MODEL Art (モデルアート) 2015年 03月号 No.912

0 Comments
serpent sea
 

 MODEL Art (モデルアート) 2015年 03月号 No.912

 先月号とは打って変わって、黒と金の地味派手な表紙が店頭で目を引く3月号が出た。特集は表紙のペタンコの戦車、「Ⅳ号駆逐戦車/70 (V) ラング」、タミヤの新製品をメインにした特集だ。最近のAFV特集は去年の「61式戦車」「ナースホルンと88mm砲塔載車輌」といった具合に車種?を絞って、それを色々な切り口で見せるという紙面作りがされている。今回の特集でもジオラマ、ストレート組み、旧キットなどの作例が並んでいて、そーいやガルパンに出てたっけくらいの認識しかなくてもなかなか楽しい。ただ少し物足りないのは、タミヤ以外のラング、1/72など他スケールの作例がなかったこと。旧版の作例も載ってるのに。「タミヤのラング特集」だから仕方ないのかもしれないけど、各社のキットが並ぶ飛行機の特集と比べると少々寂しく感じた。

 今月号は特集、特別記事、連載記事の「FOLLOW YOUR HEART」でもAFVが取り上げられていて、AFV尽くしなんだけど、「NEW KIT REVIEW」にはバイク、F1の旧車、ロケットなどが並んでいて、全体を通してみるといつも以上にバラエティに富んでる印象。そんななかでも目が釘付けになったのは、F1の旧車、エブロの1/20 『ティレル 003 モナコGP』だった。キットも作例も素晴らしい。塗装についてはさらっと書かれているだけなんだけど、ボディの深い青、ピッカピカの表面処理、散りばめられたシルバーが美しく、紙面映えする作例だと思う。もともとかっこいい車輌が、よりかっこよく見える。

 それから連載記事の「FOLLOW YOUR HEART」ではあの「ハンター・キラー・タンク」(←AFV)が取り上げられている。飛んでる方が好きだけど、こっちもかっこいい。メタリックな外装が、塗装? 迷彩? なにそれ? みたいな無敵っぽさと、無機質さを醸し出していてたまらない。記事によるとかなり出来のいいキットらしい。外国製のキャラものっていうと、長らく児童向け玩具の未組み立て版というか、大味なイメージがあったんだけど、今回のペガサスやちょっと前に「サイロンレーダー」の作例が載ってたメビウスモデルは、そんな先入観を払拭する出来のいいキットを次々と出している。思うところあって二の足を踏んでたけど、見てるうちにやっぱり欲しくなってきた。それにしてもこの連載、もう少しページ増やしてくれないかな。



 - 作例リスト (掲載順) - 航空機 戦車 艦船 車/バイク ■その他

巻頭特別記事
『ドイツ Ⅳ号戦車H型』トランぺッター 1/16

特集記事「Ⅳ号駆逐戦車/70 (V) ラング」
『ドイツ Ⅳ号駆逐戦車/70 (V) ラング』タミヤ 1/35 ※ジオラマ作品
『ドイツ Ⅳ号駆逐戦車/70 (V) ラング』タミヤ 1/35
『ドイツ Ⅳ号駆逐戦車 ラング』タミヤ 1/35 ※タミヤ旧版(MM No.88)
『ドイツ Ⅳ号戦車H型』タミヤ 1/35 ※タミヤ旧版(MM No.54)
『M36 駆逐戦車 ジャクソン』AFVクラブ 1/35

連載記事『連合艦隊編成講座 No.438』「初心者用エッチングパーツを検証! 陽炎型駆逐艦 1941-1945 エッチングパーツセット」
『陽炎型駆逐艦 開戦時』アオシマ 1/700+AKAモデル「エッチングパーツセット」
『雪風 後期型』フジミ 1/700+AKAモデル「エッチングパーツセット」

連載記事『モデリングJASDF 232回』
「空自60周年記念マーキング機を見る2 デジタル迷彩のF-15J (第6航空団 第303飛行隊=小松基地)」

特別記事
「マツダ 787B ルマン24時間耐久レース 1991年優勝車 No.55」アイドロンコレクション 1/43 ※完成品の紹介記事

NEW KIT REVIEW
『Honda NSR500 “1989 WGP500 チャンピオン”』ハセガワ 1/12
『ドイツ軍 ユンカース Ju-87A シュトゥーカ』トランぺッター 1/32
『シーハリアー FA2』キネティック 1/48
『ティレル 003 モナコGP』エブロ 1/20
『Ⅲ号戦車 B型』ミニアート 1/35
■『イプシロンロケット』アオシマ 1/200
『イギリス 装甲偵察車 ディンゴ Mk.Ⅱ』タミヤ 1/48 ※ジオラマ作品

連載記事『FOLLOW YOUR HEART 第12回』
■『ターミネーター2 ハンター・キラー・タンク』ペガサス 1/32

連載記事『北澤志朗のネオヒストリックガレージ 連載第56回』
『日産 MID4』フジミ 1/24



 次号の特集は「現用機の塗装とウェザリング」。「復活のホンダF1 (仮題)」というタイムリーな特別記事が予定されている。
 
Tyrrell 003 Monaco GP 1971』エブロ 1/20


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply