伊藤三巳華『スピ☆ヲタ子ちゃん〈1〉』

 

 伊藤三巳華『スピ☆ヲタ子ちゃん〈1〉』講談社 2017 ヤンマガKCスペシャル

 主人公は著者の少女時代「ミミカ」。「オバケ団地」と噂される千葉県N市の某団地で暮らしていた。本人によるとあまり裕福な家庭ではなかったらしい。幼い頃からミミカには人に見えない不可思議なモノが見えた。そして三日に一度という頻度で「幽霊に襲われて」育ったという。長じるにつれて、彼女は自身の体質をひけらかすことのリスクを自覚し、霊感アピールを封印する。しかし彼女には他人に知られてはならないもう一つの顔があった。昼間こそはバレーボールに励む健全な部活少女だったが、夜な夜な自作マンガに没頭する「ゲーム、アニメ、マンガヲタク」だったのである。当時、ヲタクへの風当たりは今以上に強く、「イケてる青春」を送りたいなら「霊感」共々封印必至という状況なのだった。自らの本性を隠し、他人を傷つけ他人に傷つけられながら、スクールカーストでのし上がろうとする主人公の日常は、まさにサバイバルである。←こういう感じの話が全9話収録。

『視えるんです。』『スピ☆散歩』などの霊感エッセイ漫画で知られた著者が、自らの少女時代をセキララに描く。って帯にあったから、霊感少女の日常とか興味深いなーなんて思いつつ読み始めたのだが……。印象は全然違ってた。「霊感」は二の次三の次で、ひたすら著者の痛々しい子供時代(小学校から高校入学くらいにかけて)と贖罪の思いが切々と描かれた懺悔マンガだった。デフォルメ調の絵柄で随分緩和されているが、内容はかなりヘビー。霊感、心霊、怪奇的にじゃなくて、残酷な人間関係的に。
 作品の紹介には「ミミカの周りには、個性的な友達がいっぱい」と楽しげな感じで載ってるけど、その友達が一筋縄ではいかない。極道の息子と噂される「タグチ」、パーマ屋の娘でヤンキーの「アケ」、猟奇的恋愛脳「くき(く)」、BLマンガに救いを求める悲劇の美少女「ちさとちゃん」などなど、個性的どころじゃない壮絶なメンツ。それぞれのエピソードもいちいち濃い。とりわけ家に帰りたがらないちさとちゃんの話「生霊になりたいですか?」は、その救い難さで印象に残った。子供には荷が重すぎる。
 前述の通り霊感よりも人間関係に重きが置かれているが、ほとんどのエピソードで霊感が人間関係の構築(と後悔)のとっかかりになっているところがスピリチュアルマンガらしい。ミミカはやや自意識過剰な少女で、幽霊そのものよりも、それが見えることで他人にキモいと思われることの方を怖れているようだ。繰り返し出てくる「見えるけど、全てが自分の妄想かも……」的なセリフは、成長したミミカが社会との折り合いをつけるために編み出したフレーズなのだろう。怖いシーンは少ないけど読み応えは充分なので、霊感少女の生い立ちに興味がある人にはおすすめ。



『スピ☆ヲタ子ちゃん〈1〉』
 講談社 2017 ヤンマガKCスペシャル
 著者:伊藤三巳華

 ISBN-13:978-4-0638-2969-3
 ISBN-10:4-0638-2969-3


関連記事
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)