MODEL Art (モデルアート) 2017年 07月号 No.968

 

 MODEL Art (モデルアート) 2017年 07月号 No.968

 今月号の特集は「筆塗り塗装」。次号はエアモデルのペイント特集らしいから、3号続けてハウツー系の特集になる。
 自分の場合は確実に「筆塗りで仕上げた数」>「エアブラシで仕上げた数」なんだけど、単にエアブラシに手が出なかった(予算的に)だけで、あえて筆塗りを選んでたわけではない。日本機のハゲハゲ塗装につまずいてからは、もっぱら単色かスピットファイアみたいに塗り分けのくっきりした迷彩の機体ばかり塗っていた。モットリングなんて夢のまた夢の夢だったのだ。最近ではネット上や雑誌の作例で、エアブラシ塗装と並ぶどころか、それを凌駕するような筆塗りの作品を見るようになった。以前自分は仕方なく筆を使っていたが、達人の方々からしてみれば筆こそがベストなツールなのだろう。もちろん筆とエアブラシはそれぞれの長所短所に合わせて、適宜使い分けるのがベストだと思うけど、自分の場合、今よりももう少しマシな完成品を目指すには、筆の地位?をもっと上げる必要があるのかもしれない。
 なんだかとりとめのないことを書いてしまったが、筆とはなんだかんだで付き合いが長いので、色々思うところがあるのだ。それにしても今ではエアブラシもコンプレッサーも一通り揃えて、機材の上では全く不足を感じることがなくなったが、今度はキットが完成しない。どゆこと??

 今回の特集で特筆すべき点は、各種塗料と関連ツールを紹介するテキストの充実だ。「筆(穂先)の種類と特性」「人気の海外製塗料と筆塗りとの相性を見る」等々、まじで参考になる。反対に作例をサンプルとして用いた記事は少々物足りなかった。作例の良し悪しではなく、「筆塗りの効果」を見せるのに適切なアイテムではないように感じた。作例は3例、ドラゴンの「Ⅲ突」はグレー単色の車輌、個性的な仕上がりだが途中写真のビフォーアフターが超わかりづらい。ヤマシタホビーの「響」も当然グレー、タミヤの「零戦21型」は灰緑色単色の機体。「零戦21型」の記事ではサフの吹かれた状態からウェザリングまで、8段階の途中写真が掲載されているが、変化が軽微すぎてこれまたビフォーアフターがわかりづらい。画像自体が小さすぎるってのもあるかもしれないが、飛行機ならモットリングなど作業の前後がわかりやすいものを、AFVや艦船ならウェザリングのカラーとベース色の明度の差がもっとはっきりしたアイテムの方が誌面で映えたのではないかと思う。途中写真に関しては、特別記事『「矢萩登」の海面製作術 〜海面編〜』の途中写真&解説が非常にわかりやすかった。あんな感じの構成が特集記事の方にも欲しかった。

 連載記事の『FOLLOW YOUR HEART』ではマックスファクトリーの「ジプシー・デンジャー」が取り上げられている。映画の『パシフィック・リム』(2013)に出てきた巨大ロボットである。スケール表示はなんと1/350、艦船のスケールだ。このロボ、そんなにでかかったんだ。

 今月号はホビーショーの後だけあって、裏表紙にでっかく載ってるハセガワ1/24『BMW 2002 tii』、タミヤの1/35「ブルムベア 後期型」、バンダイの合体分離できる「ウルトラホーク1号」などなど、魅力的な新製品がたくさん紹介されている。発売が待ち遠しい。



 - 作例リスト (掲載順) - 航空機 戦車 艦船 車/バイク ■その他

特集「筆塗り塗装」
『WW.Ⅱ ドイツ軍 Ⅲ号突撃砲E型』ドラゴン 1/35
『日本海軍 特型駆逐艦 響』ヤマシタホビー 1/700
『三菱 零式艦上戦闘機 二一型』タミヤ 1/72

「スッター CIP Moto2」CGM 1/12 ※レジンキャストキットの紹介記事
「Moto3 TSR」

連載記事『MA版 これだけは作ろう 第4回 M4A3シャーマン105mm榴弾砲搭載型(HVSS)を作る(完成編)』
『M4A3シャーマン105mm榴弾砲搭載型』タミヤ 1/35「アメリカ戦車 M4A3E8シャーマン イージーエイト(ヨーロッパ戦線)」+「アメリカ M4A3シャーマン105mm榴弾砲搭載型(突撃支援)」 ※ニコイチ改造

連載記事『地名を名に持つ船とその場所のエピソード 艦船諸国漫遊記 Vol.19』
『日本海軍 水上機母艦 瑞穂』アオシマ 1/700

連載記事『モデリングJASDF 257回 イタレリ1/48 H-21を作る1』
『H-21 ショウニー “フライングバナナ”』イタレリ 1/48

特別記事
「日産スカイライン GT-R (BNR32) 1989」アイドロン 1/48 ※完成品の紹介記事

特別記事
『「矢萩登」の海面製作術 〜海面編〜』

NEW KIT REVIEW
『ハンドレページ・ヴィクター B Mk.2』エアフィックス 1/72
『メルセデス AMG GT』ドイツレベル 1/24
『スホーイ Su-17M3/M4 フィッター』キティホーク 1/48
『イギリス歩兵戦車 バレンタインMk.Ⅱ/Ⅳ』タミヤ 1/48 ※ジオラマ作品
■『日立建機 油圧ショベル ZAXIS135US』ハセガワ 1/35 ※ジオラマ作品

連載記事『LED大作戦 VOL.20』
『スーパーマリン スピットファイアMk.Ⅰ』タミヤ 1/48

連載記事『日本機大図鑑 連載第146回』
「96艦戦の主脚とエナーシャハンドル」

連載記事『北澤志朗のネオヒストリックガレージ 連載第84回』
『三菱パジェロ・スポーツオプション』タミヤ 1/24

連載記事『FOLLOW YOUR HEART 第38回』
■『PLaMAX JG-02 ジプシー・デンジャー』マックスファクトリー 1/350

連載記事『でものはつものうごくもの』
『日産 GT-R GReddy 35RX SPEC-D』タカラトミー 「ドリフトパッケージナノ」

連載記事『ジオラマ大作戦 NO.13 一つで2度楽しめるジオラマを作る(1)』
『ドイツ重戦車 キングタイガー ヘンシェル砲塔』MENGMODEL 1/35 ※ジオラマ作品



 次号の特集は「ハウツーペイント エアモデル 〜最新鋭機編〜 (仮題)」。


関連記事
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)