SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2015年 11月号 Vol.106

0 Comments
serpent sea
 

 SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2015年 11月号 Vol.106

 2013年1月号に続く特集「JASDF Part2」。本誌の自衛隊特集は毎度何割り増しかで気合が入ってるような気がする。今回も充実した内容で見応えアリなんだけど、その前に新製品について。7月号(←前の記事へのリンクです)で海洋堂が1/48で完成品を開発中と報じられていた陸自の「OH-1」が、今度はなんとアオシマから1/72で発売されるとのこと。発売時期や価格はまだ未定だけど今から楽しみだ。

 さて肝心の特集はというと、上記の通り非常に充実している。表紙も巻頭もプラッツの新製品「F-15J」なので(そういえばPart1も「F-15J」だった)、てっきりこれが特集のメインかと思いきや、主役はなんとファントム。1/32×3例、1/48×1例というファントム特集並みの大盤振る舞いだった。激しく汚れた1/32の各機は圧巻。とくに「RF-4E」がかっこよかった。何とも言えないモノモノしいオーラを感じる。
 今回は連載記事でも特集に合わせた機体が取り上げられている。『改造しちゃアカン リターンズ!』では新明和工業の「SU-1」をチョイス。この機体は日本独自の水陸両用の救難飛行艇で、最近インドやインドネシアに売るとか何とか言ってる「SU-2」のお姉さん機にあたる。作例はハセガワ1/72のかなり古いそっ閉じキットを見事に組み上げている。リベットはもとより機体表面のベコベコまで詳細に表現された労作で、特撮っぽい画像もすごい迫力だった。

 前号の対談で言及されていたように、この号では途中写真が「改造しちゃアカン〜」の数コマと『オルタネイティブ モデリング ガレージ』のカーモデルのものしかなくなってしまって、「申し訳ないですが製作の詳細はモデルアートさんをみてください……」(前号p43)って言葉を体現した紙面構成になっている。なので製作のノウハウを知りたい人よりも、自衛隊機のプラモのかっこいい完成品が見たいという人にオススメ。



 - 作例リスト (掲載順) -

『マクダネル ダグラス F-15J イーグル』プラッツ 1/72
『三菱 F-2B』ハセガワ 1/48
『マクダネル ダグラス F-4EJ改 ファントムⅡ』タミヤ 1/32
『三菱 T-2』プラッツ 1/72
「航空自衛隊の華、特別塗装機をコレクションする」トミーテック 1/144 ※塗装済みキットの完成品の紹介記事
『ロッキード T-33A シューティングスター』スペシャルホビー 1/32

「佐藤ナミフィギュア」モデルカステン 1/20 1/35 1/48 ※フィギュアの紹介記事

『三菱 F-1』プラッツ 1/72 ※『第三飛行少女隊』仕様
『マクダネル ダグラス RF-4E ファントムⅡ』タミヤ 1/32「F-4EJ」改造
『マクダネル ダグラス F-4EJ改 ファントムⅡ』タミヤ 1/32「F-4EJ」改造
『マクダネル ダグラス RF-4E ファントムⅡ』ハセガワ 1/48
『X1G 高揚力研究機』エレール 1/72
「航空自衛隊パイロットフィギュア」モデルカステン 1/72 ※フィギュアの紹介記事

連載記事『夢見る翼 第45回』
『ブリストル 175 ブリタニア』ローデン 1/144

連載記事『オルタネイティブ モデリング ガレージ Vol.5』
『1955 Chevrolet Bel Air』モノグラム 1/32改造
『1949 Ford Tudor Custom』リンドバーグ 1/32改造

連載記事『飛ぶ理由 連載第24回』
『空中戦艦 大空飛ぶ代Ⅱ(萎縮バージョン)』フルスクラッチビルド 1/48 ※小林誠によるオリジナルメカ

『日航製 YS-11EA/EB』バンダイ 1/72「YS-11」改造

連載記事『改造しちゃアカン リターンズ!』
『新明和US-1』ハセガワ 1/72

『NOSE ART QUEEN Vol.46』石川恋



 次号の特集は「SA Convention 2015」の結果発表。


 新明和 US-1 レスキューアイボリー』ハセガワ 1/72


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply