『ほんとにあった怖い話〈26〉読者の恐怖体験談集』

0 Comments
serpent sea
ほんとにあった怖い話〈26〉読者の恐怖体験談集』朝日ソノラマ 1994 ハロウィン少女コミック館

 粒揃いだった前巻とは打って変わって玉石混淆な一冊。作画、構成が安定したエピソードに混じって、久々にかなり崩れた作画が見られた。また投稿内容を消化しきれないまま終わってしまってるような、ごく短いエピソードもあった。投稿者(体験者)の年齢は前号よりやや上がっており、住居や職場の体験が中心になっている。この巻にもドラマ化されたエピソードが複数収録されている。

 同一の作画担当者による第一話〜第四話は、すごく怖いってわけではないけれど、手堅くまとめられた印象。「第一話 奇妙な同居人」では三角形の土地に建てられた三角形の家に怪奇現象が頻発する。変わった形の土地というのは使いづらいだけじゃなくて、風水的にも凶相らしく、なかでもシンプルな三角形は例としてあげられることが多い。聞くところによると土地の角の形状や数が重要らしい。実際に有名な事件、事故が凶相の土地で発生しているケースがあり、そうした土地の建物を舞台にした実話怪談も散見される。
 ほとほど怖さの第一話~第四話のうち、最も怖ろしいの絵面があるのは「第四話 真夜中に忍び寄る…」だった。内容はいまいち脈絡のない心霊体験談ながら、「階段の幽霊」の邪悪な顔貌が素晴らしい。サブタイもいい感じだ。

 体験者の年齢が高めってことで、本シリーズには珍しい不倫がらみのエピソードが収録されている。「第十話 暗い目の少女」がそれで、夫との不倫の末、生霊と化した少女に祟られる妻子の体験談だ。『今昔物語集』にも載ってるような古典的なテーマだが、少女向けのこのシリーズに含まれているとちょっと新鮮に感じる。手にした出刃包丁で妻の全身はおろか、「何度も何度も子宮のあたりを刺す」という少女の生霊がおぞましい。本シリーズの古くからのレギュラーである黒田祐乎による第九話~第十一話は、作画のレベルも高く構成も上々で読み応えがあった。



『奇妙な同居人 他』画・七色虹子 ’93『ほんとにあった怖い話』7月号、9月号、11月号、’93『ハロウィン』9月号 掲載
 「第一話 奇妙な同居人」投稿者・茨城県 匿名希望 ※幽霊屋敷・金縛り
 「第二話 私が来る!?」投稿者・福岡県 克子さん ※ドッペルゲンガー・霊感少女
 「第三話 雨女」投稿者・東京都 ふぶきまなみ(仮名)さん ※路上の怪
 「第四話 真夜中に忍び寄る…」投稿者・富山県 山下貴子(仮名)さん ※霊感少女

『第五話 魔の棲む部屋』投稿者・福岡県 児玉幹子さん 画・藤方萌葱 ’93『ハロウィン』11月号 掲載 ※幽霊屋敷

『第六話さよならの予言』投稿者・大阪府 岸恵美子さん 画・天ヶ江ルチカ ’93『ほんとにあった怖い話』7月号 掲載 ※予知・霊感少女

『霊感上司 他』画・神谷和巳 ’93『ほんとにあった怖い話』7月号、’93『ハロウィン』7月号 掲載
 「第七話 霊感上司」投稿者・愛媛県 匿名希望さん ※霊能者
 「第八話 青白い手」投稿者・栃木県 荒巻由紀子さん ※金縛り

『闇への視覚 他』画・黒田祐乎 ’93『ほんとにあった怖い話』7月号、9月号、11月号 掲載
 「第九話 闇への視覚」投稿者・岐阜県 匿名希望さん ※職場の怪談
 「第十話 暗い目の少女」投稿者・千葉県 山口奈美さん ※生き霊
 「第十一話 花博怪談」投稿者・島根県 匿名希望さん ※職場の怪談



『ほんとにあった怖い話〈26〉読者の恐怖体験談集』
 朝日ソノラマ 1994 ハロウィン少女コミック館
 著者:七色虹子 他

 ISBN-13:978-4-2579-8539-6
 ISBN-10:4-2579-8539-9
関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply