『ほんとにあった怖い話〈8〉読者の恐怖体験談集』

0 Comments
serpent sea
ほんとにあった怖い話〈8〉読者の恐怖体験談集』朝日ソノラマ 1990 ハロウィン少女コミック館

 前巻の感想で「通常のストーリーを運ぶには困難なレベルの作画」だの「呪いの石」だのと書いたけど、この第8巻の作画はびっくりするほど整っていて読みやすい。どこに出しても恥ずかしくないばかりか、これ普通より上手いんじゃね? なんてエピソードもある。なので作画に関しては何の不満もないはずなのだが、7巻かけてヘビーな作画に馴らされてきた身には少々物足りなく感じてしまう。なんか寂しい。それらしく書くなら、おどろおどろしさが足りないとかなんとか、そんな感じなんだけど、単に贅沢なだけなのだ。

 下のリストの通り、収録されたエピソードはここまでで最多の全25話。本の厚みはいつも通りなので、必然的に短い話が多くなっている。ストーリーもあまりなくて、ほんと「ただ見ただけ」ってエピソードが多い。そういえばコックリさんをしてたとか、後から聞いたところによると……とか、それらしい因果関係が全く語られないから、まさにヤマもオチも意味もないのだが、この手の話には実際に見たらこんな感じかもなー、っていうリアリティはある。なかでも10話〜13話「キャンプ場で見た」「学校で見た」「自室で見た」「火葬場で見た」の四連続見ただけ話は印象的だった。最短は「第13話 火葬場で見た黒い煙」の2ページ。モノローグだけのシンプル設計で、なに一つ足すことも引くこともなく(引けないけど)、火葬場の煙突から昇天する棺桶型の黒い煙という珍しい怪異を描き切っている。

 そのほかにも見ただけの話には「第19話 私の家も霊感家族!?」(←良作です)「第22話 男の子の影」などがあって、さらに寝てるあいだに幽体離脱をして夜空をビュンビュン飛び回る「第15話 幽体飛行」など、面白い話も収録されているのだが、なんとなく物足りない。やっぱり絵が整いすぎてるからかなあ。



『見知らぬ光景 他』画・瀧清流 ’89『ハロウィン』秋の増刊『ほんとにあった怖い話』, ’89『ハロウィン』3月, 6月号 掲載
 「第1話 過去視ができる!?」投稿者・東京都 匿名希望さん ※霊感少女
 「第2話 見知らぬ光景」投稿者・神奈川県 匿名希望さん ※異世界
 「第3話 注文の多い幽霊」投稿者・熊本県 村上新一さん
 「第4話 闇の黒影」投稿者・(記名なし・28歳主婦)
 「第5話 恐怖!! 金縛りと肩にかみつく化物」投稿者・愛知県 北原恵子さん

『ゴースト・ホテルの怪 他』画・三浦尚子 ’89『ハロウィン』秋の増刊『ほんとにあった怖い話』, ’89『ハロウィン』2月, 4月号 掲載
 「第6話 ゴースト・ホテルの怪」投稿者・兵庫県 篠原那奈さん(仮名) ※学校の怪談・旅先の怪談・霊感少女
 「第7話 人形は夜歩く」投稿者・愛媛県 匿名希望さん ※人形の怪談
 「第8話 死者まいり」投稿者・神奈川県 三浦真琴さん(仮名)
 「死んだ子が夢の中に 他」
  「第9話 死んだ子が夢の中に」投稿者・大阪府 大西千恵さん
  「第10話 ゆかたを着た女たち」投稿者・東京都 匿名希望さん ※キャンプ場の怪談
  「第11話 白い影」投稿者・同上 ※学校の怪談
  「第12話 窓の外の大きな手」投稿者・同上
  「第13話 火葬場で見た黒い煙」投稿者・同上
  「第14話 白蛇の霊」投稿者・北海道 藤山真美子(仮名)

『幽体飛行 他』画・南地ゆうこ ’89『ハロウィン』秋の増刊『ほんとにあった怖い話』, ’89『ハロウィン』8月号 掲載
 「第15話 幽体飛行」投稿者・広島県 見世明美さん ※霊感少女
 「第16話 "死んだ友達の夢をよく見るの…"」投稿者・東京都 Sleepyさん
 「第17話 "霊感があると金縛りにあってタイヘン…"」投稿者・熊本県 中園由紀子さん ※霊感少女

『第18話 体育倉庫の怪』投稿者・大阪府 壺山裕子さん 画・有久祐子 ’88『ハロウィン』9月号 掲載 ※学校の怪談

『私の家も霊感家族!? 他』画・佐和田知生 ’88『ハロウィン』9月号, ’89『ハロウィン』11月号 掲載
 「第19話 私の家も霊感家族!?」投稿者・北海道 飯田浩世さん ※霊感少女
 「第20話 放課後の恐怖!!」投稿者・茨城県 アキラの悪夢さん ※学校の怪談
 「第21話 後ろの正面…」投稿者・栃木県 1-6のくりさん ※路上の怪

『男の子の影 他』画・田中夕子 ’89『ハロウィン』5月, 9月号 掲載
 「第22話 男の子の影」投稿者・京都市 平岡真琴さん ※学校の怪談
 「第23話 黒い人」投稿者・同上 ※コックリさん
 「第24話 山中湖の夜」投稿者・東京都 花汐樹さん ※学校の怪談・旅先の怪談
 「第25話「おばけ屋敷」に出る幽霊!?」投稿者・千葉県 市原剛さん



「※印」は各話の簡単な分類。サブタイからは内容がよく分からない話などに適当につけた。投稿者名の敬称については作中の表記通り。


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply