山岸凉子『読者からのゆうれい談』

0 Comments
serpent sea
 山岸凉子『読者からのゆうれい談』(『山岸凉子全集〈17〉ゆうれい談』角川書店 1986 あすかコミックス・スペシャル 所収)

ゆうれい談』(←前の記事へのリンクです)から続く。

 さて著者の読者へのお願いには結構な反応があったようで、その成果はなんとダンボール箱いっぱいの手紙。もちろんすべての手紙に、読者の恐怖体験が書き記されている。……ゴクリ。
 そんな忌まわしい物体X(ダンボール箱)を怖がりの著者がどう扱ったかというと、あまりの怖さに読み進めることができず、押入れに6年間封印、あげくダンボール箱ごと捨ててしまったというのだ。なんてもったいない! 怖い話の詰まったダンボール箱が「不吉で不吉でたまらなかった」らしい。

 この作品は前作『ゆうれい談』からきっちり10年後に描かれている。箱を捨ててからは4年後にあたる。そのあいだに著者の自画像はデフォルメが進行して、ほぼ三頭身くらいになった。作画そのものは描線がより細くなり、ずいぶんと洗練されたように感じる。上記のような経緯から、おそらくうろ覚えで描かれたものと思われる「読者からのゆうれい談」は3編。

「第一話 タンスの中」体験者は小学生の女の子。家のなかで姉と二人、かくれんぼをしていたときのこと。どこかで「見ーつけた」という鬼役の姉の声がする。自分はまだ見つかってないのに。そこで様子を見にいってみると、洋服ダンスの中に片手を突っ込んだ姉の姿があった。
 デフォルメタッチで描かれているものの、相当怖い話。直接的な描写がない分、想像力を掻き立てられる。以前これによく似た話を身近な人物から聞いたことがある。

「第二話 今日で百年目」体験者は読者の母親。その若いころの話。蚊帳のなかで両親と三人で眠っていたところ、鼻につく臭いで眼を覚ました。蚊帳越しに見まわすと、開け放った隣室とのあいだの戸口から、何かが部屋に入ってくるのが分かる。それは白いもやにしか見えなかったが、まるで人が歩くような動きで室内を移動している。そして蚊帳のふちを持ちあげ、ずるりと中に入ってくると「今日で百年目〜」と声を発したという。
 これも非常に気味の悪い話だ。何が「百年目」なのか、さっぱり分からないのが気持ち悪い。白いもやが体験者の方ににじり寄り、じわじわと蚊帳を持ち上げるさまが端的に描写されている。

「第三話 わたしは一度死にました」注射でショックを起こして危うく死にかけた、小学生の女の子の臨死体験。暗闇の中で誰かに手を引かれて歩いているうちに、やがて橋が見えた。橋の向こうには体験者の亡くなった祖母がいて、しきりに今来た道を戻るように言っている。すると橋のたもとで迷っていた体験者のそばを、ものすごいスピードで自動車が走り抜けた。体験者がその車のなかに見たものは……って話。
 臨死体験で語られることの多い「橋」や「死亡した親族」がここでもしっかり登場している。自動車が登場するのは珍しいように思う。

 著者が極端に怖がりって先入観のせいかもしれないが、この三つの話には、デフォルメキャラの採用や「怖い絵面」が避けられているところから、あえて怖くならないように意識して描かれたんじゃないかって印象を受ける。それでも怖くなってしまうのはさすがなんだけど。「語り」の巧みさがよく分かる好例となっている。

 作品の最後を著者はつぎの台詞で締めくくっている。「もう金輪際読者の皆さまの体験談なぞ/要求いたしたりなぞいたしません!」(p.121)


 ※フキダシからの引用は、改行を調整しています。


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply