睦月影郎『生娘だらけ』

 

 睦月影郎『生娘だらけ』祥伝社 2016 祥伝社文庫

 十八になる家老の息子「修吾」は、三沢藩士の子女が通う女ばかりの藩校「桜桃舎」に下男として潜入していた。桜桃舎では十七になる「珠代姫」が身分を隠して学んでおり、その身辺を警護する密命を帯びていたのだ。そしてもう一つ、彼には特殊な務めがあった。
 桜桃舎の生娘たちが出す下肥は、近在の豪農に高値で買い取られており、できた野菜などは献上品として用いられていた。確かにどっかのおっさん産というよりも、武家の生娘たちのものだと思えば気分がいい。修吾はそんな下肥の管理と百姓たちへの采配を一任されていたのである。
 修吾は何かと忙しなく立ち働きながら、女の園の暮らしをエンジョイしていたが、あるとき美人剣術指南役の「弥生」に素破(忍者)と疑われ、捕えられてしまう。そしてどエロい責めを受けるのだが……。

 タイトルに偽りなしの「生娘だらけ」な一冊である。著者の作品の多くには超能力者や妖怪やらがザクザク登場するが、本作は前に感想を書いた『姫の秘めごと』(←前の記事へのリンクです)同様、超常的な要素が全くないタイプの作品(くノ一は出てくる)。とはいえ当然、普通の時代ものではない。あくまでも背景扱いなのが少々残念ではあるが、下肥云々のくだりなど、なさそうでありそうな絶妙なさじ加減が心地いい。実際に江戸時代には下肥を出す階層によってその買取価格が違ってた、なんて話もある。大奥の下肥は価値が高かったとか。
 主な女性キャラは、剣術指南役で年上の「弥生」、年下の村娘「小梅」、娘たちの教育係で後家の「真弓」、そして「珠代姫」という面々。なかでも弥生と小梅はダブルヒロインって感じの活躍をみせる。それぞれのキャラ付けは上記の『姫の秘めごと』で書いたので重複を避けるが、毎度似通った「いつものキャラ」であっても、主人公との関係性が異なっているので意外に飽きがこない。微調整に工夫が凝らされている印象。

 で、本作のお姫さま「珠代姫」について。今回は上記の登場人物のほかに、姫の母親や下働きの少女たちの濃厚な濡れ場があるため、肝心の姫の出番が少なからず食われてしまっているように思う。お姫さま目当ての自分としては寂しい限りだが、嬉しいことに主人公との濡れ場のほかにも上質なエロシーンが用意されていた。男女の身体を学ぶ講義のなかで、「教材」となった珠代姫が皆の前で体をさらすのだ。同門の少女たちの、同性ならではの容赦ないリアクションが素晴らしい。ナイス羞恥プレイなので、この手のが好きな人には強くオススメできる。フェティッシュなエロてんこ盛りで、気楽に読める作品。



『生娘だらけ』
 祥伝社 2016 祥伝社文庫
 著者:睦月影郎

 ISBN-13:978-4-3963-4204-3
 ISBN-10:4-3963-4204-7


関連記事
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)