小原愼司『地球戦争〈5〉』完

0 Comments
serpent sea
 

 小原愼司『地球戦争〈5〉』完 小学館 2015 ビッグ スピリッツ コミックス スペシャル

 なんとこれが最終巻! 先月はこれゾンの最終巻も出たし、読んでる作品が月に2作も完結するなんてまず滅多にない。なんか寂しい。

 女王陛下の避暑地の城でアリスの両親と合流したオリバーたち主人公一行。最終巻はずっとこのお城が舞台となる。ストーリーのポイントはこれから先の「坊や」の処遇と、オリバーの孤児院時代との決別って感じ。オリバーとアリスの成長ぶりがじっくりと描かれるが、子供が子供らしい柔軟性を発揮して、成長というより状況に慣れただけのように見えなくもない。ただ二人の関係は確かに深化していて、ここを出ると告げたオリバーに、迷わず一緒にいくと言い切ったアリスにはぐっとくるものがあった。個人的にはこのシーンと、下記の火星人の解説のくだりがクライマックスだった。

 残念なことにSFっぽい展開はここに来てほとんどなくなってしまった。途中火星人について語られる場面があるんだけど、SFっぽさという点ではそのあたりが一番の盛り上がりどころか。円盤の大群のシーンもあったし。しかし最後までぶれることなく描かれたボーイ・ミーツ・ガールと比べると、最初はもう一本の柱かと思ってた「地球戦争」の描かれ方はかなり物足りない。これだと戦時下のボーイ・ミーツ・ガールなら宇宙戦争でなくてもよくて、SF的なガジェットは単にフックとして引用されただけのように感じられてしまう。

 実は世界名作劇場テイストの子供たちのドラマが結構続いたから、次の巻くらいからは「地球戦争」くるかなーなんて楽しみにしてたのだ。ところが話が進むうちに様々な装飾がバサバサ取り払われていって、最後にボーイ・ミーツ・ガールだけが残った。もう少し引いた絵の入ったストーリーをあと5巻くらいは読みたかったが、「ボーイミーツガールである、と心に決めて進めてきました」という著者の言葉からすると、目指していたのは間違いなくこの着地点だったようだ。


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply