千石撫子『キミとなでっこ!』

2 Comments
serpent sea
2014082901.jpg

 千石撫子(西尾維新作, 遠山えま漫画)『キミとなでっこ! 第一話 ~ 第三話』(『恋物語 第二巻/ひたぎエンド (下) (完全生産限定版) [Blu-ray]』アニプレックス 2014 特典ブックレット)

 届いてから一ヶ月ほど経ってしまってるが、せっかくなので感想を。このいい感じの表紙の付いた特典ブックレットには、雑誌『ARIA (アリア) 』に掲載された第一話 ~ 第二話に加えて、第三話が収録、さらに第一話がカラー化されている。

 第二話で金髪の男子「北極星速(ほっきょくせいラン)」君のバイクで海へ連れ去られた撫子。第三話は撫子が「ちかれたび~」とか言いながら帰宅するところからはじまる。今夜は両親不在、撫子は一人でお留守番なのだそうだ。そんな撫子を待ち受けていたのは、エプロン姿の幼なじみの「粋(すい)くん」だった。撫子ママに頼まれて夕食を作りにきていた粋くん、帰りの遅い撫子にヤキモキしてたらしい。「噓! 粋くん、もしかして、ずっと待っててくれたの……?」(p.28)どっきん(袋文字)、なんて思いつつもツンツンしてしまう撫子だったが、壁ドン(←甘酸っぱい方のやつ)されながら、遅くなった理由を問われて、さらっと嘘をつく。ごくナチュラルに一瞬の躊躇もなく。そのあとなんのフォローもないし。ここめっちゃ怖かったよ!

 ハーレム状態、浮気っぽい男性の性質を蜂に女性を花に例えて、花から花へなんて言うけれど、逆ハーレム状態になった途端、花は食虫植物と化すようだ。自らは能動的に動くことなく、甘い蜜で昆虫を誘い、捕らえては吸収する。撫子の場合はさながらウツボカズラだろうか、ヘビつながりで……って感じで上手いこと書こうしたんだけど、調べてみたら、ウツボカズラの「ウツボ」はウミヘビの「ウツボ」とは違うらしい。漢字で「靫」と書いて、これは「矢をいれて背におう容器」、矢筒みたいなもののことだとか。残念。しかし矢筒というのも……これはこれで……。

 ※フキダシからの引用は、改行を調整しています。


 恋物語〈2〉/ ひたぎエンド (下) (完全生産限定版) [Blu-ray]』アニプレックス 2014


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 2

There are no comments yet.
serpent sea  
Re: No title

>>ZANさん
こんばんは! コメントありがとうございます。
化物語シリーズは、テンポもいいし、細かいところも色々楽しめるので、
繰り返し見ても飽きないですよね。ディスクだとコメンタリーもあってさらに楽しいです。

この前BSでやってた花物語の阿良々木さんの私服には笑ったけど、
ここまでずっと見てきて、いまだに単純にガッカリした話が無いのがすごいです。

2014/08/31 (Sun) 01:18 | EDIT | REPLY |   
ZAN  
No title

こんにちは。

タイムリーですね。
自分は今日、恋物語を見ていました。
3~4回目ですけどね。

今まで流してしまって気付かなかったのですが、貝木が沼地蠟花に会っていたりするなど新たな発見がありました。
時系列を整理して見直してみると物語シリーズは面白いですね。

2014/08/30 (Sat) 22:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply