MODEL Art (モデルアート) 2020年 04月号 No.1034

0 Comments
serpent sea
 

 MODEL Art (モデルアート) 2020年 04月号 No.1034

 今月号の特集はまたしてもペイントハウツー「絶対攻略! 筆塗り塗装2020」。ただ今月は下のリストの通り作例多め、バイク(タミヤ1/12「YZF-R1M」)を丸ごと筆塗りするといった興味深いネタも含まれている。YZF-R1Mの作例は残念ながらカウルなどがエアブラシで塗装されているため、やや企画倒れな気がしないでもないが、それでもパーツの大半を占める金属色のパーツは全て筆塗りで仕上げられている。エアブラシで塗装したものと比べると、随分とこってりとした印象の、濃い仕上がりになっている。
 今回多めのページを割いているのが「女子高生の塗装」、ナッツプラネット1/24『フレッシュマン・リリー』だった。最近よく目にするようになったしっかり可愛い女性フィギュアのペイントハウツーだが、今回の作例はかなり残念なことになっている。せっかくの女子高生フィギュアなのに、顔面に施されたシャドーが隈取りのように目立ち、皮膚の透明感が感じられない仕上がりになっている。可愛くないのが痛い。1/24サイズのフィギュアを紙面いっぱいに拡大しすぎた故の悲劇って側面もあるだろうけど、なによりミリタリー系のおっさんフィギュアの塗装のメゾットで、女子高生を塗っちゃったというのが最大の原因であるように思う。この手のフィギュアはやっぱり可愛く見えないと。

 特集以外の記事では特別記事のキティホーク1/35「MH-60L ブラックホーク」、造形村1/32『ヘンシェル Hs129 B-2/RⅢ』という大物が目立った。ブラックホークの記事は難しいブラックの機体の塗装を丁寧に解説していて、今回の特集のようなペイント関連のハウツーはこの記事のように、キット単体の記事内に構成すれば充分だと思う。
 NEW KIT REVIEWの「Hs129 B-2/RⅢ」の作例はほぼストレート組みながら、素晴らしい出来栄え。精密なディティールがサンドイエローの機体色(この迷彩はほんとかっこいい)のおかげでよく見える。製作記事は製作上のポイントが記事と途中写真で分かりやすく解説されているが、欲をいえばもう少しページが欲しかった。



 - 作例リスト (掲載順) - 航空機 戦車 艦船 車/バイク ■その他

連載記事『地名を名に持つ船とその場所のエピソード 艦船諸国漫遊記 Vol.52』
『イギリス海軍 航空母艦 HMS コロッサス』インペリアルホビープロダクション 1/700
『フランス海軍 航空母艦 FS. アロマンシュ』

特集「絶対攻略! 筆塗り塗装2020」
『ヤマハ YZF-R1M』タミヤ 1/12
■『フレッシュマン・リリー』ナッツプラネット 1/24
『P51-D-5 プロフィパック』エデュアルド 1/48
『陸上自衛隊 AH-64 アパッチ・ロングボウ』モノクローム 1/72

「特別記事」
『MH-60L ブラックホーク 特殊作戦機改良型』キティホーク 1/35

連載記事『モデリングJASDF 288回 21世紀に蘇る往年の空自マルヨン』
『栄光 リミテッドエディション』エデュアルド 1/48

NEW KIT REVIEW
『アメリカ海軍 F-14A トムキャット “VF-143 プーキン・ドッグス”』童友社 1/72
『トヨタ GR スープラ』タミヤ 1/24 ※作例は2例
『ドイツ戦車 パンターD型』タミヤ 1/48 ※ジオラマ作品
『ヘンシェル Hs129 B-2/RⅢ』造形村 1/32
『歴装オトメ 菖蒲(あやめ) w/くろがね四起』ファインモールド 1/35
『歴装オトメ 木乃花(このか) w/四一式山砲』
『スホーイ Su-57』ズベズダ 1/35

連載記事『北澤志朗のヤングタイマー・ガレージ 連載第16回』
『ポルシェ 911 カレラRS’75』フジミ 1/24改造

連載記事『METHOD OF JET-MODELING 第10回 MISSION2 : コクピットを製作する』
『A-6E TRAM イントルーダー』ホビーボス 1/48

連載記事の『FOLLOW YOUR HEART 第69回』
■『天空の城ラピュタ 飛行戦艦ゴリアテ』

連載記事『日本機大図鑑 連載第179回』
「九九式三番三号爆弾発火装置 2」

連載記事『It’s a FIGURE WORLD』
■「人魚」ペガソモデル 75mm
■「ヒスパリス バスト」PFワークス 95mm
■「ワンダフルワールドシリーズ「お疲れサンタ」」アンドレア 54mm
■「エヴリン バスト」ナッツプラネット 1/12

 タミヤ プラモデルファクトリー新橋店 第11回 1/48モデラーズコンテスト



 次号の特集は「知ってなるほど やって納得 迷彩塗装(仮題)」が予定されている。三号連続で塗装関連の特集。


ヘンシェル Hs129 B-2/RⅢ」造形村 1/32
関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply