いけ『ねこむすめ道草日記〈16〉』

0 Comments
serpent sea
 

 いけ『ねこむすめ道草日記〈16〉』徳間書店 2017 リュウコミックス

 予想以上の速さで第16巻が出た。リュウコミックスではこの「ねこむすめ」と、今TVでやってる(けどまだ見れてない)『セントールの悩み』を買ってるんだけど、両作ともにいいペースで刊行されてるのが喜ばしい。今回は第93話〜第99話+おまけを収録。前巻は初の一冊丸々続き物で、派手なバトルあり過去話ありと変化に富んだ一冊だったが、今回はいつも通りに戻って、まったりとしたエピソードが並んでいる。

 女郎蜘蛛の地域貢献が描かれる「第93話 紫陽花の花落としで道草」と「第94話 獅子丸と一緒の道草」は、とりわけ「いつも通り」な感じの強いエピソードで、まじで何も起こらない。「黒菜」と「獅子丸」がひたすらじゃれてるだけだったりする(94話)。それが「ねこむすめ」らしくて良かった。
「第95話」〜「第97話」は「千夏ちゃん」のメイン回。学校の怪談の「ミラーさん」(←トイレの鏡)こと「雲外鏡」が千夏ちゃんに変化して、彼女が内に秘めた思いを曝け出すべく暴走する。あとがきマンガを見るに著者(とカッパ)はどうやら千夏ちゃん一押しの様子。焦ったりヤキモキしたりするリアル千夏ちゃんも、黒菜っぽいおてんばなコピー千夏ちゃんも、とても可愛らしく描かれている。ただし千夏ちゃんメイン回にも関わらず、コックリさん分は少なめ。合体千夏ちゃんの出番の方が多い。
「第98話」は混浴温泉に潜むワニと雪女の「伊吹」の話で、幼い初恋エピソードの次がこれかよって感じのバカ話。温泉だけに肌色が多い。「第99話」は黒菜が「藤森商店」の飼い猫になる経緯を描いたプリクエル。前巻の黒菜の特訓話に続くストーリで、本作屈指の地味キャラ「鉄瓶の付喪神」が活躍する。99話目にふさわしいエピソードだと思う。

 そんなわけでこの第16巻は、ここまで本作を読んできた読者には楽しめる一冊になっている。次の第17巻にはいよいよ「第100話」が収録される。楽しみ!



『ねこむすめ道草日記〈16〉』
 徳間書店 2017 リュウコミックス
 著者:いけ

 ISBN-13:978-4-1995-0581-2
 ISBN-10:4-1995-0581-4


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply