ARIA (アリア) 2016年 09月号 いなだ詩穂著, 小野不由美原作『悪夢の棲む家 ゴーストハント』最終回

0 Comments
serpent sea
 

 いなだ詩穂著, 小野不由美原作『悪夢の棲む家 ゴーストハント』最終回

 - エピローグ -

 帰宅途中、広田は電車の中でたまたま麻衣を見かける。あの事件からどのくらい経ったのかは分からない。一週間やそこらではなさそうだ。依頼者は結局、あの家から引っ越してしまったらしい。
 平日のかなり遅い時間である。これからバイトに行くという麻衣を、半ば強引にオフィスまで送るという広田。道すがら二人は何気ない言葉をかわす。いかがわしいバイトのこと、そしてこの世に残った死者の思いのこと。そんなことを話しているうちに、広田は麻衣の心に触れる。「あたし何もできないけど、可哀想にって言ってあげたい。あなたが辛くて、あたしも辛いよって、せめてそう言ってあげたいの」
 短い別れの言葉を告げて駆けていく麻衣。夜を迎えた渋谷の街には人が溢れている。

 2012年9月号から4年にわたる連載が終了した。
 このエピローグの登場人物は二人だけ。雑踏の中で交わされる、何気なくて少しぎこちなくて、ムズムズするような二人のトークの流れが素晴らしい。これまで小野不由美の原作小説には触れてこなかったが、最後なので少し書いておくと、このコミカライズ版では原作から大小様々な変更点がある。大きなところではキャラが削られていたり、小さいところではセリフが整理されていたり。ここの広田と麻衣の会話も原作ではもう少し長くて、麻衣のちょっと小悪魔的で世話焼きな性格が発動しているのだが、本作ではそのあたりを思い切って削って、麻衣の優しさと純粋さに焦点を当てている。もちろん肝心なところは削られてないのだけれど、おかげで麻衣の可愛さが何割増しかになっている。

 それにしてもこのしんどい内容の作品に、4年間も向き合っていた著者はさぞかし大変だったろうと思う。おかげで最良のコミカライズを4年間も楽しむことができた。このエピローグの冒頭、広田が車内の麻衣を見つける数コマ。他の乗客に埋もれるように立つ麻衣の姿を斜め後ろから捉えた、なんてことはない絵面のコマなんだけど、読者を作品に引き込む力はハンパない。こうしたシーンを見ることができるのがコミカライズの醍醐味だと思う。

 というわけで「ゴーストハント」関連、次からはリライト版を頭からか、本作の原作のどっちかの感想を書く予定。いやその前に本作のコミックス第3巻か。『悪夢の棲む家 ゴーストハント』シリーズ完結第3巻は10月7日発売。


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply