クライヴ・バーカー『父たちの皮膚』

0 Comments
serpent sea
 

 クライヴ・バーカー(Clive Barker)著, 大久保寛訳『父たちの皮膚』(“The Skins of the Fathers”『ジャクリーン・エス with 腐肉の晩餐』集英社 1987 集英社文庫 血の本〈Ⅱ〉所収)

 ちょっと前に読んだ『腐肉の晩餐』(←前の記事へのリンクです。以下同じ)が予想外にサイコサスペンス、サイコスリラー枠の作品だったので、これもタイトルからしてそっちのジャンルかなーと思ってたんだけど、全然違ってた。砂漠で住民と怪物が戦う『トレマーズ』(1990)をグロくしたみたいな作品だった。著者の作品だと『髑髏王』("Rawhead Rex”)や『ミッドナイト・ミートトレイン』("The Midnight Meat Train")の系統。

 舞台はアリゾナの砂漠の町「ウェルカム」。その町に住む美しい人妻が悪魔たちに輪姦され妊娠する。やがて彼女の子供が成長すると、それを狙って再び悪魔の群れが現れた。気味の悪い悪魔 vs ゲスい住民という、どっちを応援しても後味の悪そうな、壮絶なバトルが始まる。

 劇中にスバリ書かれてるわけじゃないけど、クトゥルフ神話色が強く感じられる作品。『ミッドナイト・ミートトレイン』の感想では「ラヴクラフトの『ピックマンのモデル』("Pickman's Model")をアップデートしたかのような世界観」と書いたけど、本作は様々な点で『ダンウィッチの怪』(ダニッチの怪 “The Dunwich Horror”)を彷彿とさせる。ただし登場する怪物には旧支配者のようなオーバーロードな貫禄はなく、零落して触手系の妖怪に成り果てている感じで、そこはかとない切なさを漂わせている。劇中では「悪魔」と呼ばれている。
 突っ込んで描かれてないのが残念だが、この悪魔と人類の関係について、もともと人類は女性だけで悪魔と共存していたという面白い設定がある。それと悪魔が意外とハートウォーミングなところも印象に残った。人間側がとにかくゲスいので、奇妙な優しさがより顕著になってる。

 著者お得意のゴアシーンは本作でも健在。単に惨酷なだけじゃなくて、被害者の心情ががっつり書かれているのが特徴。一例を挙げると、これは住民の一人が悪魔に腕をかじられるシーン↓

パッカードの手、というより手の残骸は、ふたたび外気に触れた。その右手からは指がなくなっていて、親指だけがかろうじて半分残っているだけだった。ぐしゃぐしゃになった指の骨が、ところどころ噛み跡のついた手のひらから醜く突き出ていた。〔中略〕すでに片手を、酒を飲み、セックスするのに使う手を失ってしまった。失った指と過ごした歳月への郷愁の波が押し寄せ、目の前が突然真っ暗になった。(p.207)


 ……という感じでいちいち気合が入っている。怪物やそのドロドロぐちゃぐちゃした物体Xばりの変態の描写も詳細で、怪物の出てくる小説好きな人にはおすすめの作品。今ひとつピンとこないタイトルは聖書の一節をもじったもの。


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply