E・L・ホワイト『夢魔の家』

0 Comments
serpent sea
 E・L・ホワイト(E.L.White)著, 倉阪鬼一郎訳『夢魔の家』("The House of the Nightnare" 西崎憲編『怪奇小説の世紀〈1〉夢魔の家』国書刊行会 1992 所収)

こびとの呪』(←前の記事へのリンクです)の著者による幽霊屋敷もの。ストーリーはごくオーソドックスで、とくに凝った表現がなされているわけでもないのに、怖ろしく的確に不安のツボを突いてくる作品。オチはかなり早い段階で分かってしまうのだが、そういうのはあまり関係ないらしい。むしろオチが分かってるからこそ、水を飲んだり蝋燭を点けたりという主人公の挙動が、いちいち不安を煽ってるような気もする。

 舞台はとある片田舎。夕暮れ時、自動車事故を起こした主人公は、たまたま出会った近隣の村の少年に一夜の宿を求めた。少年に連れられて主人公が訪れたのは、村はずれにある石造りのあばら屋だった。少年は両親を失って以来、村人から幽霊が出ると噂されるこの家で、一人きりで暮しているらしい。幽霊については見たこともないとのことだったが、悪夢には悩まされ続けているという。主人公はその夜夢を見た。それは少年が語ったのと同じ、巨大な豚のような怪物に、今まさに食われようとしている夢だった。

 主人公が見たこの悪夢が物語の核になっていることは間違いないと思うが、それよりも全編に漂う薄気味の悪い気配や、不安を煽る何気ない描写が印象的だった。まず三半器官がどうにかなってしまったかのような事故の原因からしておかしいし、現場にふらっと現れた少年の風体も異様だ。ちょっとだけ引用してみると、

少年がいた。石炭殻の道の端、水路の近くに立っている。ずんぐりむっくりで裸足、スボンは膝までたくしあげている。南軍の兵士みたいなシャツ、第一ボタンはかけていない。上着はなし、帽子もなし。麻くずみたいな頭で、髪はもじゃもじゃ。そばかすだらけで、おまけにひどい兎唇(みつくち)だった。両足のつま先をかわるがわるぐるぐるさせているばかりで、何も言わない。じっとこちらを見つめている。(p.57)


 インパクトの強い風貌もさることながら、「両足のつま先をかわるがわるぐるぐるさせているばかりで、何も言わない。じっとこちらを見つめている」という仕草が気になってしょうがない。「兎唇」からの連想ってわけでもないけれど、ヘルンヴァインの絵に出てきそうな感じだ。最初から最後まで不安な夢のなかにいるような作品だった。


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply