木村心一 『これはゾンビですか?〈6〉はい、どちらも嫁です』

0 Comments
serpent sea
 

 木村心一 『これはゾンビですか?〈6〉はい、どちらも嫁です』富士見書房 2010 富士見ファンタジア文庫

 シリーズ初の短篇集。収録されているのは雑誌などに掲載された「第一話 水着の価値プライスレス」「第二話 いいえ、私は乙女座の女」「第三話 それは流れ星ですか?」「第四話 ようこそ危険地帯へ!」「第五話 ヌルヌルは正義」「第六話 一年で一番床を叩かれる日」の6話。各話のあいだをちょっとしたコントで繋いでいて、これ以降に出た短編集もこのフォーマットを踏襲している。今回のコントは「相川歩セクハラ裁判」。各話がセクハラ裁判での証言、回想ってことになっている。

 香ばしいタイトルが並んでるが、内容も相当自由な感じ。「第一話」は水着回、「第二話」はユーの誕生日の話、「第三話」はアニメ本編でも感じよく映像化されていたトモノリの天体観測の話。「第四話」はセラの料理回、肉じゃがの秘伝書を巡るドタバタ劇だが、珍しくしっかりデレるセラが可愛いのでセラファンは必読。「第五話」はセラvsサラスのヌルヌルバトル。「第六話」は平松が本領を発揮する百人一首大会だが、歩との過去話にも触れられていて、実は平松がヒロインなかで誰よりも早く歩とのフラグを立てていたことが判明する。

 という感じで、うっかりまるまる飛ばしても、本編を読む分にはほとんど影響のないエピソードばかりで、いつにも増して気楽に読むことができた。アニメでは本編に組み込まれた話もあるし、OVA化されたエピソードの多くはこの巻から採られている。本編から独立してるから使い勝手がいいらしい。基本的にどれもメインのキャラを二人ほどピックアップして、すったもんだのあげくその絆が深まりましたって感じの筋立てなので、該当するキャラのファンならより楽しく読めると思う。


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply