『ほんとにあった怖い話〈22〉読者の恐怖体験談集』

ほんとにあった怖い話〈22〉読者の恐怖体験談集』朝日ソノラマ 1993 ハロウィン少女コミック館

 金縛りと予知夢をテーマにした第20巻(21巻は芸能界編)は至極じみーな印象だったが、この22巻のテーマは「妖怪」。カバーのソデのリードには「“幽霊見ちゃった!!” というのはよくある話。でも“妖怪” は、めったに見られない。今回は、得体の知れない奴に出会った体験集。」とある。幽霊見ちゃった!! がよくある話かはさておき、とりあえずめっちゃ期待させられるのだが……、実はこの巻、全くテーマに沿ってないのだ。読了後、カバー外して中身を確認してしまうくらいのレベルで妖怪分が足りない。下の収録リストの※マークの通り、メインは幽霊屋敷もの、それから霊感少女だ。

 とはいえ、全然ダメダメかというと、そうでもない。似たようなモチーフが多いのに退屈な感じがしないのは、それぞれのエピソードが色々な意味でバラエティに富んでいるからだろう。異様な幽霊が次々とあらわれる金縛りもの「第一話 呪縛の夜」、幼い頃から特殊な能力に目覚めた霊感少女もの「第二話 折れた護符」は、実話怪談らしい支離滅裂な怪奇現象を暗いトーンで描いた好編。体験者の身長や体勢をしっかり踏まえた上で、その視点からの怪異を的確に表現している。とくに第二話は少ないページ数ながら構成も巧みで、効果的な回想シーンがごく自然に挿入される。妖怪不足のガッカリ感は拭いがたいが、この2編を読めるだけで充分にモトがとれた気分になる。それにしてもなんでテーマを幽霊屋敷か霊感少女にしなかったかなぁ。



『呪縛の夜 他』画・時任竹是 ’92『ほんとにあった怖い話』11月号、’93年1月号 掲載
 「第一話 呪縛の夜」投稿者・群馬県 匿名希望さん ※金縛り
 「第二話 折れた護符」投稿者・東京都 上田美津子さん ※霊感少女

『第三話 真夜中の侵入者』投稿者・東京都 坂本敦子さん 画・塚田さとみ ’92『ほんとにあった怖い話』9月号 掲載 ※予知夢

『第四話 霊夢住宅』投稿者・千葉県 神保杏子さん 画・丸傳次郎 ’92『ほんとにあった怖い話』9月号 掲載 ※幽霊屋敷

『夢の探し物 他』画・神谷和巳 ’92『ほんとにあった怖い話』9月号、’92『ハロウィン』9月号 掲載
 「第五話 夢の探し物」投稿者・山形県 平由美さん ※不思議な夢
 「第六話 白昼夢の街」投稿者・静岡県 匿名希望さん ※異世界

『第七話 K住宅怪奇談』投稿者・青森県 匿名希望さん 画・谷ゆたか ’92『ハロウィン』10月号 掲載 ※幽霊屋敷

『恐怖の訪客 他』画・山口夏実 ’92『ほんとにあった怖い話』11月号、’92『ハロウィン』11月号 掲載
 「第八話 恐怖の訪客」投稿者・奈良県 たまちゃん ※幽霊屋敷
 「第九話 私って霊感少女?」投稿者・北海道 KEY-KEYさん ※霊感少女

『誕生日がこわい 他』画・茶々丸 ’92『ほんとにあった怖い話』11月号、’93年1月号 掲載
 「第十話 誕生日がこわい」投稿者・宮城県 高橋和美さん ※霊感少女・妖精
 「第十一話 霊からの警告」投稿者・大阪府 由宇さん ※金縛り



『ほんとにあった怖い話〈22〉読者の恐怖体験談集』
 朝日ソノラマ 1993 ハロウィン少女コミック館
 著者:神谷和巳 他

 ISBN-13:978-4-2579-8254-8
 ISBN-10:4-2579-8254-3


関連記事
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)