SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2017年 11月号 Vol.118

0 Comments
serpent sea
 

 SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2017年 11月号 Vol.118

 今回は一人の製作者にフォーカスした特集「林周一の世界」。いつもとは随分趣向が違ってる風だけど、内容はウェザリングの効いたかっこいいジェット機の写真集って感じになってる。特集の作例は下のリストの通り「F-4」「F-14」などの人気機種が4例。ハードなウェザリングを施された作例が紙面によく映えている。記事は1/32スケールの作例をじっくり見せる構成になっていて、他にマスキングゾル、塩マスクなどを用いた様々なウェザリングの技法が解説されている。AFVモデルを作る人にはお馴染みの技法かと思われるが、航空機のどの部分に適用できるかを説明してるのが本誌らしいところ。

 連載記事の『改造しちゃアカン リターンズ!』ではハセガワの1/48「震電」が取り上げられている。古いけど出来のいいキットを、なんと複座&夜戦化。イメージはDo335のとのことだが、大改造を施されて「震電」がおそろしくかっこよくなってる。自分は機上レーダーのアンテナを搭載した機体が大好きで、ついてるだけで何割り増しかでグッとくるのに、さらにこのキャノピーの処理。かっこええ。作例の他はいつものノリの記事と、見るからに大変そうな改造の過程が見開きで掲載されている。
 今回は第2特集として懐かしの『オネアミスの翼』の戦闘機が大きく取り上げられていて、見ての通りスケールモデルの作例が少くなってしまってるのが物足りなかったが、「オネアミス」の好きな人には嬉しい一冊になっていると思う。もちろんウェザリングの効いた戦闘機の好きな人にも。



 - 作例リスト (掲載順) -

特集1「林周一の世界」
『グラマン F-14A トムキャット』トランペッター 1/32
『マクダネル ダグラス F/A-18D ホーネット』アカデミー 1/32
『パナヴィア トーネード GR.Mk.1』ドイツレベル 1/32
『マクダネル ダグラス F4-E ファントム』タミヤ 1/32

「SPECIAL ARTICLE」
『HondaJet』エブロ 1/48

連載記事『改造しちゃアカン リターンズ!』
『九州飛行機 J7W1 震電 複座夜戦型』ハセガワ 1/48改造

連載記事『ちっちゃいことは、いいことだ!』
「ボーイングコレクション」エフトイズ 1/500&1/144 ※モノクロ記事

連載記事『Alternative modeling garage Vol.16 フィギュア編 その4』
『オリジナルフィギュア6体』フルスクラッチビルド 1/32 ※モノクロ記事

連載記事『飛ぶ理由 連載第36回』
『大日本帝国超巨大空中戦艦 大日本列島号』フルスクラッチビルド 1/3170 ※小林誠によるオリジナルメカ

特集2「Schira-DOW 3rd 第3スチラドゥ」
『オネアミス王国 空軍戦闘機 第3スチラドゥ(単座型)』ピーエムオフィスエー(PLUM) 1/72
『オネアミス王国 空軍戦闘機 第3スチラドゥ(複座型)』ピーエムオフィスエー(PLUM) 1/72
「三者三様のモデラーが解釈する第3スチラドゥのカタチ。」
 『オネアミス王国 空軍戦闘機 第3スチラドゥ(単座型)』ピーエムオフィスエー(PLUM) 1/72改造 ※作例は三例
『オネアミス王国 水軍ジェット戦闘機』フルスクラッチビルド 1/32

『NOSE ART QUEEN Vol.58』lope



 次号の特集は「SA Convention 2017」。お題は「日本海軍機」とのこと。


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply