佐藤有文『世界妖怪図鑑 復刻版』

3 Comments
serpent sea
2016052101.jpg

 佐藤有文『世界妖怪図鑑 復刻版』復刊ドットコム 2016

 版権やなんか大丈夫なのかなーという心配をよそに、いよいよシリーズ屈指の人気を誇る一冊が復刻された。ジャガーバックスの『世界妖怪図鑑』である。本の概要は前に「『世界妖怪図鑑 復刻版』について」(←前の記事へのリンクです)って記事で書いたのでここでは割愛するが、今回はようやく原書と復刻本を比較することができた。

 上の画像の黄色い帯の付いてる方が復刻版。復刻版のカバーのカラー印刷は、元の本と比較して彩度が高くコントラストが強い。キリッとして見栄えがいい反面、暗い部分が少し潰れてしまっている。これが復刻の過程でこうなったのか、元になった本がこうだったかは不明。他に目立った違いは、復刻版の方が5mmほど背が高く(判型が違うのかな??)、背表紙のデザインもジャガーのマークの所が微妙に異なっている。もともと長期間販売されていた本だから、時期によって印刷や製本に差異が生じていた可能性は大いにある。
 中身の方はまだしっかりと比較できてないが、ぱっと見た感じ復刻版はシャープでくっきり。文字も読みやすい。紙質自体が良くなっているようだ。原書の紙質はもっとぼわっとした手触り。内容についてはざっと見た限り、特に変更された様子はない。禍々しいモノがみっしり詰め込まれた感は昔のままだ。

 それから画像の上の方に写ってる四角いのが、今回オマケに付いてきた「オリジナル妖怪ピンバッヂ」。表紙をそのまま小さくしたデザインだ。ちっこいけれどこれまでのオマケの中で一番嬉しかった。

 ※下の「続きを読む」より中身を少しだけ紹介します↓


2016052102.jpg

「悪魔サタン」
 怖い挿絵の偉い人、柳柊二による「サタン」とその妻「リリス」。独特の艶かしさを持った人体部分の描写が、何とも言えない怖ろしさを醸し出している。嫌な感じで爬虫類が混ざったリリスがかっこええ。
 このページのキャプションをはじめ、本書の解説は大半が「独自解釈」というか、感嘆するほどのオレ設定てんこ盛りなのでマジなツッコミは禁物。

2016052103.jpg

「蛇女ゴーゴン」
 もう一人の怖い絵の偉い人、石原豪人による「ゴーゴン」。ハマーのゴーゴンを踏襲したデザインだが、襲われてる男の必死の形相が素晴らしい。めっちゃ手遅れだけど必死。

2016052104.jpg

「影くらい」
「さかさ男」と並んで帯でも大々的に取り上げられている本書の人気妖怪。一つ目のカッパみたいなのが「影くらい」だ。スペインの妖怪ってことで、襲われてる女性もそれらしく描かれている。この妖怪、本書の他では見たことがない。元ネタは何だろう。バスクの妖怪か、それともオリジナルなのかな。すすり餅のように影を食らう姿には異様な説得力がある。

2016052105.jpg

「海の妖獣」
「大海蛇」を筆頭に海の怪物を紹介。古今の博物誌や絵画、新聞の挿絵などから膨大な「怪物っぽい」画像がピックアップされ、逐一それらしい解説が付けられている。妖怪、悪魔合わせて、その数は300体以上に上る。

2016052106.jpg

 第6章の「世界の超悪魔」では100体もの悪魔がカタログ化されていて、本書の大きなウリになっている。もちろん画像とキャプションはオレ設定満載なので、一生懸命覚えても他ではまず役に立たない。←これ昔の自分に教えてやりたい。

 現在も通用するどころか他に類を見ないこの本。本来対象とされていた年齢層の読者にも是非読んでもらいたいところだが、価格は元の10倍。子供たちが気軽に購入するには厳しい値段だなー。



『世界妖怪図鑑 復刻版』
 復刊ドットコム 2016
 著者:佐藤有文

 ISBN-13:978-4-8354-5356-9
 ISBN-10:4-8354-5356-5

「復刊ドットコム」の販売ページ↓
 http://www.fukkan.com/fk/CartSearchDetail?i_no=68324696

 

世界妖怪図鑑 復刻版』復刊ドットコム (←こっちはamazonへのリンクです)


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 3

There are no comments yet.
valid cvv2 number  

Can yoᥙ tell us more about tһis? I'd care to find oout more
details.

2019/10/10 (Thu) 18:09 | EDIT | REPLY |   
serpent sea  
Re: なつかしいです

>>しろくろshowさん
こんばんは!

同じシリーズで『日本妖怪図鑑』っていうのがありました。
自分の通ってた小学校の学級文庫(いらない本を持ってこれる)には、「〜のひみつ」シリーズとかと一緒に、
この二冊の本が並んでまして、長きにわたって読み倒されてグダグダになってました。

今考えると、あれも怖くて家に置いとけなかった人が持ってきたのかもしれないです。
以前はそういう持ってられない怖い本って結構ありましたよね。心霊写真の本とか。ほんと懐かしいです。

コメントありがとうございました!

2016/05/23 (Mon) 00:15 | EDIT | REPLY |   
しろくろshow  
なつかしいです

こんばんは。

この本めちゃめちゃ懐かしいです。子供の頃親に買ってもらって本棚に置いていたのですが、最初の数ヶ月は表紙がコワくてあんまり中を開けた記憶が無いんですけど、紹介していただいたいる写真を見るとどれもあー、やっぱり読んだことあるなーと色々思い出せて懐かしかったです(何十年も前に処分したことが今になって悔やまれます)

確か同じシリーズで「日本の妖怪」編もあったような気がするんですが・・・

2016/05/22 (Sun) 20:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply