ARIA (アリア) 2016年 01月号 いなだ詩穂著, 小野不由美原作『悪夢の棲む家 ゴーストハント』連載第18回

0 Comments
serpent sea
 

 いなだ詩穂著, 小野不由美原作『悪夢の棲む家 ゴーストハント』連載第18回

 うっかり忘れそうになったけど、定期購読してたおかげで助かった。雑誌の小口を見て最後の方にやけに黒いページが固まってたらそれがゴーストハント。今回も超黒々としてる。

 前回隣の笹倉一家の襲撃シーンで終わってたけど、今回は珍しく屋外からのスタート。といってもほんの3コマほどですぐに屋内のシーンになってしまうのだが。そして屋内は屋内でも笹倉邸の屋内である。ぼーさんたち一行が笹倉邸へ不法に侵入する。屋内は暗い。ゴミ袋がうず高く積み上げられ、すっかりゴミ屋敷みたいになってる。誰もいない。……誰もいないってことは!?
 事態のヤバさにぼーさんたちが気付く頃、依頼者の家では激しいバトルが始まっていた。

 いやー暗い。これもしアニメ化したらTV版『ToLOVEる』並に何やってんのか分からなくなりそう(『ToLOVEる』は真っ黒じゃなくて真っ白だけど)。しかし雰囲気は上々。心霊的な怖さじゃないけど、かなり怖い。暗闇の中のアクションの表現にもキレがある。何かに取り憑かれて「キエーッ!!」となるキャラはつのだ漫画で馴染み深いけど、笹倉一家には単に取り憑かれて操られてるのとは異なるヤバさが漂っている。想像以上に暴力的だった。今回は麻衣がいいところを見せる。責任感があるのはいいけど、バイトなんだからまじで無理すんなって感じ。あと回が進むごとにキャラの等身が伸びてるような気がする。「能力」を使いまくって電池切れのナルが襲われるところで次回に続く。全16ページ。

 ところで前回病欠してた著者は、すっかり快復したようでなによりです。


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply