川島のりかず『怨みの猫がこわい!』

0 Comments
serpent sea
 川島のりかず『怨みの猫がこわい! 恐怖の黒い占い師』ひばり書房 1988 ヒット・コミックス 怪談シリーズ 228

「どこからみてもなんの変てつもないただの石だが、少女が狂ったようにその石をみがくと、ただの石が意味をもつ」(p.3-p4)

 主人公の「沙里」は少々おてんばでこましゃくれた女の子だ。ある日友達の「圭子」と一緒に、金魚を食べた黒猫に大きな石を投げつけて潰してしまう。多少後味の悪さを感じたものの、一週間も経つころにはそんなこともすっかり忘れてしまっていた。ところがKKKみたいな装束の占い師に軽い気持ちで運勢を尋ねたところ、一週間前の残酷な所業をズバリと指摘される。占い師によると、二人はこれから二ヶ月の間、猫を殺した石を一日一回、休まずに磨かなければならない、もしもそれを怠ったら圭子は事故で、沙里は高熱に苦しんで死亡するという。当たるも八卦~ってことで気にしないことにする二人だったが、それから三日後、下校中の圭子が不慮の事故で死亡してしまう。落下してきた鉄骨に潰されたのである。その夜から沙里は高熱に浮かされ、翌日には足取りもおぼつかないまま森に入って、あの猫を潰した石を磨きはじめた。家族が引き止めようとしても沙里は石を磨き続けようとする。沙里の精神はみるみる常軌を逸して、異常な妄想の世界へと沈降していく。

 ここまでが全編の1/3くらい。以降はオチの数ページを除いて、沙里の精神世界の描写に費やされている。主人公の少女の生き生きとした小憎らしさや、子供でも容赦なく殺してしまうノリはいつも通りだが、精神世界をメインにした大胆な構成で、基本尖った作風の著者の作品の中でもとりわけピーキーな作品となっている。
 圧感はその精神世界、主人公の沙里がシルクハットにタキシードの猫に導かれ、迷い込む猫の世界(国)の描写だ。超カオスでサイケデリックでゆるい。その世界では象のようにでろんと鼻の伸びた矮人(微妙に性的)が列を成して石を運び、猫たちはカッパドキアみたいな奇岩にボコボコ穴を空けてその中で暮らしている。そして町には決まった時間に空から石が降る。「まぁったく、よくふる石だぜ」「うん、今年は例年より石ふりが多いんじゃないか」(p.146)なんて会話を交わしながら、作業服姿の猫たちが石を積んだリヤカーを引いている。沙里はあたり一面を覆い尽くした石の中から、たった一つの石を探し出さなければならないのだ。

 少女が抱いて頬ずりして磨き倒す石は一抱えもある漬物石然とした丸っこい石で、エメラルドを含むような美しい鉱石とは随分違うけれど、この作品、ジブリ映画の『耳をすませば』(1995)と共通点が多い。「耳すま」を思いっきりマイナスに振ったみたいな作品である。もちろん共通点が多い以外の何物でもないんだけど、「耳すま」にはモニョ~っとなるセンシティブな怪奇マンガファンにはオススメの作品。異世界を描いた作品としても、子供の精神の危機を描いた作品としても一読に値する著者の代表作。


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply