三原一晃『白雪姫は悪魔の使い』

 三原一晃『白雪姫は悪魔の使い』立風書房 1983 レモン・コミックス 恐怖シリーズ

 表紙は人相の悪い原住民とソバカスの女の子、裏表紙は白雪姫と七人の小人、これらのお題をしっかり(?)踏まえつつ、その実態は怪猫ものでしたというカオスな作品。

 主人公は表紙の女の子「レイコ」。引っ込み思案な彼女にも、年頃の女の子らしい図々しくもささやかな願い事があった。「クラスのいじめっ子から私を守ってください。それから今度の学芸会の白雪姫役を私に。でもそれにはまず顔のソバカスをとって綺麗にならないと……」彼女は同じクラスできっと王子様役をやるに違いない「ジュンくん」にほのかな恋心を抱いていたのだ。
 そんなレイコは最近、親友の「明美」から不思議な像を貰い受けた。その像はもともと明美の考古学者のおじさんのメキシコみやげだったという。アステカ民族の間で、願い事を叶えてくれる神像として信仰されていたらしい。早速願を懸けるレイコ。驚いたことに彼女の願いはことごとく叶えられていく。ただし宿願成就には強烈なリスクが伴っていた。神像がいけにえの血を欲したのだ。レイコはまずペットの文鳥を殺し、やがて飼い猫のトラを手にかけた。ソバカスもすっかり消え、性格まで積極的に、明るくなったように見えるレイコだったが、本人が気づかぬうちに、まるで猫のような仕草をしはじめたのだった。

 神像の呪い路線でずっといくのかと思いきや、殺した猫の怨霊がよっぽど強かったのか、そっち方面にどんどん話が転がっていく。おかげでまとまりに欠ける作品となったが、小綺麗にまとまってもこの手の作品は面白くないし、もともと化け猫は大好きなネタ。とても楽しく読むことができた。
 作画は『包丁人味平』とかあの辺の濃いめの劇画タッチで、いかにも手塚漫画のコードが希薄な感じだが、かなり上手いんじゃないかと思う。ハードで力強い。がっつりゴアな描写もある。後半に行くほど多用される見開きの大ゴマは超劇的で見応えがある。Tシャツにしたい。見所の多い本作だが、街中を駆け回る化け猫のたたみかけるような描写は特に素晴らしく、スピード感抜群。面白いのはレイコの化け猫フォームで、通常型のレイコにネコミミをくっつけただけなので、やけに可愛くなってしまっている。
 著者は貸本漫画の時代から活躍した人で、本書の刊行当時すでに大ベテランだったらしい。最後に奥付の「著者紹介」が興味深かったので、丸ごと転載しときます↓

  著者紹介/三原一晃
 ・国籍 満州生まれの大連育ち。昭和50年4月13日=日本にやって来て、まもなく帰化。
 ・性別 男性
 ・年齢 24歳とも66歳ともいわれるが、はっきりした年齢は誰も知らない。
 ・住所 東京近郊のある森の中のツタの絡みついた古い洋館に、ひとり淋しく住んでいる。しかし、正しい住所を知っている者は誰もいない。ただ、洋館の中には、いつもロウソクの火がともり、黒豹のように大きくて黒い猫が一匹飼われている。最近、三匹の黒い仔猫が生まれた。
 ・素顔 常に仮面をかぶっている。これまでに七種類の仮面をつけていたので、人は「七つの顔を持つ紳士」とか「仮面紳士」と呼ばれている。
 ・著書『恐怖バラ屋敷』『恐怖亡霊屋敷』(いずれも立風書房刊)



『白雪姫は悪魔の使い』
 立風書房 1983 レモン・コミックス 恐怖シリーズ
 著者:三原一晃

 ISBN-13:978-4-6510-7073-5
 ISBN-10:4-6510-7073-6


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)