『POLICE SPINNER (ポリススピナー) 』フジミ 1/43 完成品

0 Comments
serpent sea
『POLICE SPINNER(ポリススピナー)』フジミ 1/43 完成品

 延期の末の発売未定から一転、急遽販売になった『POLICE SPINNER(ポリススピナー)』。こりゃ中止かなーなどと思ってただけに、嬉しいというより驚いてしまった。いや、しかしめでたい。なのでざっと紹介してみます。



 スピナー本体は1/43ミニカーでおなじみの、こんな感じのケースに入ってる。第一印象は「黒!」って感じだった。イメージしてたよりボディカラーがかなり暗い。

 ※画像が多くなってしまったので、続きは下の「Read more...」より。一応読書ブログなので、スピナーの関連本、TVC15『SPINNER DOKUHON FINAAL(スピナー読本 ファイナル)』も一緒に紹介しようと思う。いつもながら写真が下手なのはご容赦を。画像はすべてクリックすると大きくなります。



 かっこいい! 外形はかなりいい感じじゃないだろうか。ただし塗膜が最近の1/43ミニカーと比べてもでろっと厚くて、ディティールやエッジのフチが盛り上がってしまってる。この辺のシャープさの演出には、もう少し気を使って欲しかったところ。



 側面。やっぱかっこいい! 細かいアラがちょこちょこ目につくけど、実にスピナーな感じ。でも楕円型のウィンドウの仕上げの粗さは結構気になった。反対側はもっとひどいし。この辺の処理は一昔前(80年代くらい?)のSOLIDOとか、あのくらいのレベルってところ。もちろんダイキャスト製の量産品とは一概に比べられないとは思うけど……。
 通常のパネルラインと、幅のある溝の使い分けがされてないのも残念。



 斜め後ろから。スピナーの雰囲気がよく出ている。このお尻まわりはかなり似てると思う。ただ細かいところに関しては、コクピットより後方に問題が集中している。目立つところでは、上記の楕円形のウィンドウや、パトランプなど。パトランプのレール(細いギザギザのついたパーツ)も傾いて接着されてしまってるのが惜しい。単にまっすぐに接着すればいいだけで、予算の都合上、どうしても妥協するしかなかったって部分じゃないだろうし、もう少し注意して欲しかった。
 塗装は最初に書いた通り、暗すぎるような気がする。確かに劇中ではかなり暗い色合いで写ってたけど、「44」のデカールの影がせめてもう少し判別できる程度の明るさは欲しい。
 


 もっと後ろからと、パトランプ周辺。最初の無塗装状態の見本ではばっちりだったパトランプの向きが、塗装状態の見本ではすべて前後逆になってしまって、とうとう修正されないまま発売されてしまった。それとレイアウトがよく分からないので確かな話じゃないけど、パトランプの根元に並んでる四角いライトが一個足りないかも。左側の真ん中のやつ。同社のプラモデルのパッケージには描かれてるし、もちろんパーツも付いてる。基部に寂しげに穴があいてるので、もしかすると付け忘れたのかも知れない(厳密には右側中央の後ろ向きの四角いライトも省略されているようだ)。

 そんなわけで待望の1/43スピナー、色々書いたけど同スケールのミニカーと並べて飾れるのはやっぱり嬉しい。2シーターなのにかなりでかい。
 細かいところは色々あるけど、この商品に限らず、実際に飾って気になるのは、塗装色と透明パーツ、デカールの欠け、まっすぐに付くべきパーツが歪んで接着されてるところなど、資料を持ち出さなくても気付く部分だと思う。色味は好みにもよるから置いとくとして、ほかは個体差が出やすい部分なので、店頭で吟味できるという幸せな環境の人には、充分に確認してからの購入をおすすめする。うちのスピナーはデカールの欠け少々と、ウィンドウの内側に埃が入ってしまっていた。これ分解しないととれないよねぇ……。このスピナー、キット状態で販売する予定はないのかな。

 以下は本の紹介↓


 TVC15『SPINNER DOKUHON FINAAL(スピナー読本 ファイナル)』OFF-WORLD 1998



 タイトルの通り、ポリススピナーの資料本。後に頁数やオマケがどんと増えて刊行されたけど、これは1998年刊の全76ページのもの。これ以前には表紙がモノクロの本が出ていたように記憶している。



 アメリカのSF・ホラー映画専門誌『CINEFANTASTIQUE』からの関連記事の訳出からはじまって、「資料 - 実写スピナー」として、こんな感じで撮影に使用されたスピナーの画像が50枚近く掲載されている。モノクロのためやや見辛いところもあるけど、各部のディティールなど、貴重な画像が盛り沢山。アルファ・スピナーをはじめ、ほかの車両についても触れられている。撮影後のスピナーの行方を追った「その後のスピナー」は、読み物としてもおもしろい。



 その他、各種の図やマーキングの考証、グッズの紹介などなど。スピナーを中心に映画関連の広範な情報が掲載されている。一応、同人誌って括りなのかも知れないけど、趣味で作った本だからこその徹底ぶりで、本書以上のスピナー本があるとすれば、それは本書の増補改訂版に違いなく、実際そうなったようだ。


 

ポリス・スピナー』フジミ 1/43 完成品


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply