SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2014年 09月号 Vol.99

0 Comments
serpent sea
 

 SCALE AVIATION (スケールアヴィエーション) 2014年 09月号 Vol.99

 100号目前のVol.99、今回の特集は「帝国陸海軍試作計画機」、表紙は幻の大型爆撃機「富嶽」だ。多少カタログっぽい構成ながら、ほぼ一冊まるまる試作機計画機で、なかにはすんごい格納庫のジオラマも載ってる。作例の数は下のリストの通りかなり多い。レジンキャストキットも多い。ただRSモデルの1/72や1/144の単発機などは、1ページに複数の作例が収められていて、それぞれの作例の画像や記事は少なめ。試作機計画機とはいうものの、もしも実戦に投入されていたら……って感じで、多くの作例にはきつめのウェザリングが施されている。
 特集でとくに目を引いたのは、最初に書いたハセガワ1/72「連山」の格納庫のジオラマ。格納庫のトラスやトタンの外壁が精密に仕上げられた素晴らしい作例で、雰囲気抜群。特集と連動した連載記事「ハイブリッド プレーン ワークス」の『震電 速度記録機』も、Xプレーンって感じでかっこよかった。そういえば今回「キ-64」が載ってない、ちょっと残念。

 特集以外の記事では連載記事の『北関東航空技術局[仮]』の1/32「T-7」が連載9回目にしてついに完成! 工作期間1年4ヶ月のフルスクラッチ作品だ。清潔感のある美しい仕上がりで、キャノピーの薄さと胴体の軟らかな曲面が印象的。で、完成した作品を持って実機の取材へ。実機の翼の上に作品を載せて撮影したりしてる。すごく楽しそうだ。



 - 作例リスト (掲載順) -

『中島 G10N 富嶽』フジミ 1/144
『立川 キ-94Ⅱ』RSモデル 1/72
『川崎 キ-60』RSモデル 1/72
『川崎 キ-78』AZモデル 1/72
『九州 J7W 震電』造形村 1/32
『九州 J7W2 震電改』造形村 1/32
『三菱 A7M 烈風 一一型』ファインモールド 1/48

連載記事『北関東航空技術局[仮]』
『1/32スケールT-7 フルスクラッチビルド備忘録 最終回』フルスクラッチビルド 1/32

連載記事『夢見る翼 第39回』
『エンブラエル ERJ-170』ハセガワ 1/144 ※作例は色違いで3例
『エンブラエル ERJ-175』ハセガワ 1/144改造 ※作例は色違いで2例

連載記事『飛ぶ理由 連載第17回』
『伝説の巨人』フルスクラッチビルド 1/1000 ※小林誠によるオリジナルメカ
『オルトロス 1』バンダイ 1/1000改造
『オルトロス 2』

「ツナマヨ バニーVer.」モデルカステン 1/16 ※フィギュアの紹介記事

『中島 G10N1 富嶽』アニグランド 1/144 ※レジンキャストキット
『中島 G5N-1/-2 深山』
『航技研 キ-93』
『立川 キ-94Ⅰ』
『満州飛行機 キ-98』
『川崎 キ-108』
『試製 R2Y1 景雲』
『川崎 キ-88』
『川崎 キ-119』
『中島 G8N 十八試 陸上攻撃機 連山』ハセガワ 1/72 ※格納庫のジオラマ作品

連載記事『名機100 第95回』
『三菱 J8M1 局地戦闘機 試製 秋水』ファインモールド 1/48

連載記事『改造しちゃアカン リターンズ!』
『中島 特殊攻撃機 試製 橘花』ファインモールド 1/48

『三菱 ATD-X 先進技術実証機 心神』アニグランド 1/72 ※レジンキャストキット

連載記事『ハイブリッド プレーン ワークス Vol.17』
『震電 速度記録機』ハセガワ 1/48「九州 J7W 震電」改造

『NOSE ART QUEEN Vol.39』染谷有香



 次号はいよいよ100号。特集は「ロシアン ヘリコプター」、ソ連/ロシアのヘリ特集だ。それから、九月一日には『松本州平のヒコーキ模型道楽』の発売が予定されている。「作り起こしの作例としてウイングナットウイングスの1/32 フォッカーD.Ⅶ、ハセガワの1/32 フォッケウルフFw190A-8という2作品を収録」(p.6)とのこと。途中写真もたっぷり収録されてるらしい↓

  松本州平『松本州平のヒコーキ模型道楽』大日本絵画 2014


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply