オートモデリング Vol.30

0 Comments
serpent sea
 

『戦艦模型スペシャル別冊 オートモデリング Vol.30 2013年 03月号』モデルアート社 2014

『オートモデリング』超ひさびさのハコ車特集。この別冊は好きな特集のときだけ買ってるんだけど、今回は「甦るシルエットフォーミュラ」ってことで即購入。下のリストの通り作例の数は少なめ、ページ数自体微妙に少ないような気がしないでもないが、やっぱり好きな車がずらっと並んでるのは嬉しい。

 去年の8月号の「934」の記事が記憶に新しいが、『モデルアート』には零戦や大和と並んで、ポルシェが出れば漏れなく紹介するというありがたい伝統があって(←勝手なこと書いてます)、以前はレーシングポルシェの特集などをやってたこともあった。このVol.30の巻頭を飾るタミヤの1/12「935/76」も、これまでにも何度か取りあげられたことのある名作キットで、過去の作例はどれも気合いの入った仕上がりだった。それはもちろん今号の「935/76」にも当てはまる。大迫力の作例がカラーで9ページ、途中写真を含めて掲載されている。これだけのでっかい面積を純白に仕上げるのはものすごく大変だと思う。また「935/76」の変遷を解説とディティール、マーキングを詳細に図示した「ポルシェ935-76のプロフィール」という非常に資料性の高い記事が、カラーで10ページも掲載されている。935はリアに中身のお尻がちらっと見えてるところがかっこいいと思う。

 ポルシェのほかには「ランチア・ベータ」の二つの作例が目を引く。エッシーの古いキットとモデルファクトリーヒロのレジンキットだ。「ランチア・ベータ」の作例自体かなり珍しいように思う。アリタリア、マルティニどっちのカラーリングもかっこよくて、また欲しくなってしまう。

 最初に書いたように作例の数は少ないけれど、一つの作例の画像数が多く、またどの作例も出来がいいので物足りない感じはしない。少し残念だったのは、F1特集のときにはちょこちょこ載ってる1/43の作例がなかったことくらい。70年代~のレーシングカーのを好きな人はきっと楽しめると思う。



 - 作例リスト (掲載順) -

特集記事「世界メーカー選手権シリーズ “PORSCHE”」
『ポルシェ 935/76』タミヤ 1/12
『クレマー・ポルシェ 935K2』タミヤ 1/20
『ポルシェ 935/78 “モビーディック”』タミヤ 1/24
『クレマー・ポルシェ 935K3』ルネッサンス 1/24 ※レジンキット

特集記事「世界メーカー選手権シリーズ “BMW”」
『BMW 3.2 SLSターボ』アリイ 1/24
『BMW 3.2i』タミヤ 1/24

特集記事「世界メーカー選手権シリーズ “LANCIA”」
『ランチア・ストラトス・ターボ』タミヤ 1/24
『ランチア・ベータ・モンテカルロ・ターボ '79』モデルファクトリーヒロ 1/24 ※レジンキット
『ランチア・ベータ・モンテカルロ・ターボ '81』エッシー 1/24

特集記事「ドイツ・スポーツカー選手権シリーズ」
『ポルシェ 935/77 “ベイビー”』東京マルイ 1/24 ※目次の「タミヤ」表記は誤り
『トヨタ セリカLBターボ』タミヤ 1/20
『フォード・ザクスピード・カプリ・ターボ』タミヤ 1/24

特集記事「スーパーシルエット」
『日産 ブルーバード・ターボ “Coca Cola” '82』アオシマ 1/24
『日産 ブルーバード・ターボ “Coca Cola” '84』アオシマ 1/24

SPACIAL MODELING
『elf 5』モデルファクトリーヒロ 1/12 ※レジンキット




 

マルティーニ ポルシェ 935ターボ』タミヤ 1/12 RC タムテックギア組み立てキットシリーズ No.4
関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply