いけ『ねこむすめ道草日記〈17〉』

0 Comments
serpent sea
 

 いけ『ねこむすめ道草日記〈17〉』徳間書店 2018 リュウコミックス

 今年も「ねこむすめ」の新刊が出た。第1巻が出てから今年で10年目、そしてこの巻でついに第100話を迎えた。めでたい! 本の中で直接触れられてはないが、ずいぶん前に目指せ100話! とか言ってた著者もきっと嬉しかったことと思う。

 そんなわけで、今回は発売前からめでたい感じの感想を書こうと思ってたんだけど、好事魔多しとはよく言ったもので、このめでたい裏側ではめでたいとは真逆の事態が進行していた。この作品が掲載されている『月刊COMICリュウ』が、現在発売中の8月号をもって休刊するらしいのだ。雑誌のオフィシャルページには「紙の雑誌を【卒業】して【WEBへ移行】します。」とでっかく入った最新号の表紙が掲載されている。以前にも休刊したことのある雑誌だが、今回は連載作品の受け皿まで用意されていることから、今後紙媒体としての復活はまず無いだろう。休刊の理由は明記されてないが、最大の要因は「売り上げ」だと思われる。
 自分はマンガ雑誌を購読する習慣がないので実感がないのだけれど、この雑誌に限らず雑誌全体の売り上げは昨今相当厳しいらしい。売り上げの推移を見てみると(調べてみました)、マンガ雑誌は2000年以降ずーっと低迷を続けている。その原因として様々な推測がなされているが、やはりトドメっぽく登場したスマートフォンの影響は大きいようだ。かつては娯楽の王様だった劇場映画が、TVの普及に伴って凋落していったような感じか。栄枯盛衰だ。

 さて、肝心の第17巻の中身はというと、最初から最後までお祭り。お祭りの描写がメインで、その隙間に愛らしい妖怪たちがうろちょろする様を描いている。ストーリーらしいストーリーはいつも以上に希薄だ。
「第100話 お盆の夜を見回りで道草」から「第102話 カラスとねずみで回る山車祭りで道草」までは、毎年夏に催される「山車祭り」(元ネタは群馬県の「渋川山車まつり」)が、「第103話 オタクの祭典で道草」から「第105話 鬼女子の打ち上げで道草」は、お台場の「マンガマーケット」略して「マンケ」が舞台となっている。そしてそれぞれのお祭りに参加していたキャラたちが、「第106話 祭りの後の夜道で道草」で一堂に会するという考えられた構成。「マンケ」の話の方は今更コミケネタもなぁ、などと思いながら読み始めたのだが、はっちゃけたキャラに寄ってる分、こっちの方が面白かった。またメインの祭りの話よりも、同じようにドタバタしつつもそこはかとない寂しさが漂う「祭りの後」の話の方が、著者の作風にあっているのか、雰囲気がよく出ているように思う。

 雑誌自体は休刊してしまうが、幸いにもこの作品はwebに移行してこの先も続く。 ブチっと終わらなくて本当に良かった。次巻は「話も作画もまったりほのぼの進行」とのこと。



『ねこむすめ道草日記〈17〉』
 徳間書店 2018 リュウコミックス
 著者:いけ

 ISBN-13:978-4-1995-0629-1
 ISBN-10:4-1995-0629-2


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply