作者不詳『禁断の果実』

0 Comments
serpent sea
 

 作者不詳, 足利光彦訳『禁断の果実』("Forbidden Fruit")
 作者不詳, 足利光彦訳『続・禁断の果実』("More Forbidden Fruit" 富士見書房 1981 富士見ロマン文庫 -50- 1-10 所収)

 物心ついたときから女性に並々ならぬ関心を持っていたパーシーは、美しい叔母のガーティとさんざんエッチな遊びに耽ったあげく、12歳のある夜ついに大人の仲間入りをする。そのあと子守り娘のメアリにも手を付け、彼女から彼の母親のセリーナとその妹のガーティ、そして姉妹の兄のただならぬ関係を耳にする。三人はメアリが盗み見ていることも知らずに、寝室に閉じこもり獣のように激しく交わっていたという。メアリが言うには、パーシーの母親はいずれ彼をものにしようとしているらしい。パーシーもまた美しい母親と交わりたいという思いを日に日に募らせていく。

 お気楽極楽ヴィクトリアンポルノ。馥郁たるピンクのオーラ漂うファンタジックな作品だ。登場人物たちは何の迷いもなく、欲望の赴くままに交わり重ねていく。近親相姦のハードルは「それはそれはいけないことだってわかっているけど、いけないことだと思えば思うほど、なおのことすばらしいのよ」(p.72-73)という具合に驚くほど低い。鬱展開や説教臭い話も皆無なので、ストレス無くすらすら読める。ただこの作品は「太陽の下であっけらかんと尻を叩かれて嬌声をあげるような」天真爛漫なヴィクトリアンポルノとは多少雰囲気が違っている。閉ざされたお屋敷のなかだけですべてが完結するため、どうにも換気が悪いというか、淫靡な空気が払われることなく終始立ち籠めている。まさにテーマにぴったりな雰囲気。このあたりが近親相姦ものの古典にして代表作と言われる由縁だろうか。登場人物は回想シーンも含めて、主人公のパーシー、母親のセリーナ、叔母のガーティ、叔父のホーレス、子守り娘のメアリ、メアリの父親、小間使いのパティの七人。

 さらに本書には『禁断の果実』の「正編」に続いて「続編」が収録されている。もともとは別々に出版されていたものらしい。続編のパーシーは14歳になって、性的な興味の対象をお屋敷の外へと広げている。といっても相手は自分ちの農園で働く農婦やその娘たちだったりするので、ドメスティックな雰囲気はほとんど損なわれない。登場人物は上記に加えて、農婦のフィービ、その三人の娘たち、フィービの妹のキティ、小間使いのパティの兄ジョージなど。相変わらずやりたいときに、やりたい相手とやるだけで、ストーリーは無きに等しいが、子供らしい万能感で暴走するお坊ちゃんが、何をしでかしても易々と受け入れられていくさまには変な爽快感がある。続編ではプレイ内容にも幅が出て、正編ではあくまでも前戯の一つという扱いだったスパンキングがメインの扱い。正編が近親相姦小説なら、続編はお仕置き打擲小説って感じ。もちろんグロかったり残酷に感じるような描写はない。やってることのわりにソフトな印象を受けるのは、柔らかい文章のせいだろうか。あと避妊のための事後の洗滌がとくに正編のなかで繰り返し描かれていて、これ当時の人のフェチなのかなと思った。

 カバーのイラストは今年の三月に亡くなった金子國義。


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply