MODEL Art (モデルアート) 2018年 01月号 No.980

0 Comments
serpent sea
 MODEL Art (モデルアート) 2018年 01月号 No.980

 今月は本屋に行けそうになかったので珍しく通販で購入。で、ざっと目を通したのだが、めっちゃ充実してる。特集、連載記事の作例はどれも気合が入ってるし、何より好きな機体、手持ちのキットが取り上げられているのが嬉しかった。

 今月号の特集は「やっぱり攻撃機」。最初に「独断専行のザ・ベストテン」があって、その中からアイテムが選ばれるという構成で(今回1位のスカイレーダーの作例は無し)、1/48を中心に新旧のキットが取り上げられている。「攻撃機」と聞いてまず思いつくのが「A-10」。大昔に本誌の特集を見ながらハセガワの1/72を組み立てた覚えがあるが、今回の作例はイタレリの1/48最新キットだ。現役とはいえ実践配備から40年も経つのに、まだまだ新しくキットが作られ続ける人気機種である。作例は出来のいいキットをさらにブラッシュアップして、濃厚なウェザリングを施している。ほぼAFVなイメージの機体だけに、ハードなウェザリングがよく似合っている。単に汚れを描き込むだけではなく、その原因となったダメージから工作されているのがすごい。特集では嬉しいことにキネティックの1/48「シュペル エタンダール」が再び取り上げられている。作例は再掲ではなく今回の特集のために作られていて、他の作例と同様、キットのチェックポイントが丁寧に解説されている。特集に出てきた中で持っていたのはこのキットだけだったけど、アバンギャルドモデルの1/72「クフィル」は購入予定。やっぱかっこええ。

「NEW KIT REVIEW」では電飾を施された美しい「ボーイング 737-800」や大スケール(1/32)の「ポリカルポフ I-16」、童友社の「AAV7A1」などなど、興味深いキットが取り上げられているが、今回は連載記事の作例に注目したい。まず『MA版 これだけは作ろう』ではタミヤ1/48「タイガーⅠ」のジオラマが完成している。連載10回を迎えるこの連載、これまで門外漢から見ると結構ジミ目なキット改造をコツコツやってるって印象だったんだけど、今回完成したジオラマは素晴らしかった。木製のベースの上にひょうたん型の地面を配置して(アイランド型って言うらしい)、大きい方の島(地面)にタイガー、小さい方の島に米軍のジープ&フィギュアという構成で、タイガーの上には大ぶりの樹木が影を落としている。いけばなで言うところの真副体が整った格調の高い作品だ。トーンも美しくまとめられていて、部屋に飾りたくなる。
 毎回楽しみにしている「FOLLOW YOUR HEART」にはとうとうメビウスの「オリオン号」が登場。待ってました! って感じ。「オリオン号」は映画『2001年宇宙の旅』(1968)のスペースプレーンで、劇中ではフロイド博士が宇宙ステーションに向かう際に搭乗している。登場シーンこそ少ないが、個人的にはメインの「ディスカバリー号」よりも断然「オリオン号」。作例は機体全面にスジ彫りを施し、キットに付属していないパンナムのロゴを自作している。さらに今回は宇宙ステーションのシャドーボックスの作例もあって、ついにページ増量。見応えがあった。「オリオン号」、随分前に買って、軽く仮組みしたきりなので作ってみようかな。



 - 作例リスト (掲載順) - 航空機 戦車 艦船 車/バイク ■その他

連載記事『地名を名に持つ船とその場所のエピソード 艦船諸国漫遊記 Vol.24』
『日本海軍 航空母艦 赤城』フジミ 1/700 ※スケルトンキットの作例

特集「やっぱり攻撃機」
『A-10C “ブラックスネークス”』イタレリ 1/48
『スホーイ Su-25K』スマー 1/48
『トーネード GR.Mk.4』ドイツレベル 1/48
『シュペル エタンダール』キティホーク 1/48 ※比較用にエレール1/48「エタンダール ⅣM」掲載
「バリエーション充実のハリアーで行こう!!」
 「ホカーシドレーハリアー GR.3」エアフィックス 1/72
 「シーハリアー FRS.1」キネティック 1/48
 「AV-8B ハリアーⅡ プラス」ハセガワ 1/48
『IAI クフィル C2/C7』アバンギャルドモデル 1/72
『F-2A スーパー改』ハセガワ 1/48「三菱 F-2A」改造

連載記事『モデリングJASDF 262回 赤い星を付けた仮想敵機を作る(2)トランペッター 1/48 殲撃 10B ヴィゴラスドラゴンを作る(2) 殲撃-10Cへのアップデート』
『殲撃 10C』トランペッター 1/48「J-10B ヴィゴス・ドラゴン」改造

連載記事『ジオラマ大作戦 NO.19 秋の公園の水辺を新発売の素材で作る (1)』
「マスターボックス」「ミニアート」などの1/35フィギュア・ストラクチャーを用いたジオラマ作品

情報「World Modelers News No.6 Kitti Tatsumaki氏にインタビュー」
「インドネシア空軍 Su-30MK TS-3001 “サンダーフランカー”」トランペッター 1/72 ※ジオラマ作品
「ロシア海軍 Su-33 フランカー D “Red 80」トランペッター 1/72
「US NAVY VF-2 F-14D スーパートムキャット “Bounty Hunter”」ホビーボス 1/72
「USAF 173rd FW サンダーボルトⅡ “Warthog”」アカデミー 1/72 ※ジオラマ作品
「JASDF 303rd Tactical Fighter Squadron F-15J」ハセガワ 1/72

特別記事
「ランボルギーニ ウラカン ベルフォマンテ 2017」アイドロン/メイクアップ 1/43 ※完成品の紹介記事

連載記事『MA版 これだけは作ろう 第10回 1/48 タイガーⅠバリエーションを作る(1)(完成編)』
『1945年4月ドイツ南部のフェールマン戦隊 ハイブリット・ティーガーⅠ』タミヤ 1/48「ドイツ重戦車 タイガーⅠ(初期生産型)」+「ドイツ重戦車 タイガーⅠ後期生産型」 ※ニコイチ改造、ジオラマ作品

NEW KIT REVIEW
『ボーイング 737-800』ズベズダ 1/144
『日本海軍駆逐艦 冬月』ウェーブ 1/350
『ポリカルポフ I-16 タイプ24』ICM 1/32
『M113 ACAV装甲騎兵戦闘車』AFVクラブ 1/35 ※ジオラマ作品
『米軍 M3 リー中戦車(前期型)』タコム 1/35
『陸上自衛隊水陸両用車 AAV7A1』童友社 1/35

連載記事『日本機大図鑑 連載第152回』
「十二試艦戦と零戦の転覆時保護支柱」

連載記事『北澤志朗のネオヒストリックガレージ 連載第90回』
『いすゞ ピアッツァXE(JR130)』フジミ 1/24

連載記事『FOLLOW YOUR HEART 第42回』
■『オリオン号 スペースクリッパー』メビウス 1/144
■『オリオン号 スペースクリッパー』Mana Studios 1/1400 or 1/2800 ※レジンキット。シャドーボックスの作例

 ヨドバシカメラ新宿西口本店 ケーム・ホビー館 第3回お客様が制作したスケールプラモ展示会 結果発表
 第6回 AFVクラブ杯 ミリタリーモデルコンテスト
 第28回 ピットロードコンテスト 審査結果発表!



 次号の特集はまたもやハウツー系の「知ってさらに納得 筆塗り塗装 (仮題)」。今月号に負けないくらいの充実を期待。


 

スペースクリッパー オリオン号」メビウス/プラッツ 1/144


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply