香山滋『オラン・ペンデク後日譚』

0 Comments
serpent sea
 香山滋『オラン・ペンデク後日譚』(『香山滋全集〈1〉海鰻荘奇談』三一書房 1993 所収)

 著者のデビュー作『オラン・ペンデクの復讐』(←前の記事へのリンクです)の後日談にあたる本作は、前回殺害された「宮川博士」の娘で、博士を殺害した「オラン・ペンデク」の妻「宮川旗江」がヒロインをつとめる奇妙な海洋小説だ。劇中では前話から6年経っている。

 旗江は恩師から帆船信天翁(アルバトロス)号を借り受けスマトラを目指していた。目的は行方不明となった夫の探索である。乗組員はタガログと支那の男たち数人、旗江はただ一人の日本人で、女性であった。一つ奇妙なことがあった。それはこの帆船の管理人である「ヨハン・ヘイステル」が全く姿を現さないことだ。彼は船底の船室に閉じこもり、電話ですべての指示を行っているという。間もなくその奇妙な行動の理由が明らかになった。ヨハン・ヘイステルはかつてタガログの男たちの仲間を殺害しており、そのため彼らに姿を見られるわけにはいかなかったのだ。そして対面した旗江を驚かせたのは、彼が行方不明の夫「石上」と瓜二つであり、「モア」という美しいオラン・ペンデクの娘を船室に匿っていたことだった。夫とは双子だというが、旗江にはそれを信じることができなかった。やがてヨハン・ヘイステルの正体が乗組員たちに知れると、旗江たちは船室に立てこもることになった。船上ではタガログ土人が酒宴を張り、水も食料もない灼熱の船底で旗江たちは衰弱していく……。

 前話と同様、生物学的な語彙が全編に散りばめられた楽しい作品だった。今回はキャッチーなグロ描写がないこともあって、命に関わるような状況下でもヒリヒリするような緊張感というより、どことなく甘美で、絶妙にほのエロい空気が漂っている。オラン・ペンデクの「すべての男はヨハン・ヘイステル氏であり、すべての女はモアである」という設定も面白い。惜しむらくはモアのキャラが弱いところで、自我が薄いっぽいから仕方ない気もするが、もっと活躍してほしかった。「十歳前後の全裸の童女が机から椅子へ、窓から書棚へと、まるで白鼠のようにくるくる跳ね廻って遊んでいる」(p.184)なんて楽しいシーンはあるんだけど、ちょっと成長しただけで随分と物静かになってしまったのが惜しい。
 オチは前話を踏襲しているが、今度はもっと悲壮感が強い。手紙や回想で場面がポンポン切り替わるから、ずっと窮屈な船内の話でも退屈に感じることはなかった。

 前にも少し書いたけど「オラン・ペンデク」はスマトラに実在するとされる、かなりメジャーな獣人型UMAだ。ヒストリーチャンネルの『未確認モンスターを追え!』でも、わざわざ現地まで赴いて軽く調査をしていた。いつもの通り特に成果は得られなかったようだが、オラン・ペンデクには近年にも目撃例があり、現地では原住民の一種のように認識されているらしい。動物学者のベルナール・ユーヴェルマンスは著書『未知の動物を求めて』(“Sur la piste des bêtes ignorées”)の中で、この未確認生物を詳しく取り上げていて、「アトエ・パンダク」「アトエ・リンボ」「セダパ」「ヤオエ」などの多くの異名をはじめ、詳細な目撃談を紹介している。1923年に目撃されたオラン・ペンデク(♀)は、残念ながら本作に出てくるモアのように可憐な姿ではなかったようだが、明らかにサルではなく、目撃者に「撃てば人殺しになる」と思わせるだけのヒトらしい姿をしていたらしい。

 この『オラン・ペンデク後日譚』は前話が発表されの翌年の昭和23年、雑誌『宝石』に発表されている。翼竜や三葉虫などにも言及されていて、ロストワールドもののファンには嬉しい作品。


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply