ARIA (アリア) 2015年 09月号 いなだ詩穂著, 小野不由美原作『悪夢の棲む家 ゴーストハント』連載第17回

0 Comments
serpent sea
 

 いなだ詩穂著, 小野不由美原作『悪夢の棲む家 ゴーストハント』連載第17回

 姿見が開いている。暗闇の奥に複数の人影が垣間見える。隣の笹倉一家がとうとう侵入したのだ。女性陣は二階に待避し、ナルと広田は一階で笹倉一家の動向を探っている。屋内の照明は未だ落ちたままである。そんな暗闇のなかで、窓に貼られた鏡を通して、不完全ながらナルはジーンとのコンタクトに成功する。ジーンにはPKを使用するナルのバックアップをする能力が備わっているのだ。廊下がきしむような音をたてる。身構えるナルと広田。扉をゆっくりと開いて、刃物を手にした笹倉一家が二人に襲いかかった。

 雑誌(←結構厚い)をペラペラっとめくって、黒いページがひとカタマリあったらそれが「ゴーストハント」。そのくらい黒い。前回からずっと明かりが消えたままだから黒い(暗い)のだけど、これが効果的に嫌な雰囲気を盛り上げている。今回はスラッシャーっぽいノリで、暗闇で出刃包丁振り回して襲ってくる中年のおっさん、という物理的な怖ろしさを堪能することができる。これナル一人ではヤバかったんじゃないかな。今更ながら広田がいてほんとよかった。危うく地獄絵図になるとこだった。

 ……そんな感じの第17話だが、とにかく短い。ここのところ毎回書いているが、今回はさらに短くなって、12ページ。隔月で12ページは厳しい。せめてあと6ページは欲しい。


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply