『怪獣ゴルゴ』のプラモデルについて その6

0 Comments
serpent sea
2015092501.jpg

『GORGO(怪獣ゴルゴ)』MONARCH(モナーク)/プラッツ ノンスケール キット
『GORGO(怪獣ゴルゴ)』ノンスケール 石粉粘土製

 ……その5からの続き?

 というわけでいつ以来かのゴルゴですが、番外編です。M1号の親子ゴルゴを見てたら、子ゴルゴも欲しくなってしまって、結局作りはじめてしまいました。幸い親ゴルゴと子ゴルゴは同じ着ぐるみ。まんま縮小すればいいかなと。でも折角だから微妙に子ゴルゴ感出したいし、資料本(洋泉社『世界怪獣映画入門!』)もあるしで、頭身を調整しつつかなり着ぐるみに近い感じにしました。身長は11.5cm。素材は100パーセント石粉粘土(紙粘土に近いけどもっと硬い)。青い袋の「フォルモ」とピンクの袋の「ラドール」という商品を適当に混ぜたりそのままだったりで使ってます。この粘土、近所のプラモ屋には置いてなくて手芸店で買いました。なぜか「ラドール」が半額(2個セットで1個の値段)になっててラッキーだった。

 親ゴルゴの方はもう随分出来てきてるのですが、子ゴルゴのモデルにするためにベタベタ触るので途中でストップしてます。甲羅や歯も付いて、目の光漏れ対策も万全。体表のディティールもほぼ彫り終わりました。作っててちょっと気付いたのだけど、甲羅の下になって見えなくなる胴体ととくに尻尾のパーツを大きくカットしてしまった方が、甲羅の接着時にテンションがかからないしピッタリ合うと思います。歯のパーツも光漏れ対策のついでに先に着けたのですが、歯並びを少し直しました。それだけでちょっと着ぐるみに似たような気がする。

2015092502.jpg

 プラモ雑誌の写真講座の「ダメな写真」の見本のような画像ですが、色々持ってきたらごちゃごちゃになってしまった。ゴルゴ親子+α、資料本、DVDなどです。親子はだいたいこのくらいの比率にしました。劇中の子ゴルゴはもっと小さいです。下の方に写ってるきったないのが、子ゴルゴの製作に使ってるツール。スパチュラ(金属製のヘラ)とデザインナイフと筆、竹串です。この他に体表の小さいイボイボを作るのにシャープペンシルと、プラモデルに使う真鍮パイプも使ってます。見切れてる陶器の器は水入れです。あとはこれに粘土があればOK。めんどくさいけど地球にも財布にも優しい。

 DVDの上でバンザイしてるのはM1号の親子ゴルゴセットの子ゴルゴ。身長8.5cm、ミニソフビくらいのサイズで非常に可愛いです。おっさんみたいな感じの可愛げのないヒューマノイドは、裸女が全く出てこないことで有名な映画『原子怪獣と裸女』(1956)に出てくる「三つ目ミュータント」。これも子ゴルゴと同じ石粉粘土で製作中。同じ資料本に載ってたので、子ゴルゴの乾燥待ち(HDDレコーダーの上に放置)&飽きてきたとき用に作ってます。ポーズとかも本の写真のまんまです。ベース作ってもまだまだ粘土が余りそうなので、他にも何か(未定)作ろうと思ってます。下にゴロゴロしてる白いのがその芯になる予定の物体。……次回はしっかり親ゴルゴについて書きます。


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply