H・G・ウエルズ『エピオルニス島』/『蛾』

0 Comments
serpent sea
 

 H・G・ウエルズ(Herbert George Wells)著, 橋本槙矩訳『エピオルニス島』("Aepyornis Island")
 H・G・ウエルズ(Herbert George Wells)著, 鈴木万里訳『蛾』("The Moth" 橋本槙矩, 鈴木万里訳『モロー博士の島 他九篇』岩波書店 1993 岩波文庫 所収)

『エピオルニス島』("Aepyornis Island")
 エピオルニスを最初に発見したのは自分だと言い張る男が、その経緯を語りはじめた。彼が見つけたのは化石化していない完全な4個の卵だったらしい。場所はもちろんマダガスカル島。卵を見つけた彼は、現地で雇った現地人に裏切られ、カヌーで無人島に漂着したという。落として壊したり、食べてしまったりで、それまでに三つの卵が失われていたが、最後に残った卵からは、驚くべきことにエピオルニスの雛が誕生した。有精卵だったのだ。エピオルニスは男によく懐き、いつも彼に付いて回った。ところが2年を過ぎて巨大に成長したエピオルニスは、ふとしたことをきっかけに男に反抗的に振舞うようになったという。

『ドラえもん』にでもありそうな、冒険UMA小説。舞台を無人島に設定しているのが面白い。島ものでも同じ本に収録されている『モロー博士の島』と比べると、随分ロマンチックな無人島だ。エピオルニスがめっちゃリアルだった。ごくシンプルな作品ながら、卵を食べるシーンのような生々しく、少々きつめの描写があって、リラックスして読んでいるとうええっとなる。
 エピオルニスはかつてマダガスカル島に生息していたダチョウをでかく太くしたような鳥で、17世紀には絶滅したとされている。ただ19世紀ごろ、かなり新しい卵の殻が見つかったなんて話もあるから、ごく少数の個体は定説よりもずっと最近まで生息していたのかもしれない。ちなみにその殻は原住民が瓶として用いていたものだったという。
 卵で思い出したが、数年前クリスティーズのオークションに、とても状態のいいエピオルニスの卵が出品されたことがある。匿名の日本人が高額(1千万円くらい)で落札して、ちょっとしたニュースになっていた。そのときの卵は完全に化石化していて、長径約30センチ、短径約21センチ。ネット上でも出品された卵の画像を見ることができるが、ほぼ完全な形を保っていたようだ。落札者は床の間とかに飾ってるのだろうか。羨ましい。


『蛾』("The Moth")
 二人の学者が激しい論戦を繰り広げている。きっかけは「小蛾類」の定義に関する対立だったのだが、以来なにかにつけてライバル意識を燃やし、長いあいだ、いかに相手を凹ませるかに血道を上げている。あるときエキセントリックに相手を攻め立てる昆虫学者のハプレーが、その相手、ポーキンズ教授の息の根を止めるきっかけを掴んだ。ところが決定的な勝利を手にする寸前、ポーキンズ教授は体調を崩し、あげく死亡してしまう。論敵を失い、一線から身を引いたハプレーだったが、やがて一匹の蛾を頻繁に目にするようになった。どうやら新種らしい。ただその蛾は彼にしか見えないのだった。

 一人の激しい性格の学者の精神の危機を描いた作品。学者の対立というとコナン・ドイルのチャレンジャー、サマリー両教授が思い出されるが、本作の二人は彼らのようにいい具合の友情を結ぶこともなく、最後まで闘犬みたいに噛み合ったまま関係を終える。この作品には宇宙人もUMAっぽい生物もSF的なメカや薬品も出てこないし、説明のつかないような怪異も発生しない。登場するのは蛾が一匹だけ。それも幻覚である。しょぼくれていたとは言え、それまで論敵を残酷なまでに攻撃し追いつめていた男が、小さな昆虫の幻影に振り回され、精神を病んでいくさまはなんとも哀れで痛ましい。
 蛾と言えば、映画の『羊たちの沈黙』(1991)では、メンガタスズメという不気味な蛾がとても印象的に用いられていた。ポスターなどにも使われていたあのドクロマークの蛾。当時、さすがにあれは作り物だろうなーと思って調べてみたら、実在する蛾だったので驚いた覚えがある。蛾は古来よりシンボリックな昆虫として、信仰や畏怖の対象にされてきた。アメリカのインディアンには、病気平癒の祈願を蛾に対して行う部族があったし、有名なホピ族の先史土器にも蛾や蝶のデザインが頻繁に用いられている。著者の出身国のイギリスにも「夜、飛んでくる白い蛾は死者の魂」という俗信があるから(イギリスに限らず欧州各地に似たような迷信がある)、この作品はそれを踏まえて書かれたものだろう。それにしても後味の悪い作品だった。


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply