娘TYPE (ニャンタイプ) 2015年 01月号

0 Comments
serpent sea
 

 娘TYPE (ニャンタイプ) 2015年 01月号

 月々何冊かの雑誌を購入しているが、創刊号からずーっと買い続けているのは、この『娘TYPE』一冊だけだったりする。この最新1月号が通巻62冊め。『ストライクウィッチーズ』目当てに買いはじめて5年以上、最近では月末に雑誌『ARIA』と一緒に買ってくるのがすっかり習慣みたいになっている。

 内容は創刊号から変わらず、アニメ(深夜アニメ中心)に登場する美少女キャラの露出度高めのピンナップがメインで、今回は季節がらサンタコスが多め。ほかに関連情報、連載マンガ、連載記事という構成。今月号には表紙と同じエイラとサーニャの絵柄のB2ポスターが付いてくる。
 連載記事、明貴美加の『いまどきのムスメカ』は、旬の美少女キャラの「メカ少女」化イラストと、ふわっとしたエッセイ(今月号は『異能バトルは日常系のなかで』の千冬)。『俺の嫁2.5』は最新のフィギュア(今回は「SAO」のリーファ)をグラビア風に撮影したもので、毎回なにかと凝っていて楽しい。フィギュアもしっかり出来のいいものがチョイスされている。隔月連載のため今月号には載ってなかったのだが、島田フミカネと鈴木貴昭による『ワールドウィッチーズ』では、世界各国のウィッチが毎回一人ずつイラストとコラムで紹介されている。毎回素晴らしい描き下しイラストが掲載されていて、『娘TYPE』を買ってる最大の理由がこれ。もちろん画集も買いました。

 というわけで今月号の特集は新シリーズ劇場版第一弾『サン・トロンの雷鳴』のBD&DVDの発売が間近(12月12日発売)に迫った『ストライクウィッチーズ』。来年の1月には第二弾『エーゲ海の女神』の劇場公開が予定されている。特集の内容はスタッフと声優さんへのインタビュー。興味深かったのは劇中の音楽を担当する長岡成貢へのインタビューで、SWの音楽はワーグナーのイメージらしい。またもともとミリタリーが好きだったこともあって、SWを最初に見たとき「こういう作品を待っていた!」と嬉しくなったとか。
 そのほか12月27日に角川スニーカー文庫から発売予定の南房秀久著『ノーブルウィッチーズ 第506 統合戦闘航空団 飛翔!』関連の記事も少し載ってる。まずは12月12日のBDが待ち遠しい!


 
ストライクウィッチーズ Operation Victory Arrow vol.1 サン・トロンの雷鳴 限定版 (後日談ドラマCD「プライベート・サン・トロン」付き) [Blu-ray]』角川書店 2014


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply