いけ『ねこむすめ道草日記〈14〉』

0 Comments
serpent sea
 

 いけ『ねこむすめ道草日記〈14〉』徳間書店 2016 リュウコミックス

 ここ数巻、年に一冊のペースで刊行されてる『ねこむすめ道草日記』の新刊が出た。今回は第80話〜第86話+おまけを収録。相変わらずのまったり進行だが、今回少し変わってるのは4話連続、計100ページの長編が収録されていること。巻末のおまけでも言及されているが、続き物としてはこれまでで最長だ。ストーリーは「黒菜」が拾った子猫を里親の元に送り出すまでを描いたシンプルなものだが、途中黒菜の過去話が挿入されてたりして奥行きのある作品となっている。実は黒菜も元々捨て猫だったのだ。また後半ではネコ勢力の拡大を阻止するために暗躍する「化け鼠」を登場させて変化をつけている。これまでにも数話続きの話はあったのだが、どうも普段とノリが違いすぎていて印象がよくなかった。それが今回の4話は普段のノリを維持したまま、読者を飽きさせないような工夫がされている。黒菜が自分の捨て猫としての過去をあまり悲劇的に捉えてなかったり、子猫たちのと別れも結構あっさりとしていて、ウェットになってないのも良かった。「コックリさん」が全然出てこなかったのは寂しいが、「女郎蜘蛛」株は爆上げ。

 メインの4話の他の3話では、いつにも増して何もない妖怪の日常が描かれているが、面白かったのは「第81話 読者の顔が知りたくて道草」。『ねこむすめよりみち日記』なる妖怪マンガの著者が、作品の掲載されている雑誌の読者を一目見ようと本屋をうろつく話だ。「そもそも描いてる自分自身でも、自分の漫画の読者層をよくわかっていない」とか「そもそも世間的には面白いと思われているんだろうか…」(p.33) なんて言ってるのが面白い。著者の思いがだだ漏れだ。この『ねこむすめ道草日記』が載ってるのは『月刊COMICリュウ』って雑誌で、「ねこむすめ〜」の他にもずっと買ってる『セントールの悩み』や『モンスター娘のいる日常』など、ややマイナーな趣味の作品が掲載されている。考えてみれば同じ雑誌に載ってる複数の作品のコミックを買うのって初めてかもしれない。それなのに実はまだ一度も店頭で『月刊COMICリュウ』を見たことがない(なので以前雑誌が休刊になった時も知らなかった)。もしかしてうちの近所の本屋には置いてないか、もしかしてもしかするとあっという間に売れちゃってるのかもしれない。近所に川がないからカッパが買ってるってことはなさそうだけど。



『ねこむすめ道草日記〈14〉』
 徳間書店 2016 リュウコミックス
 著者:いけ

 ISBN-13:978-4-1995-0509-6
 ISBN-10:4-1995-0509-1


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply