黒沼健『恐怖と戦慄物語』

0 Comments
serpent sea
 黒沼健『恐怖と戦慄物語』新潮社 1971 異色読物シリーズ

 今朝、NHKをぼやーっと見てたら「ホモ・フローレシエンシス」(Homo floresiensis)のニュースが始まった。なんでも2014年に発見された骨と歯の化石の研究成果が、イギリスの科学誌『Nature』に掲載されたらしい。調査にあたっていたのは日本の国立科学博物館と、オーストラリア及びインドネシアの研究機関の共同チーム。前にどこかの記事で「~ホモ・フローレシエンシスの研究はちっとも進んでない。続報が無さすぎてイライラする」的なことを書いたけど、自分が深夜アニメとか見てる間にも、研究はコツコツと進められていたのだ。反省。
 ホモ・フローレシエンシスは1万8000年前まで、インドネシアのフローレス島に生息していたとされる新種の原人である。その身長は1メートルほど。極めて小型の種だったようだ。研究チームによると研究対象となった化石は、これまでに見つかったものより遥かに古い約70万年前のもので、100万年前にジャワ島からフローレス島に移り住んだ「ジャワ原人」が、30万年かけて小型化したのではないかとのこと。
 10年ほど前にこの小型人類の存在が明らかになったとき、多くのUMAファンはこう思ったに違いない。
「……これ、オラン・ペンデクじゃね? 」

 これまでに何度か書いてきたので繰り返しになってしまうが、「オラン・ペンデク」はインドネシアのスマトラ島に実在するとされる小さな獣人型(イエティとか)のUMAである。目撃例は数多く、実在する可能性が高いとされている。今回の研究ではジャワ島→フローレス島の移動が可能だったことが示され、古代の人類は海を渡れなかったという通説が覆されることになった。てことはスマトラ島、ジャワ島、フローレス島は、古代の人類にとって充分に移動できる範囲にあるってことで、……やっぱこれ、オラン・ペンデクじゃね??

 というわけで秘境と七不思議のオーソリティー、黒沼健の『恐怖と戦慄物語』について。初めてオラン・ペンデクを知ったのは黒沼健の本だった……なんて書ければ、上の方のマクラも多少生かせそうなものなんだけど、残念ながらすっかり忘れてしまっている(多分、香山滋か黒沼健のどっちか)。ただもともと家にあった黒沼健の本には、どれを見てもUMAについてのエッセイが収録されていて、もうちょっと難しいの読んでみたいぜ! って年頃の子供には古くても貴重な情報源だった。
 もちろんUMAの話はこの本にもばっちり収録されている。内容は「恐怖と戦慄の話」「沈黙の秘境」「怪奇の物語」「予言と予知と予測」の四つの章に、全26話の怪奇エッセイを収録。UMA関連の「アラスカにあらわれた中生代の怪物」「ネス湖の怪物」「モラー湖にも怪物」の3編は、UFOの話と一緒に「怪奇の物語」にまとめられている。

「アラスカにあらわれた中生代の怪物」は1969年、アラスカのシェリコフ海峡で操業していた漁船ミラーク号が、魚群探知機で怪物をキャッチしたという話。ページの大半は画像をプリントアウトできる特殊な探知機の解説で占められている。このソナーが捉えた海中の怪物はシーサーペントタイプのUMAで、体長は45メートル以上。かなり分かり辛いが、プリントアウトされた画像も掲載されている。
「ネス湖の怪物」「モラー湖にも怪物」はともにイギリスのスコットランドの湖の怪物だ。ややマイナーなモラー湖の「モラーグ」(本書では「モラグ」と表記)はともかく、「ネッシー」はこのシリーズでも散々既出。それでも1950年代の後半から1970年代に行われた複数の科学調査を中心に、既刊本とできるだけ情報が重複しないような工夫がされている。また同じ章の「実在する空飛ぶ円盤」では、著者自身のUFO目撃談が図入りで紹介されている。結構がっつり目撃しているのが面白い。

 本書は新潮社から出てた「異色読物シリーズ」(あとがきには「怪奇シリーズ」とある)の15冊目。判型に変化はないが、カバーと本体が別々になった。カバーのイラスト・装幀は宇野亜喜良、挿絵は山本甚作。巻末には著者による「あとがき」があって、長きにわたるこのジャンルとの関わりを回顧している。シリーズでは新しめの本なので入手しやすい。

 ※雑誌『Nature』のサイトです↓「古人類学:フローレス原人の第2の遺跡」
 http://www.natureasia.com/ja-jp/



『恐怖と戦慄物語』
 新潮社 1971 異色読物シリーズ(巻末のリストによる)/怪奇シリーズ(著者のあとがきによる)
 著者:黒沼健

 ISBN-13:-
 ISBN-10:-


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply