『ほんとにあった怖い話〈14〉読者の恐怖体験談集』

0 Comments
serpent sea
ほんとにあった怖い話〈14〉読者の恐怖体験談集』朝日ソノラマ 1991 ハロウィン少女コミック館

 このアンソロジーは1989年の第1巻から1991年の第14巻まで、たった3年というハイペースで刊行されている(全30巻です)。各巻ごとの印象はわりとバラバラなんだけど、たまに既視感が強く感じられる巻がある。初期の頃のように学校の怪談がメインで短い話が多いからか、この第14巻もそんな一冊だった。

 久々に第1巻から通して読んでみると、多少なりとも流行の盛衰が感じられるのが面白かった。その筆頭はもちろん「コックリさん」である。1冊まるまるコックリさん回があるかと思えば、しばらく音沙汰がなくて、やがて忘れた頃に名前を変えて復活する。実に根強い。
 コックリさんの異名は数多く「エンゼルさま」「守護霊さま」「キューピットさま」など様々だか、この第14巻では「星の王子さま」なんて呼ばれている。上記の3例はスピリチュアルな存在ってことで何となく分かるけど、「星の王子さま」は一体どんな理由で採用されたのだろう。「花の王子さま」なんてファンシーな異名もあるし、単におどろおどろしさから遠ざかれば何でも良かったのか。それとも「アマツキツネ」からの転化……なんてことはまず無いか。
 その「星の王子さま」が出てくるのは「第二話 凝視(みつ)める目」で、ここでは降霊アイテムとしてポピュラーなコインと五十音の書かれた紙に代わって、シャーペンと白紙が用いられている。めっちゃお手軽だが、憑依されて無意識に墓場を訪れたり、溶け出した地面から無数の手が現れたりと、生じる怪異はかなり強烈だ。学校を取り巻く地勢に問題があったかも……という解釈も面白い。

「第六話 何かがそこにいる」は木造の旧校舎のトイレ(チェーンで厳重に封じられている)に幽霊が出るという、『ゴーストハント』の「旧校舎怪談」を地で行くようなエピソードだった。先生が話した「いわく」が劇中に組み込まれていて、そこが一番の恐怖ポイントになっている。
 下記のリストの通りこの巻は学校の怪談がメインとなっているが、これまでとは著しく異なる点がある。それはピンチの体験者が自らを守護してくれるモノの存在を明確に意識しているところだ。時に守護者はショートカットの美しい少女や、天使、発光体などの姿で少女たちの前に顕現し、彼女たちを救う。案外コックリさんの異名の数々を生み出した思いは、この何となくファンシーでご都合な守護者を希求する心理と同根だったのかもしれない。



『空白の時間 他』画・山口夏実 ’91『ハロウィン』増刊『ほんとにあった怖い話』VOL.14、VOL.15 掲載
 「第一話 空白の時間 〜私の臨死体験〜」投稿者・北海道 匿名希望さん ※病院の怪談・臨死体験
 「第二話 凝視(みつ)める目」投稿者・滋賀県 中原智子さん ※学校の怪談・コックリさん

『真夜中の奇跡 他』画・みの瑞穂 ’91『ハロウィン』増刊『ほんとにあった怖い話』VOL.14、VOL.15、’91『ハロウィン』3月号 掲載
 「第三話 真夜中の奇跡」投稿者・福岡県 匿名希望さん ※病院の怪談
 「第四話 トンネルの中で……」投稿者・東京都 松竹梅さん ※路上の怪
 「第五話 迷える少女」投稿者・埼玉県 亀山裕代さん ※学校の怪談

『第六話 何かがそこにいる』投稿者・埼玉県 笹田利恵さん(仮名) 画・市川みなみ ’91『ハロウィン』増刊『ほんとにあった怖い話』VOL.14 掲載 ※学校の怪談

『真夜中の影 他』画・ひとみ翔 ’91『ハロウィン』増刊『ほんとにあった怖い話』VOL.14、’91『ハロウィン』1月号 掲載
 「第七話 真夜中の影」投稿者・静岡県 匿名希望さん
 「第八話 亡者の演奏」投稿者・静岡県 福島永子さん ※学校の怪談

『第九話 闇からの歌声』画・谷ゆたか ’91『ハロウィン』増刊『ほんとにあった怖い話』VOL.14 掲載
 「その1 亡霊合唱団」投稿者・大阪府 M・Mさん ※学校の怪談
 「その2 追悼式」投稿者・大阪府 匿名希望さん ※学校の怪談

『迷い出る者たち 他』画・黒田祐乎 ’91『ハロウィン』増刊『ほんとにあった怖い話』VOL.13、VOL.14 掲載
 「第十話 迷い出る者たち」投稿者・兵庫県 匿名希望さん ※蛇
 「第十一話 神隠しの校舎」投稿者・静岡県 杉山明子さん(仮名) ※学校の怪談

「※印」は各話の簡単な分類。サブタイからは内容がよく分からない話などに適当につけた。投稿者名の敬称については作中の表記通り。

 ※参考↓ 美堀真利『コックリさんの不思議』
 http://serpentsea.blog.fc2.com/blog-entry-380.html



『ほんとにあった怖い話〈14〉読者の恐怖体験談集』
 朝日ソノラマ 1991 ハロウィン少女コミック館
 著者:山口夏実

 ISBN-13:978-4-2579-8183-1
 ISBN-10:4-2579-8183-0


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply