種類の解説と、エアブラシ選びの際のポイントから入って、塗料の濃度、溶剤、吹き方、メンテなどについて、サンプルを多用して「これくらい知っていればまず大丈夫」って感じの解説をしている。メタリック色を吹いた後のカップの洗浄をカラー4ページにわたって徹底検証する記事は、一体何を読んでるんだろ……と思いつつも興味深く読めた。自分はオリンポスの古いハンドピースをメタリック専用にしているが、確かにメタリック塗装後の洗浄はいつまでも微妙に粒子が浮いてきて超めんどくさい。
 今回の特集ではハンドピースについてはかなり掘り下げられているが、ボンベ・コンプレッサーについてはほとんど触れられておらず、「これから始めるエアブラシ」というには片手落ちな気がした。また作例もカーモデル2例というのはハウツー系の特集とはいえかなり物足りない。

 今月号の記事の中で最もぐっときた記事は、またしても巻頭の『地名を名に持つ船とその場所のエピソード 艦船諸国漫遊記』だった。少し前の三景艦の揃い踏みがいまだに強く印象に残っているが、砲艦と重巡と護衛艦の「MAYA」を並べた今回の「MAYA三代記」もとてもよかった。中でもちっこくて白くて特に目を引く「砲艦 摩耶」はフルスクラッチで、1/700の線画入りという力の入れよう。途中写真見てると(もっと大きく見たい)作れそうな気もしてくるが、かなり難しそう。護衛艦のまやはピットロードの新製品で、NEW KIT REVIEWの方で大きく取り上げられている。

 そのNEW KIT REVIEWでは陸・海・空の新製品が2例ずつ取り上げられているが、派手な塗装のクラシックな航空機2例がとくに印象に残った。
 ICMの『ステアマン PT-17/N2S-3 ケイデット』はイエローウイングにブルーの胴体という派手な塗装の地味な複葉練習機で、スケールは1/32。内装やエンジンなどかなり出来の良さげなキットだが、作例ではさらに凸リベットを再生するなどして完成度を高めている。
 モンモデルの『フォッカー Dr.Ⅰ戦闘機』はこれまた1/32、言わずと知れたリヒトホーフェンの機体である。各社から各スケールで古くからキット化されている機体で、自分も複数所持しているが、それでもこうして新製品の作例が載っていると妙に嬉しくなる。キットは組みやすそうな構成で、バレルジャケットのエッチングも付属している。作例は超エース機だけに、ピカピカな仕上げ。当時の機体としてはごく少ないリギングの工作も抜かりはない。あと最近の本誌の記事は作例ごとのページ数が多く、構成もとても見やすい。この Dr.Ⅰの記事でもカラー6ページに、作例と途中写真、記事(文章)が綺麗に収められている。白い背景がスッキリと見やすい。



 - 作例リスト (掲載順) - 航空機 戦車 艦船 車/バイク ■その他

連載記事『地名を名に持つ船とその場所のエピソード 艦船諸国漫遊記 Vol.62』
『日本海軍 砲艦 摩耶』フルスクラッチ 1/700
『日本海軍 重巡洋艦 摩耶 1944』フジミ 1/700
「海上自衛隊 護衛艦 DDG-179 まや」ピットロード 1/700

特集「これから始めるエアブラシ」
『ボルボ 240 ターボ 1986 ETCC ホッケンハイムウィナー』プラッツ/nunu 1/24
『BMW 302i E46 DTCC 2001ウィナー』プラッツ/nunu 1/24

『カルビン・タンの水性ホビーカラー筆塗りテクニック』
■『タイ・アドバンスド x1&ファイターセット ビークルモデル007』バンダイ ノンスケール

連載記事『モデリングJASDF 298回 去りゆく名機に思いを馳せて 造形村1/48 F-4EJ改 退役記念塗装機を作る』
『F-4EJ改 ファントムⅡ』造形村 1/48

連載記事『World Modelers News No.43 スペンサー・ポラードさんにインタビュー』

連載記事『長谷川迷人の水性カラーは使ってナンボです! 第8回 日本海軍軍艦色の回』
『日本海軍 重巡洋艦 鈴谷』タミヤ 1/700

NEW KIT REVIEW
『海上自衛隊 護衛艦 DDG-179 まや』ピットロード 1/700
『3号戦車J型 “北アフリカ戦線”』アカデミー 1/35
『ステアマン PT-17/N2S-3 ケイデット』ICM 1/32 ※ジオラマ作品
『シャーマン M4A2 中戦車(75mm)』ズベズダ 1/35 ※ジオラマ作品
『フォッカー Dr.Ⅰ戦闘機』モンモデル 1/32
『米海軍 重巡洋艦 USS デモイン CA-134』ベリーファイア 1/700

連載記事『北澤志朗のヤングタイマー・ガレージ 連載第26回』
『1988 フォードマスタングGT』AMT 1/25改造

短期集中連載『ニパ子仕様のコペンを作ろう! 最終回』
『ニパ子コペン 1/24 ラッピングカー』LEAPFROG 1/24 ※作例は2例

連載記事『模型をよりリアルにするための蘊蓄資料講座 第9回』
「W.W.Ⅱ ドイツ陸 快速戦車猟兵中隊の編成 その1」

連載記事『FOLLOW YOUR HEART 第79回』
■『宇宙海賊戦艦アルカディア(『劇場版 銀河鉄道999』より)』ハセガワ 1/2500

連載記事『日本機大図鑑 連載第189回』
「一五式一号飛行艇(後期型)」

連載記事『Its’ a FIGURE WORLD』
■「バイキングの戦士 バスト」ヤングミニチュア 1/10バスト
■「バイキング ベバンブルグ 886年」ヒストリックアート 70mm
■「バイキングの酋長 900年」アンドレア 90mm
■「ヴァイキングの戦士 10世紀」ヤングミニチュア 90mm
■「バイキング船」アンドレア 54mm

 第9回 台湾AFVクラブ杯 ミリタリーモデルコンテスト



 次号の特集は「退色表現を極める(仮題)」。特別記事には「やっぱりGTRは”R-32”(仮題)」が予定されている。

 

フォッカー Dr.Ⅰ戦闘機」モンモデル 1/32
関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply