夢野久作『あやかしの鼓』

0 Comments
serpent sea
 夢野久作『あやかしの鼓』(『夢野久作全集〈1〉』 中島河太郎, 谷川健一編 三一書房 1969 所収)

 100年ほど前、名工によって作られた鼓には、一人の女性への強烈な思いが込められていた。裏切られた男が抱く激情、愛おしさや恨みつらみ、彼女の行く末の幸福を祈り、破滅を願う。そんな情念が込められた鼓は、いつしか「あやかしの鼓」と呼ばれ、幸福と災厄をもたらすと噂されるようになった。
 時代は下って大正。主人公は病床の父親から「あやかしの鼓」にまつわる因縁話を聞かされることになる。実はその鼓を製作したのは主人公の祖先であり、存在さえ定かでなかった鼓が実在し、あまつさえ父親はそれを実際に手にしたことがあるという。彼の父親もまた腕のいい鼓職人だったのだ。「お前はこれから後、忘れても鼓をいじってはいけないぞ」という父親の諫言も虚しく、主人公は鼓の魔に誘われるかのように因果の連鎖に取り込まれていく。

 呪われた「鼓」にまつわる因縁の物語。大正15年、雑誌『新青年』の懸賞に2等入賞した、作家「夢野久作」のデビュー作である。探偵小説好きの親族にアイデアを話して聞かせたところ、面白いから『新青年』に応募すべきと勧められて応募したらしい。それをきっかけに、澁澤龍彦をして「泉鏡花以来はじめて近代日本文学史上に現れた、真の幻想家的資質を備えた作家」(※)なんて言わしめる作家が爆誕したのだから面白い。親族の人GJだ。

 改めて読み返してみて驚かされるのは、この作品の夢野久作的完成度の高さだ。スタイルが完全に確立されていて、若書きっぽさを全く感じさせない(ついでに初々しさもない)。鼓の音が響き渡るような静謐さと、ほぼ狂ってる女のどす黒い情念の噴出、そのコントラストが美しい。混沌として虚実の掴み難い世界の中心に、呪いそのもののような鼓が静かな存在感を放っている。どこから見ても立派な怪奇小説なので、「探偵小説」らしいところ、殺人事件のくだりなどは少々余計なようにさえ感じられた。器物の呪いをモチーフにした作品として出色の一作である。
 江戸川乱歩はこの作品を評して「人間がちっとも書けてない」的なことを記しているが、『人間椅子』(←前の記事へのリンクです)のような傑作フェチ小説をものにした作家として、この鼓の妖しさについてはどんな風に感じたのだろうか。

 この作品には後に『ドグラ・マグラ』として結実する要素がすでにばっちり揃っている。遺伝する狂気、逃れ難い因縁、情念、変態性欲などなど。考えてみれば「親の因果が子に報い」式の話って、遡ればキリがないほど古典的なはず。にも関わらずこの作品は今も全く古さを感じさせない。不思議。


 ※澁澤龍彦『偏愛的作家論』青土社 1978 p.297


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply