MODEL Art (モデルアート) 2014年 02月号 No.886

0 Comments
serpent sea
 

 MODEL Art (モデルアート) 2014年 02月号 No.886

 今年最後のモデルアート。特集は「艦これ」からの新規参入組をターゲットにした『連合艦隊 造船技術向上講座』。戦艦のキットはまともに作ったことがないので紙面を見た限りの印象だけど、かなり実用的な特集になってるように思う。全然初心者というより、塗装まで含めて一応完成させられて、今度はもう少し手を入れてみたいって人向けな感じ。
 特集では五つのキットを例に色々なディティールアップを施している。どの記事も製作の手順がカラーで掲載されていてとても分かりやすい。なかでもエッチングパーツの使用法についての記事が充実している。個人的には舷側の手摺よりも、細いマストと空中線が張られている方が精密に見えるような気がするのだけれど、それについてもしっかり解説されてます。あと展示会などで見かけておおっとなるのが、煙突のジャッキステーを浮かせて作ってあるやつ。キットからは実物がどうなってるのかよく分からない部位なので。
 それから作例ではないけれど、今回の特集の目玉は「- 保存版 艦載兵器コレクション - 図面で見る艦載兵器」日本海軍の艦艇に搭載されていた兵装、主砲、高角砲、魚雷発射管、機銃などを紹介する記事だ。精密な上面図と側面図&解説で12ページ。やや線が細すぎて見づらいところもあったけど、眺めているだけでも楽しいし、大いにディティールアップの参考になると思う。
 というわけで贔屓の艦船が載っていなくても、充分に実用的な内容なので、初ディティールアップのおともにはもってこいです。おすすめ。

 特集以外の記事では、まずトヨタがWRCで初優勝を飾った1989年のオーストラリアの「ST165 セリカGT-FOUR」がアオシマから発売された。マカオの模型メーカーとのコラボ企画らしい。キットはボディの赤い部分をデカールで再現する仕様。1/24。それからAZモデルの1/72「AH-1G コブラ」。陸自にも配備されているからなじみ深い機体だ。ネオンテトラとかそのあたりの観賞魚っぽい形状に、勇ましいシャークマウスがなぜかよく似合う。作例では「初期型」「後期型」を作り分けている。「NASA仕様」なんてバリエーションキットもあるらしい。AFVではモンモデルの1/35「ルノー FT-17」が興味深かった(というか欲しくなった)。第一次世界大戦の車輛らしいけど、全体の構成が「ガルパン」のバレー部の戦車によく似てる(がんばったんだなぁ、バレー部……)。足回りを作るのも楽そうだし、記事によると「組み立て自体は難しくありません」とのこと。これ店頭で見かけたら買ってしまうかも。



 - 作例リスト (掲載順) - 航空機 戦車 艦船 車/バイク ■その他

特集記事
『重巡洋艦 愛宕 1942』アオシマ 1/700
『日本海軍 航空母艦 赤城』フジミ 1/700
『日本海軍 重雷装艦 北上』ピットロード 1/700 ※作例はストレート組みとディティールアップの2例
『日本海軍 特型駆逐艦Ⅲ型 雷 1944』ピットロード 1/700
『日本戦艦 大和 ディテールアップパーツ付き』タミヤ 1/700

連載記事『連合艦隊編成講座 No.426』
『日本海軍 給油艦 足摺』ピットロード 1/700
『日本海軍 給油艦 洲崎』工房飛竜 1/700 ※レジンキット

連載記事『モデリングJASDF 219回』
『仮想空自仕様 F-22 第6飛行隊 (築城)』トミーテック 1/144 ※塗装済みキットの紹介
『P-3C 第51航空隊 (厚木)』
『RF-4E 第501飛行隊 (百里・空自創設50周年)』
『RF-4EJ改 第301飛行隊 (新田原・1992戦競)』
『RF-4EJ 第305飛行隊 (百里・1982戦競)』

NEW KIT REVIEW
『ドイツ・イタリア軍 スタッフカー 508CM コロニアーレ』タミヤ 1/35
『マーチンマリナー PBM-5A』ミニクラフト 1/72
『ベル AH-1G ヒューイコブラ初期型〈ベトナム戦争〉』AZモデル 1/72 ※同上
『ベル AH-1G ヒューイコブラ後期型〈ベトナム戦争〉』
『ST165 セリカ GT-FOUR '89 オーストラリアラリー仕様』アオシマ 1/24
『アルファジェット A/E型【フランス/ドイツ空軍練習・攻撃機】』キネティック 1/48
『ノルウェー陸軍 NM-116 軽戦車』AFVクラブ 1/35
『フランス 軽戦車 ルノー FT-17 鋳造砲塔』モンモデル 1/35
『陸上自衛隊 3 1/2t 大型トラック 射撃統制装置搭載車』フジミ 1/72 ※ジオラマ作品
『陸上自衛隊 3 1/2t 大型トラック 発射装置搭載車』

連載記事『北澤志朗のネオヒストリックガレージ 連載第43回』
『430 セドリック・セダン 200E GL E-430』アオシマ 1/24



 次号の特集は「冷戦が生み出した 驚異のソ連軍ウォーマシン」。ものものしいタイトルだけど、ソ連の兵器は陸海空どれをとっても個性的でかっこいいので楽しみ。それと今月号の「でものはつもの」には、造形村の1/32「Ho229」のモックアップが載ってた。なんと「Do335」も出るらしい。

 今年は正月休みが少し長いので、休みのうちにさささっとなにか作りたい。で、今月号の特集に触発されて、数少ない戦艦の在庫からよさそうなのを引っぱりだしてきた。今年のはじめ(←前の記事へのリンクです)に衝動買いしたアオシマの「砲艦 宇治」です↓

2013122701.jpg

 無論手付かず。ビニール袋も開けてないという……。もともとエッチングパーツが付いてるんだけど、なぜか追加で色々買ってる。必要かどうかも分からないのに。でも、これなら正月休みのあいだで作れるかな。ちっこいし。今月号の表紙の「北上」くらいかっこ良く綺麗に作れるといいんだけど、まずは無理せず完成させないと。


フランス軽戦車 ルノー FT-17 鋳造砲塔』モンモデル 1/35


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply