花輪和一『護法童子』

 花輪和一『護法童子〈1〉』双葉社 1985 アクションコミックス
 花輪和一『護法童子〈2〉』双葉社 1986 アクションコミックス

 日本の推理小説には三大奇書と呼ばれる作品がある。小栗虫太郎の『黒死館殺人事件』、夢野久作の『ドグラ・マグラ』、中井英夫の『虚無への供物』がそれで、どれもアンチ・ミステリーであるという共通点がある。「奇書」、『広辞苑』で引いてみると「珍しい文書・書籍。奇紀」というあっさりした記述。中国では単に「面白い書物、優れた書物」という意味の言葉らしいが、Wikipediaによると日本の推理小説における奇書には「実験性、幻惑性などに重きをおいた」ニュアンスがあるという。もちろん実験性と幻惑性だけでは「奇書」とはなり得ない。それだけならトンデモ本である。調子に乗ってうっかり読み始めた中学生を何度も挫折させ、どうにか読み終えても「……今日、学校やめとくわ」って気分にさせる、そんな圧倒的なWTF感。それこそが奇書の奇書たる所以だと思う。それから長期的に毀誉褒貶の評価にさらされながら、カルト的な支持を得続けていること。自分は読むジャンルが偏っているからアレだけど、あらゆるジャンルにおいて奇書と呼ばれる本が存在しているのだろう。例えば宮沢賢治の『春と修羅』あたりは確実にこれ奇書だろ! って感じなんだけど、そう呼ばれてたかどうかは知らない。

 花輪和一は出す本が片っ端から奇書オーラ(特濃)を纏っているという稀有なマンガ家である。読むジャンルも狭く、また読んだ作品数も普通にマンガ読むよって人と比べて確実に少ない自分から見ても、この人の筆力(ペン力?)は尋常じゃない。国宝『信貴山縁起絵巻』にインスパイアされたという『護法童子』は、そんな著者の代表作の一つだ。
 中世の世界を旅する男の子と女の子。一見ブサイクな双子にしか見えない二人だが、ひとたびウルトラマンA(またはガ・キーン、アイゼンボーグ)のように合体すれば、護法童子と化して天を駆け、様々な神通力を振るうことができるのだ。二人は旅の道すがら、いい加減に関わりあった人々を適当に救ったり救わなかったりしつつ、奈良の信貴山へと向かう。ロードームービー、もしくは道行といった感じの物語である。
 二人が関わる人々は概ね家族の絆という強烈な呪縛の中で苦しみ悶えている。著者の幼児体験が反映されているのかなと思う。ど変態な責め苦を受ける清らかな少女には多くの場合救いがもたらされ、責め手は酷たらしい死を遂げたり、奇怪に変形したり、狂ったりする。これが各話の黄金パターンなのだが、勧善懲悪ではなく因果応報の物語なので主人公が全く活躍しない話もある。作画は相変わらず極上、というかノリに乗っている感じ。本作は著者にとって初めての連載だったのだそうだ。夕空に梵字が浮かび、魑魅魍魎が跋扈し、美少女がおぞましい仕打ちに耐える、清濁がごちゃまぜとなった平安の世界が見事に描き出されている。今回は特に何話目が……って感じで書くのはやめとこうと思う。全ての話がとにかくすごくて、まさに圧倒的なWTF感。

 この双葉社から出てた全2巻の本は、少々痛みやすいのが玉にキズだけど、著者が「美しく立派な本に造っていただいた」(「あとがき」より)という通りの美しい本で、カラーページも非常に充実している。2009年にぶんか社から復刊された際に全1巻にまとめられ装丁が変わってしまったが、それでも気軽に読めるようになったのはよかった。



『護法童子 巻之(一)』
 双葉社 1985 アクションコミックス
 著者:花輪和一

 ISBN-13:
 ISBN-10:

『護法童子 巻之(二)』
 双葉社 1986 アクションコミックス
 著者:花輪和一

 ISBN-13:978-4-5759-3066-5
 ISBN-10:4-5759-3066-0


 こちらはぶんか社版で全1巻。カラーページもしっかり収録されている↓

 

 花輪和一『護法童子』ぶんか社 2009


関連記事
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)