楳図かずお『神の左手悪魔の右手 HORROR-5 影亡者』

0 Comments
serpent sea
 

 楳図かずお『神の左手悪魔の右手 HORROR-5 影亡者〈1〉』(『神の左手悪魔の右手〈5〉』小学館 1988 ビッグコミックス 所収)
 楳図かずお『神の左手悪魔の右手 HORROR-5 影亡者〈2〉』(『神の左手悪魔の右手〈6〉』小学館 1988 ビッグコミックス 所収)

 中学生の「みよ子」は働きに出る母親に代わって、日々のすべての家事を担っている。寝たきりの祖父を介護し、赤ん坊の面倒をみる。父親はどうやら無職らしく、昼間から飲んだくれている。みよ子の将来の夢は保母さんになること、そして一度でいいから人気タレント「兵藤タケル」に会いたいと願っている。過酷な家庭環境を淡々と受け入れる薄幸系美少女が、ふとしたきっかけから芸能界に飛び込み、アイドルの頂点を目指して駆け上がっていく。そんな現世? のストーリーの裏側では……。
 著者独特の切り口で様々な恐怖を描き連ねてきた本シリーズだが、この「HORROR-5 影亡者」は超弩級の心霊もの。凡百の霊能者なら内臓を垂れ流してしまうほどの、強烈な霊能力バトルが展開される。

 このエピソードの大筋は、みよ子に憑依した怖ろしい霊「影亡者」を引き剥がすために、友人の「泉」とその弟の「想」が、両親や霊能者の協力を得て奮闘するというもの。影亡者はみよ子に関わる人々の背後霊をことごとく滅ぼし(殺し)、操り、ときに吸収しては力を増していく。またみよ子自身も影亡者の影響を強く受けて、人格が嫌な感じに変わってしまっている。
 主人公の想はみよ子の背後霊の一人「さぶろうた」に取り憑かれ、両面宿儺っぽい状態でずーっと意識を失っている。全編の半分くらい意識不明の状態。みよ子&影亡者に対するのは、さぶろうたと泉のコンビだ。これまではストーリー全体を把握するキャラがいななったため、謎が謎のままで残されてきたが、今回は霊関係の事象に通じ、常に状況を把握しているさぶろうたの解説のおかげで、コミックス2冊分という長さにも関わらずシリーズ中最も明快なエピソードとなっている。

 作画はこれまでと同様、非常に美しい。多くの登場人物や背後霊の盛大な惨殺シーンの数々には、毎回これでもかってくらいに工夫が凝らされていて、それが矢継ぎ早に発生するから息つくヒマもない。なかでも一番気の毒でエグかったのが、霊能者「香月先生」の死にざま。影亡者の正体を見極めようとみよ子の家に近付いただけで、路上に内臓をぶちまけ、あげく入院先の病室でクレーンの事故に巻き込まれて死亡する。背後霊がいなくなってしまったので、不幸を避けられなくなったらしい。この香月先生の一連の悲惨なシークエンスも、もちろん嫌ってほど克明に描写されている。
 著者は『わたしは真悟』関連の記事のなかで、H.R.ギーガーの影響について語っていて、本作の影亡者のデザインも少なからずその影響下にあるように思われる。確かに初読のとき「ギーガー!?」って印象を受けた覚えがあるが、不思議なことに繰り返し読むうちにその印象は薄くなって、最近ではすっかり皮膚を失ったナニカに見えるようになった。

 闇堕ちしたみよ子や、彼女の周辺の噛ませ犬キャラの扱いなど、このエピソードの魅力をあげればキリがないが、最も著者の作品らしいと感じたのは、凶悪な影亡者に対抗するのが「こどもの大軍」だったところ。それから背後霊、霊能者、位牌、墓の土などなど、土着的なモチーフを数多く盛り込みながらも、なぜか洋風の、洗練された雰囲気になっているのも実に著者らしいと思う。


  楳図かずお『神の左手悪魔の右手〈6〉』小学館 1988 ビッグコミックス


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply