H・P・ラヴクラフト『彼方より』

 

 H・P・ラヴクラフト(Howard Phillips Lovecraft)著, 大瀧啓裕訳『彼方より』(“From Beyond”『ラヴクラフト全集〈4〉』東京創元社 1985 創元推理文庫 所収)

 先日の『冷気』に続いて『ラヴクラフト全集〈4〉』から、これまたマッド・サイエンティストもの。『宇宙からの色』→『眠りの壁の彼方』→「アーサー・ジャーミン」→『冷気』→『彼方より』→『ピックマンのモデル』→『狂気の山脈にて』という順で収録されている。何気にすごいラインナップだ。

 仲違いして以来、二ヶ月半ぶりに親友「ティリンギャースト」の姿を見て主人公は驚愕した。逞しかったはずの彼は、見る影もなく痩せさらばえ、醜く変貌していたのだ。科学と哲学の学徒だったティリンギャーストは、憑かれたようにある研究に取り組んでいた。主人公との仲違いは、成功しつつあるその研究を巡って生じたものであった。
 ティリンギャーストの研究、それは特殊な装置で人の感覚器官に働きかけ、眠っている無数の感覚を強制的に覚醒させるという試みだった。それによって人は、不可知だったものを知覚し、時間、空間、次元を重ねあわせ、創造の根底を覗き見ることができるというのだ。
 彼の屋敷からは使用人たちが一人残らず姿を消していた。そして屋根裏の研究室では、あの機械が病的なすみれ色の光を放っている。ティリンギャーストは機械のそばに腰を下ろし、スイッチに手を伸ばした。

 巻末の「作品解題」には「ラヴクラフトの作品にしてはいささかものたらなさを感じざるをえない。(中略) 本篇の功績はロングの『ティンダロスの猟犬』に大きな影響をあたえたことにある」(p330)なんて書かれている。確かにストーリーもなにもあったもんじゃないし、大半は目覚めた器官が感知する「彼方より」の何者かの描写に占められていて、しかもそれがカオスすぎるために、短い作品にも関わらず何がなんだかよく分からない感じになってしまっている。とんでもないものが見えてるらしいのだけれど、漠然としていて今ひとつピンとこない。ちょっとメモっぽい? とも思う。それでも科学と哲学に対する「探求に失敗した場合は絶望を、成功した場合は、言いようもなく想像もつかない恐怖をもたらす」(p108)というくだりには、著者の思想の一端が垣間見えるようで興味深いし、なによりアトラクション性の高い、お化け屋敷っぽい作品はもともと大好物。マッケンの『パンの大神』(“The Great God Pan” 特殊な脳手術を受けた女性が神と交感する)を彷彿とさせる「感覚器官をいじって見えないものを見る」というアイデアも楽しい。このアイデアのバリエーションは、現在も様々なジャンルの作品に見ることができる。頭部穿孔コミック『ホムンクルス』、そのネタ元のドキュメンタリー映画『ア・ホール・イン・ザ・ヘッド』(1998)、高橋洋監督の『恐怖』(2010)などなど。
 映画といえば、この作品も『ZOMBIO/死霊のしたたり』(1985)のスチュアート・ゴードンによって『フロム・ビヨンド』(1986)というタイトルで映画化されている。エンパイアピクチャーズのハチャメチャな作品群にあって、輪をかけてハチャメチャな素晴らしい作品だった。


関連記事
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

コメント

No title
ケヴィン・ソリング監督のトンデモ系ドキュメンタリー『ア・ホール・イン・ザ・ヘッド』を見ると、トレパネーションを自己施術された方々は噴き出る血のことなど後先考えずにドリルでグリグリしちゃってますよね。
セルフ堕胎する前に部屋中をビニールで覆った『喰女』の柴咲コウは、その分常識がありました。

昔はメカの武器といえばドリルでしたが、最近は「見たか変幻」な武器は人気が無いようです。

『ア・ホール~』に話を戻すと、彼らはみな何かの使命感に急き立てられるように「頭蓋骨に穴を開けたら脳髄に血が集まって解放よ♥」なんて啓蒙活動しちゃってますね。
彼(彼女)たちは天使になりそこねたペテン師たちに見えます。

天使に「ペ」がついたらペテン師。
すみません。
許してください。
もう言いません。
Re: No title
>>水引さん

いえいえ、どんどん言っちゃってください、ご馳走様です。
にしても『ア・ホール・イン・ザ・ヘッド』は色々面白い作品ですよね。
実際に穴開けちゃってるんですが、開けてない「心霊治療」の映像に近い肌触りというか、手応えがあります。
さすがに都市伝説でもゴーストより、シリアルキラーが(貞子とジェイソンでもOK)出てくるお国柄なだけあって
オカルトが肉々してますよね。開けちゃった人も変になってるし。あれはヤバい。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)