美内すずえ『黒百合の系図』

0 Comments
serpent sea
 

 美内すずえ『黒百合の系図』(『ホラーコミック傑作選 第3集 人形の墓 〜美内すずえ作品集〜』角川書店 1994 角川ホラー文庫 H601-3 所収)

 1977年、雑誌『月刊 LaLa』に短期連載されたオカルト伝奇ロマン。ある一族に代々振りかかる強烈な呪いの原因を究明し、それを解決しようとがんばる女の子の話だ。しっかりと幽霊も出る。多少入り組んだストーリーなので、さわりのところだけ少し↓

 主人公「安希子」の母親が陸橋から落下して死亡した。事故か自殺かは分からない。しかし母は少し前、庭に黒百合の咲いたころから、すでにおかしくなっていたのだった。母の死と黒百合の花には何らかの関連があるらしい。父が一度だけ聞いたことがあるという「鬼姫谷」という地名、母が残した懐剣と護符、それから黒百合の花。これらを手がかりに、安希子は母の死の真相を確かめるべく、夏休みを待って行動を開始する。
 安希子はまず旅行家なる男から得た情報を頼りに「竜野」という集落を訪れた。山深い辺鄙な土地柄で、そう遠くない場所に鬼姫谷という山村があるらしい。民宿に腰を落ち着けた安希子は、早々と蚊帳を張り巡らせた布団にもぐりこんだ。真夜中、ふと目覚めると体が動かない。金縛りだ。蚊帳の向こう側の暗闇に、白い人影がおぼろげに立ちあがり安希子を凝視している。「おまえで最後……」白い人影が発したそのつぶやきを聞いて、安希子は意識を失ってしまう。

 これが最初の幽霊登場シーン。静まり返った深夜の日本家屋、結界のように張られた蚊帳の中、雰囲気満点だ。幽霊もシンプルながら暗い背景によく映える表現で、安希子を凝視する恨みがましい目付きが怖かった。またここに至るまでに、母親の遺影が出かけに倒れたり、サンダルの鼻緒が切れたりと、古典的な「虫の知らせ」がきっちりと描かれているのも好ましい。
 このシーンを皮切りに、物語の要所に幽霊の登場シーンが配置されてるのだけれど、なかには小さい子が見たらトラウマになりそうな怖い絵もあって、どれも素晴らしい仕上がりだった。当時の読者はさぞかし怖かったろうと思う。もちろん今読んでも問題なく怖いけど。

 そんな怖い場面もさることながら、この作品のおもしろさは魅力的な二人のヒロインの造形に負うところが大きい。作品の鬱になりすぎない明朗さは、やたらにポジティブな安希子のキャラによるものだろう。とにかくめっちゃいい子で、彼女がいかに両親の愛情を受けて育ったのかがよく伝わってくる。もう一人のヒロイン「鬼姫(千也姫)」は、武勲と引き換えに父親に鬼神に捧げられ、ツノをはやして産まれたという『どろろ』の百鬼丸を思わせる悲劇的なキャラだ。領民を虐殺して楽しむような強烈な「性格異常者」だったらしく、その死にざまも酷い。
 この二人のヒロインのアルディスとオリゲルドのような鮮やかな対比が、単に主人公が逃げまどうホラーとは一線を画する、陰陽相克の物語として作品を成立させている。

 あと作品中の地名を探すついでに色々と検索してみたのだけど、この作品の鬼姫と黒百合の伝説には、モデルとなった歴史上の逸話が残されているらしい(「黒百合伝説」←詳しくはwiki等参照)。そっちの側面から掘り下げてみるのも楽しそう。さんざんハラハラドキドキさせたあとには、少女マンガらしいさわやかENDで安心して読める作品。結構なボリュームで読み応えがあった。


関連記事
serpent sea
Posted byserpent sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply