遠藤周作『蜘蛛』

0 Comments
serpent sea
 

 遠藤周作『蜘蛛』(『怪奇小説集』講談社 1973 講談社文庫 所収)

 霧雨の夜、主人公の私(著者)は叔父に請われて、四谷の料亭で催される怪談会に出向いた。私が料亭に到着した時には、すでに何人かの会員が順に持ちネタを披露しはじめていた。会員の多くは年配らしかった。皆素人なので当然語りは上手くない。ネタ自体どこが怖いのかサッパリである。ふと見ると、一人若い男がいる。青白い、端正な顔立ちの青年だ。そんな彼が不躾な視線を送ってくる。不快だ。私は自らの体験を手短に語り終えると、早々と退座することにした。
 ところがタクシーがつかまらない。困り果てていると一台のタクシーが停まり、車内から乗客が声をかけてきた。先ほどの青年が同乗させてくれるという。私は頭を下げ、彼の隣のシートに腰を下ろした。車内に漂う生臭い、嫌な臭いが鼻につく。間をもてあましていると、やがて青年が話しはじめた。二ヶ月ほど前、今夜私を乗せたのと同じように、女を乗せたのだという。
「そりゃ、うまいこと、されましたな。きれいな女でしたか」
「ええ、でも……片面だけで」

 この話は以前感想を書いた『三つの幽霊』(←前の記事へのリンクです)の中の、「熱海の旅館の話」を受けてはじまる。著者が怪談会の世話役をしている叔父から話すように頼まれたのが「熱海の旅館の話」だったのだ。あんな酷い目にあいながらも、著者は本作でも「今もって幽霊がいるとは信じてはいない」(p.37)なんて言っている。全然懲りてない。そのせいで怪談会とその会員に対する著者の態度の悪いこと。ずっとグズグズ言ってるのが面白い。
 劇中で会員の「安倍医師」(本作に続いて収録されているエピソードにも登場する)が語った夢にまつわる怪談も、自分は結構面白く感じたのだが、著者によると「これは前の話より、面白かったが、医師の話術の下手なせいもあるだらう。それほど怖ろしいとも思えない」(p.41)と、なかなか厳しい評価だった。

 肝心の本編の怪異については、これがまたずるい。怪談会、霧雨の夜、タクシー、生臭い臭い、乗り合わせた怪しげな青年、片面が美しい女といった、雰囲気抜群の品揃えで、こりゃ古典的なタクシーの怪談かと思いきや、幽霊らしい幽霊は全く出てこない。代わりにとんでもないものが出てくる。なんの前振りもなしに。いや、ほとんど全編が前振りになっているのか。
 今回ばかりはオチを書くのが憚れるので具体的には触れないが、とにかく相当キモチワルイのが出てくるので(生理的に)、「あ、やばいかな」と感じた人は途中でも読書の中断をおすすめする。とくにトライポフォビアの人は要注意です。ただ幸いなことに、劇中に出てくる「くすね蜘蛛」は著者の創作らしい。

 ちなみにこの作品は関西テレビが製作したTVシリーズ『現代恐怖サスペンス』枠でドラマ化されている。タイトルは原作のままの『蜘蛛』。主人公を演じたのは山口崇、脚本・監督は石井輝男。すごい豪華。



『怪奇小説集』
 講談社 1973 講談社文庫
 著者:遠藤周作

 収録作品
 『三つの幽霊
 『蜘蛛
 『黒痣』
 『私は見た』
 『月光の男』
 『あなたの妻も』
 『時計は十二時にとまる』
 『針』
 『初年兵』
 『ジプシーの呪』
 『鉛色の朝』
 『霧の中の声』
 『生きていた死者』
 『甦ったドラキュラ』
 『ニセ学生』

 ISBN-13:978-4-0613-1231-9
 ISBN-10:4-0613-1231-6


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply