ARIA (アリア) 2016年 03月号 いなだ詩穂著, 小野不由美原作『悪夢の棲む家 ゴーストハント』連載第19回

0 Comments
serpent sea
 

 いなだ詩穂著, 小野不由美原作『悪夢の棲む家 ゴーストハント』連載第19回

 前回から引き続き真っ暗な屋内で、隣の笹倉一家の猛攻を凌ぐナル&広田。ナルに降りかかる恐怖の刃 ⎯ あわやってタイミングで、超久々に麻衣の九字砲が炸裂する。さらに荒事ならこの人の、リンさんが合流。ルパン三世で五ェ門が出てきたみたいな、盤石の安心感だ(ぼーさんたちもひっそり合流)。屋内に侵入した笹倉一家を一通り掃討する。

 扉合わせて全15ページをフルに使ったPK、式神、九字砲が飛び交うトンデモバトル回だが、相変わらず真っ暗なこともあってすこぶる地味なのが「ゴーストハント」らしい。一般人なら軽々殺られるフィジカルレベルの笹倉一家をわりと容易く倒していくSPRの面々。それでも能力が絶妙にチューニングされているから、そんな無茶な……って気はしない。地味だけど。
 最後の最後でラスボスが登場していよいよクライマックスのクライマックス。しかしほんとにジリジリしか進まないなあ。

 ところで今月号で『すべてがFになる』がバタバタっと終了したかと思うと(全8話)、今度はなんと江戸川乱歩の長編『孤島の鬼』のコミカライズがスタートした(※)。『孤島の鬼』は乱歩の趣味と実益を兼ねた最高傑作って言われる作品だけど、確かに『ARIA』向きかも。


 ※雑誌『ARIA』サイト内『孤島の鬼』の作品紹介です→ http://aria-comic.jp/contents/list191.html


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply