『シン・ゴジラ』について

2 Comments
serpent sea
 ギターやってる風の親戚の兄ちゃんっていうと、誰しも一人や二人は思い当たる人物がいるかと思う。俺がそうだったよって人もいるに違いない。それらしいポスターが壁にべたべた貼られた部屋に遊びに行くと、ギターは触らせてくれないが、スモーク・オン・ザ・ウォーターの最初のところだけ弾いてくれる、そんな人。初めて「あのゴジラ」を見たのは、そんな兄ちゃんの部屋でたまたま発見した雑誌の表紙だった。燃え上がる真っ赤な都市を背景に、電車を咥えた巨大な怪物が仁王立ちしている。一見、写真なのか、絵なのか分からない。しかし悪夢のような怖ろしい絵面だ。どう見てもゴジラなんだけど、それまで児童書などで親しんできた愛嬌のあるゴジラとは全く異なっていた。
 自分は昭和平成のゴジラ映画を劇場で見たことがない(ハリウッド版は見た)。というかつい最近まで大半の作品をマトモに見たことさえなかった。ただゴジラ映画とは関係なく香山滋の作品には接していたし、あの表紙のゴジラの強烈な印象はずっと心に焼き付いていた。

 親戚の兄ちゃんの部屋にあった雑誌は『日本版 スターログ 1983年10月号』、表紙の画像は『ゴジラ』(1954 初代ゴジラ)のスチール写真に着色したものだった。あの異形のゴジラは着ぐるみの検討用として造られた立体物で、ファンの間では「ひな形ゴジラ」と呼ばれている。必要に応じて画像に修正や合成など色々手を加えられ、当時様々な宣伝媒体で用いられたらしい。手元にある資料本『大ゴジラ図鑑』には、その製作の過程が詳しく掲載されていて、初代ゴジラが原爆のキノコ雲をモチーフにデザインされていたことがよく分かる。左右に大きく張り出した頭部にごく小さい目、明らかに人の入ってないフォルムを古木の樹皮のような激しい凸凹がうねりながら覆っている。自分はこの奇怪なバランスの「ひな形ゴジラ」が大好きなのだ。「シン・ゴジラ」は正しくこのゴジラ最初期のコンセプトに立ち返ってデザインされたのだろう。二つ目の予告編にその威容が映し出されたとき、あれ、これってあのゴジラじゃね?? って感じた人は、自分の他にも少なからずいたと信じている。本編で頭部に集中砲火を浴びて爆煙に包まれる様子は、まさに都市を直撃した原子爆弾のキノコ雲そのものって感じで、パンフレットの表紙の画像からも立ちのぼるキノコ雲っぽいニュアンスを感じることができる。↓ 爆煙のようにも、ケロイドのようにも、ワニの表皮のようにも見える体表の表現が素晴らしい。

2016080601.jpg

 というわけで『シン・ゴジラ』見てきました! いやーまじでよかった。先日書いたように、やっぱあのゴジラのデザインを採用したスタッフに間違いはなかった。自分はこの手の映画に強いメッセージ性なんていらないと思ってるんだけど、ゴジラに関しては成り立ちからしてそういうものとは不可分。『シン・ゴジラ』は真顔で言ったら胡散臭くなりそうなそんなお題目を、わくわくするようなビジュアルで見せてくれる作品だった(だからこそ唯一これ必要なかったのでは? と感じたのは石原さとみのキャラ……ではなくて、半減期の特殊な核物質の設定だった)。作品の印象はまじで「会議とゴジラ」。それと陸自のヘリ(もうすぐアオシマから発売されるOH-1もちらっと登場)のかっこいいこと。芹沢博士的なキャラがいないことに一抹の寂しさを感じたが、リアル日本が歩んできたのは確かにそういう道だ。
 最初のうちはなんじゃこりゃって笑って見ていたのだけど、どんどんそんな風にはしていられなくなった。とんでもない惨状ととんでもない戦術に唖然とすると同時に、日本人が捨て身になれば、ここまでやれるって感じがたまらなかった。

 ネット上では公開前からゴジラのデザインがイマイチじゃねって話がちらほらあったのは知っているが、できるだけネタバレを避けてたこともあって(実はまだパンフも未開封)、公開から一週間経ったこの作品がどんな風に評価されてるのかはわからない。劇場内の立て看板? を見たお子様が怯えて騒いでたので、小さい子供には怖すぎるかもしれないけど、中学生以上ならきっと楽しめると思う。ヘリ好きの人にも、そうでない人にもおすすめです。

関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 2

There are no comments yet.
serpent sea  
Re: おじゃまします。

>>軍曹亭! さん
そういう人でしたか! うちの従兄弟は、思い返すとバンドやってたかどうかも不明で、
実力のほども全く定かではなかったのですが、年少者から見るとめっちゃかっこいいキャラでした
ギターの種類ばっかり教えてくれたりするんですよ。

「シン・ゴジラ」はきっと気に入られると思います。感想楽しみにしてます。
コメントありがとうございました!

2016/08/07 (Sun) 22:57 | EDIT | REPLY |   
軍曹亭!  
おじゃまします。

ギターやってる風の・・・
まさに私がそうでした(笑)スモーク・オン・ザ・ウォーターじゃなくオジーオズボーンの「クレージー・トレイン」のイントロでしたけど。

「シン・ゴジラ」盆休みに観に行く予定です。
周りのみんなが良かったよって言っているので期待がふくらみます。
ではまた〜!

2016/08/07 (Sun) 06:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  あの唇ですべてを許そうではないか
  • 少々出遅れてしまったが先週8/2火曜日の最終上映で「シン・ゴジラ」を見てきた。 普段から普通の人以上にカイジューだトクサツだと喧しい私が初日(7/29)に行けなかったのは残念としか言いようがないのだけど、結果的にはまあまあ良い席でゆっくり見ることが出来たので良かったなとは思っている(しかも当日は妻を伴って人生初の「夫婦50歳割引」を適用しての初鑑賞。これがシンゴジになったのはなん...
  • 2016.08.10 (Wed) 08:29 | You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて