スティーブン・キング『地下室の悪夢』

0 Comments
serpent sea
 

 スティーブン・キング(Stephen Edwin King)著, 高畠文夫訳『地下室の悪夢』(“Graveyard Shift”『ナイトシフト〈Ⅰ〉深夜勤務』扶桑社 1988 扶桑社ミステリー 所収)

 内容はタイトル通りの地下室の悪夢。厭世感をひしひしと漂わせた大学生の「ホール」は、大学には通わずにヒッチハイクをしつつ職を転々としている。最近では深夜の繊維工場で一人、繊維ほぐし機を担当している。待遇はちっとも良くはなかったが、意外にも彼はこの仕事が気に入っていた。孤独が性に合っているのだ。ただしネズミだけは別だ。工場の暑く埃っぽい環境が繁殖に適しているらしく、ネズミが工場のいたるところに出没する。やつらは図体がでかく、腹が膨らみ、凶暴な目付きをしている。
 そこで現場監督の「ウォーウィック」の立案で、工場の地下室の大掃除をすることになった。ホールは臨時収入に釣られた同僚たちと、地下室のガラクタを運び出し、高圧水でネコほどのサイズのネズミを駆除していった。地下室には吐き気を催すような汚水の悪臭が充満していて、作業環境は劣悪である。ネズミにかじられて負傷する者が出始め、作業が滞るたびにウォーウィックのヒステリックな罵声が飛ぶ。やがて数日間に及ぶ作業が終盤に差し掛かった頃、作業中の地下室の下に、もう一つ部屋があることが判明した。恐らくそこがネズミの巣窟になっているのだ。ホールはウォーウィックと共により暗い地下室へと降りていく。

 これよく映画化しようと思ったなーって思った。とにかく暗いし、暑苦しいし、キャラも地味だし、ものすごく不潔っぽいし。キングじゃなかったら、まず映画化なんて無理だろって作品だ。当然ハナからファミリー向けなんて狙ってないだろうけど、普通に映画にしてフックになりそうな要素が全然見当たらない。ところが、さすがというかなんというか、これがかなり面白いのである。ストーリーは工場に巣くったネズミVS人類に徹していて実にシンプルだ。余計なことを考える必要が全くないのが心地いい。異形っぽいネズミやコウモリも出てくるが、ブレることなく不潔っぽい攻防を描くことに終始している。この作品で特に素晴らしいのは主人公「ホール」のキャラクターだ。彼が最初にゆらっと抱いた現場監督「ウォーウィック」に対する執着(偏愛)が次第にベクトルを定め、どんどん膨らんでついに爆発するまでの過程が、どっちかというと大雑把なストーリーの中に繊細に織り込まれている。
 この作品が収録されている短編集の「はしがき」で、著者はB級SF・ホラー映画に対する思いを熱く、長々と語っている。いかにもB級映画にありそうなオチからして、きっと著者はノリノリでこの作品を書き上げたに違いない。

 映画の方はこの原作をぼやっとなぞりつつ、大きな改変や新たなキャラを加えて、最終的にクリーチャーとのバトル映画になった。繊維ほぐし機をトドメに用いて、一応伏線の回収をした所が印象に残っている。


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply